沈降

出典: meddic

sedimentationprecipitationsedimentprecipitate
遠心沈降遠沈沈降物沈渣沈殿沈殿物誘起誘発降水降水量沈澱

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/02/05 15:02:57」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 低レイノルズ数領域で静止液体中を沈降する単一球粒子に及ぼす壁面効果
  • 中村 貴彦,藤川 智紀
  • 東京農業大学農学集報 58(3), 180-185, 2013-12-16
  • … その結果,(1)壁面から離れた位置を沈降する場合,単一平面の壁面効果は既往の研究結果に一致するものの,壁面付近ではそれよりも大きくなる傾向にあること,(2)角柱管と円筒管を使用して行った 1平面と 1曲面からの壁面距離が沈降速度に及ぼす影響には,平面と曲面とで明確な相違が見られないこと,(3)角柱管内での壁面効果は管壁に近いほど大きくなり,角柱の角部で最大となり,最小は中央部ではなく …
  • NAID 110009658768
  • 比重計法とピペット法によって測定される微粒子の粒度分布の妥当性
  • 中村 貴彦,藤川 智紀
  • 東京農業大学農学集報 58(3), 125-132, 2013-12-16
  • … ある粒度分布をもつ剛体球からなるモデル粒子群を用いて,懸濁液中のすべての粒子がストークス抵抗則を適用して沈降する過程を計算した。 … その結果,ピペット法で得られる粒度分布はモデル土壌の粒度分布に一致したことから,計算によって沈降状態を再現するシミュレーションの妥当性を示した。 …
  • NAID 110009658759
  • 貧酸素水がアサリ浮遊幼生の遊泳停止と沈降後のへい死に及ぼす影響
  • 蒲原 聡,山田 智,曽根 亮太 [他]
  • 水産海洋研究 = Bulletin of the Japanese Society of Fisheries Oceanography 77(4), 282-289, 2013-11
  • NAID 40019852977

関連リンク

Up: memo 沈降法による粒子径測定 沈降法とは 沈降法とは粒度分析法の一種で,重力または遠心力による粒子の沈降速度から粒子径を測定する方法です.粒子の沈降速度は,その粒子の形状・密度や沈降させる媒質(液体)の粘性などに ...
世界大百科事典 第2版 沈降の用語解説 - 大量の液体中に微小粒子を混合してよくかきまぜ,粒子を液体中に均一に分散させたのち,混合液を容器中で静置すると,粒子の密度が液体の密度より大きければ粒子は重力により底に沈み,容器 ...
沈降炭酸カルシウムとは?効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 概説 胃酸を中和するお薬です。 作用 【作用-1】 胃の粘膜が弱ると、胃酸の刺激で、胃炎や胃潰瘍(胃粘膜の傷)を起こしやすく ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 消化性潰瘍・胃炎治療剤

販売名

  • キャベジンUコーワ配合散

組成

成分・含量

  • 1g中 メチルメチオニンスルホニウムクロリド 50mg、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム 400mg、沈降炭酸カルシウム 200mg、炭酸マグネシウム 150mg

添加物

  • カルメロースNa、D-ソルビトール、l-メントール、硬化油、ステアリン酸ポリオキシル、ステアリン酸グリセリン、トウモロコシデンプン、銅クロロフィリンNa、グリチルリチン酸2K

禁忌

  • 甲状腺機能低下症又は副甲状腺機能亢進症の患者〔高カルシウム血症をおこすことがある。〕
  • 透析療法を受けている患者〔長期投与によりアルミニウム脳症、アルミニウム骨症があらわれるおそれがある。〕


効能または効果

  • 下記疾患における自覚症状及び他覚所見の改善
    胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎


  • 通常成人1回1.0〜1.5gを1日3回経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。


慎重投与

  • 腎障害のある患者〔高カルシウム血症、高マグネシウム血症、長期投与によりアルミニウム脳症、アルミニウム骨症をおこすおそれがあるので定期的に血中マグネシウム、アルミニウム、リン、カルシウム、アルカリフォスファターゼ等の測定を行うこと。〕
  • 心機能障害のある患者〔症状を悪化させるおそれがある。〕
  • 肺機能障害のある患者〔症状を悪化させるおそれがある。〕
  • 高マグネシウム血症の患者〔高マグネシウム血症を悪化させるおそれがある。〕
  • 高カルシウム血症の患者〔高カルシウム血症を悪化させるおそれがある。〕
  • リン酸塩低下のある患者〔アルミニウムにより無機リンの吸収が阻害される。〕


薬効薬理

メチルメチオニンスルホニウムクロリドの各種実験潰瘍、胃粘膜損傷に対する作用

  • 実験潰瘍(酢酸、clamping)を抑制し、胃粘膜組織ムコ多糖成分の分解を防止(β-グルクロニダーゼ活性およびN-アセチル-β-グルコサミニダーゼ活性の抑制)する(ラット)2)
  • 実験潰瘍(エタノール、塩酸エタノール、塩酸アスピリン)における胃粘膜損傷を抑制する。インドメタシン前処理ではこれらの作用は低下する(ラット)3)
  • 実験潰瘍で胃血流を増加する(イヌ)4)
  • エタノール潰瘍に対して胃粘膜表層部の粘液糖蛋白量を増加・保持させる(ラット)5)
  • 胃切除後の残胃粘膜の変性防止を認め、上皮の再生、粘液分泌を認める(イヌ)6)

メチルメチオニンスルホニウムクロリドとメタケイ酸アルミン酸マグネシウム・沈降炭酸カルシウム・炭酸マグネシウムの配合意義

  • 実験潰瘍を抑制し、上記制酸剤配合による協力効果が認められる(ラット)7)8)


有効成分に関する理化学的知見

メチルメチオニンスルホニウムクロリド

一般名

  • メチルメチオニンスルホニウムクロリド(Methylmethionine Sulfonium Chloride)

化学名

  • 3-Amino-3-carboxypropyldimethyl sulfonium chloride

分子式

  • C6H14ClNO2S

分子量

  • 199.70

融点

  • 約140℃(分解)

性状

  • 白色の結晶又は結晶性の粉末で、わずかに特異なにおいがある。水に極めて溶けやすく、エタノール(99.5)、アセトン又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。また、吸湿性である。

メタケイ酸アルミン酸マグネシウム

性状

  • 白色の粉末又は粒で、におい及び味はない。水又はエタノール(95)にほとんど溶けない。1gを希塩酸10mLと加熱するとき、大部分溶ける。

沈降炭酸カルシウム

性状

  • 白色の微細な結晶性の粉末で、におい及び味はない。水にほとんど溶けないが、二酸化炭素が存在すると溶解性を増す。エタノール(95)又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。希酢酸、希塩酸又は希硝酸に泡立って溶ける。

炭酸マグネシウム

性状

  • 白色のもろい塊又は粉末で、においはない。水、エタノール(95)、1-プロパノール又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。希塩酸に泡立って溶ける。飽和水溶液はアルカリ性である。


★リンクテーブル★
先読みprecipitate」「precipitation」「sediment」「sedimentation」「沈渣
リンク元誘起」「沈殿」「遠沈」「遠心沈降」「沈殿物
拡張検索赤血球沈降速度」「沈降炭酸カルシウム」「血清沈降反応試験」「沈降ジフテリア破傷風混合トキソイド」「沈降インフルエンザワクチンH5N1

precipitate」

  [★]

  • vt.
  • ~を突然引き起こす。~を早める
the combined negative inotropic and chronotropic effects may precipitate heart failure.
we report the first case of myocardial infarction in a hemophilia patient which was not directly precipitated by infusion of a clotting factor.
  • ~を真っ逆さまに落とす
  • (化)~を沈殿させる
  • vi.
  • (化)沈殿する
  • 真っ逆さまに落ちる
  • n.
  • (化)沈殿
  • (気)凝血した水分
  • adj.
  • 真っ逆さまの。突進する
  • 大あわての、軽率な。(十分考えず)突然の
challengeelicitelicitationevocationevokeinduceinductioninductiveprecipitationprovocationprovokesedimentsedimentationspark

WordNet   license wordnet

「separate as a fine suspension of solid particles」

WordNet   license wordnet

「a precipitated solid substance in suspension or after settling or filtering」

WordNet   license wordnet

「fall from clouds; "rain, snow and sleet were falling"; "Vesuvius precipitated its fiery, destructive rage on Herculaneum"」
come down, fall

WordNet   license wordnet

「bring about abruptly; "The crisis precipitated by Russia''s revolution"」

WordNet   license wordnet

「fall vertically, sharply, or headlong; "Our economy precipitated into complete ruin"」

WordNet   license wordnet

「hurl or throw violently; "The bridge broke and precipitated the train into the river below"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「…‘を'思いがけなく引き起こす,‘の'致来を早める / (…の中に)…‘を'投げ落とす,(…の状態に)…‘を'陥らせる《+『名』+『into』+『名』》 / 〈流動体〉‘を'沈殿させる / (雨・雪・霧などに)〈水蒸気〉‘を'凝結させる / 〈水蒸気が〉凝結して雨(雪など)となる / 〈流動体が〉沈殿して固体になる / 大急ぎの;まっしぐらの / (化学で)沈殿物」

precipitation」

  [★]

  • n.
  • 投下、落下。(気)降水/降水量、降雨量。沈積。(理・化)沈殿。(理・化)析出。(生)沈降。
  • 急激、邁進。大騒ぎ、あわてて。軽挙。促進。
the main classes of drugs that may cause orthostatic hypotension are diuretics. however, the precipitation of orthostatic hypotension by medications may also be the first sign of an underlying autonomic disorder.


WordNet   license wordnet

「the falling to earth of any form of water (rain or snow or hail or sleet or mist)」
downfall

WordNet   license wordnet

「the process of forming a chemical precipitate」

WordNet   license wordnet

「the quantity of water falling to earth at a specific place within a specified period of time; "the storm brought several inches of precipitation"」

WordNet   license wordnet

「an unexpected acceleration or hastening; "he is responsible for the precipitation of his own demise"」

WordNet   license wordnet

「the act of casting down or falling headlong from a height」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉突然の大あわて / 〈C〉〈U〉(化学で)沈殿物;〈U〉沈殿 / 〈U〉降雨,降雪;降雨量,降雪量」

sediment」

  [★]

  • v.
  • 沈降する
  • n.
precipitateprecipitationsedimentarysedimentation

WordNet   license wordnet

「settle as sediment」

WordNet   license wordnet

「matter that has been deposited by some natural process」
deposit

WordNet   license wordnet

「deposit as a sediment」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「《時にa~》沈殿物,かす(dregs) / (岩・石・土砂などの)堆積(たいせき)物」


sedimentation」

  [★]

  • n.
  • 沈降、沈積、堆積。沈降分離、沈殿法
centrifugationprecipitateprecipitationsediment

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「沈殿,堆積;沈殿(堆積)作用」

沈渣」

  [★]

precipitate, sediment
尿沈渣

誘起」

  [★]

evocationevokeinduceprecipitateinductive
沈降沈渣沈殿沈殿物導入引き起こす誘導誘導性誘導的誘発惹起帰納的帰納法

沈殿」

  [★]

precipitationprecipitate
沈降沈渣沈殿物誘起誘発降水降水量沈澱


遠沈」

  [★]

sedimentationcentrifugation
遠心遠心沈降遠心分離遠心分離法遠心法沈降

遠心沈降」

  [★]

centrifugationsedimentation
遠心遠心分離遠心分離法遠心法遠沈沈降


沈殿物」

  [★]

precipitate
沈降沈渣沈殿誘起誘発

赤血球沈降速度」

  [★]

sedimentation
erythrocyte sedimentation rate, ESR
赤沈, 血沈 blood sedimentation rate, BSR
[[]]

概念

  • 抗凝固剤を加えた全血中の赤血球が自然凝集により沈降する速度。
  • 自然凝集は正電荷または負電荷をもつ血漿蛋白質のバランスを反映する。
  • 炎症により正電荷をもつ蛋白質が増加し、負電荷をもつ蛋白質が減少するので、炎症のマーカーとして用いられている。
大きいほど赤血球同士が凝集して沈降する速度が高まっていることを示す

基準値

一時間値で評価
全血+クエン酸(臨床検査法提要第32版 p.1790)
M:2-10 mm
F:3-15 mm
  • 男性で10mm/h以上、女性で15mm/h以上で赤沈促進と判定

赤沈の起こるメカニズム (OLM.138)

  • 赤沈に関与する成分は以下の通り
  • 負に帯電:赤血球、アルブミン → 増加により赤沈↓
  • 正に帯電:αグロブリン(α1-グロブリン)、γグロブリン、フィブリノゲン → 増加により赤沈↑
  • 赤血球は負に帯電しており、電気的反発力により凝集塊の形成が妨げられている。赤血球数が増加すると、赤血球同士が反発しあうことで赤沈が遅れ、赤沈が減少する。
  • アルブミンは負に帯電しており、赤血球同士を反発させることで凝集を妨げる。これにより赤沈が遅れ、赤沈が減少する。
  • 正に帯電した物質の存在により赤血球の電荷が打ち消され、赤血球の凝集が促進される。これにより赤沈が増加する。

測定方法 (OLM.137)

  • Westergren法
  • 3.28%(109mmol/l)クエン酸ナトリウム(Na3C6H5O7・H2O)液と血液を1:4の割合に混合し、内径2.55±0.15mm、前腸300±1.5mmのWestergren肝に吸い上げ、これを正確に垂直に立てて18-25℃に整地し、1時間後に赤沈地を記録する。

赤沈値の解釈 (OLM.138)

赤沈の亢進

  • 1. 技術的間違い:ピペットを傾斜させた場合
  • 2. 赤血球数の減少
  • 血液希釈状態
  • 循環血漿量の増加:妊娠
  • 貧血
  • 3. フィブリノゲンαグロブリンの増加
  • 妊娠
  • 炎症性疾患:感染症、膠原病活動期、悪性腫瘍など
  • ストレス:大手術、外傷など
  • 4. 免疫グロブリンの増加
  • 5. アルブミンの減少・消失
  • ネフローゼ症候群

赤沈亢進とCRP陰性

  • 急性炎症回復期
  • 貧血
  • ネフローゼ症候群
  • 妊娠
  • 多発性骨髄腫  →  CRPが陰性かどうかは疑わしい。典型例や軽症例、病初期では陰性ということか。成書にはCRPについての記載はない(HIM WCH)。進行期にはCRP陽性となる(参考1,2)。
  • 慢性甲状腺炎  →  自己抗体の増加
  • 原発性マクログロブリン血症
  • 高フィブリノゲン血症

赤沈の遅延

  • 1. 赤血球数の増加
  • 3. 免疫グロブリンの減少

参考

  • 1. 多発性骨髄腫
http://ganjoho.jp/public/cancer/data/myeloma_diagnosis.html
  • 2. 多発性骨髄腫
http://www.med.osaka-cu.ac.jp/labmed/page086.html



沈降炭酸カルシウム」

  [★]

precipitated calcium carbonate
ATP腸溶FK配合HM散KM散M・M配合NIM配合S・M配合TM配合散YM散アスゾールアストフィリン配合アテノートイリコロンM配合エヌ・エス配合オフタルムK配合ガスペラジンガスリックカルタレチンカルタンカルタンODキャベジンUコーワ配合クロルプロマジン塩酸塩コバマミドコンスーンサーカネッテン配合ジピリダモールスルカイン配合セフジニルチョコラAつくしA・M散つくしA・M配合テナキシルナーセット配合ナトリックスニチファーゲン配合ハロペリドールピーマーゲン配合ビーマス配合ビオスミンビオスミン配合ビオフェルミンビオフェルミンRビオフェルミン配合ファモチジンフェニルアラニン除去ミルク配合フラジールプラノバール配合プロヘパール配合ベゲタミン-A配合ベンコール配合ボインリールマゴチロンマナミンTMマロゲンメコバラミンリーダイMM配合リン酸ピリドキサールレチコランレナルチンロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合塩酸クロルプロマジン炭カル
炭酸カルシウム
その他の循環器官用薬


血清沈降反応試験」

  [★]

免疫沈降反応沈降抗体

国試

沈降ジフテリア破傷風混合トキソイド」

  [★] ジフテリアトキソイド破傷風トキソイド

抗破傷風ヒト免疫グロブリン


沈降インフルエンザワクチンH5N1」

  [★] 不活化インフルエンザウイルス(A/lndonesia/5/2005(H5N1)(CDC-RG2))

ワクチン類




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡