水道法

出典: meddic

Water Works Law
法令


法令

  • 水道法(昭和三十二年六月十五日法律第百七十七号)
[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S32/S32HO177.html
  • 水道法施行令(昭和三十二年十二月十二日政令第三百三十六号)
[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S32/S32SE336.html
[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S32/S32F03601000045.html


  • 水質基準に関する省令(平成十五年五月三十日厚生労働省令第百一号)
水質に関して

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/06 05:25:39」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 日本下水文化研究会下水文化出前学校 誌上講座20講 ここが知りたい!(第8講)維持管理時代の下水道法
  • 日本下水文化研究会下水文化出前学校 誌上講座20講 ここが知りたい!(第7講)試論 下水道法形成略史 : 下水道法と関連処法の関係性
  • 陰イオン界面活性剤分析におけるLC-MS法への応用
  • 北原 敏,工藤 清惣,中澤 智子 [他]
  • 水道協会雑誌 83(1), 2-6, 2014-01
  • NAID 40019954322
  • 水道法の歩みと水質汚濁防止

関連リンク

第二条の二 地方公共団体は、当該地域の自然的社会的諸条件に応じて、水道の計画的整備に関する施策を策定し、及びこれを実施するとともに、水道事業及び水道用水供給事業を経営するに当たつては、その適正かつ能率的な運営に ...
水道法 (昭和三十二年法律第百七十七号)第七条第一項 、第二項第八号 及び第三項第八号 (第十条第二項において準用する場合を含む。)、第十三条第一項 (第三十一条及び第三十四条第一項において準用する場合を含む。
水道法施行規則(昭和32年12月14日厚生省令45号〔最終改正 平成26年2月28日厚生労働省令第15号〕) 水質基準に関する省令(平成15年5月30日厚生労働省令101号〔最終改正 平成27年3月2日厚生労働省令第29号〕) 水道施設の技術的 ...

関連画像

水道法のいろは」貯水槽水道を設置している  クロスコネクションは水道法に水道法を中心に、基本的な法令 水道法ハンドブック / 水道法制 三商印水道法試験管N-100 水道法改正のお知らせ(PDF:17 貯水槽に関する水道法の改定

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
先読み法令
リンク元水質汚濁防止法施行規則」「水質基準」「残留塩素
拡張検索水道法施行規則
関連記事」「水道

法令」

  [★]

ordinance
  • 法律と命令。地方公共団体の条例・規則や裁判所の規則などを含めていうこともある。

参考

  • 1. 法令データ検索システム
[display]http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi

水質汚濁防止法施行規則」

  [★]

環境基本法水質汚濁防止法水質汚濁防止法施行令水質汚濁防止法施行規則
最終改正:平成一九年四月二〇日環境省令第一一号

別表 (第九条の三関係)

有害物質の種類 基準値
カドミウム及びその化合物 一リットルにつきカドミウム〇・〇一ミリグラム
シアン化合物 検出されないこと。
有機燐化合物(パラチオン、メチルパラチオン、メチルジメトン及びEPNに限る。) 検出されないこと。
鉛及びその化合物 一リットルにつき鉛〇・〇一ミリグラム
六価クロム化合物 一リットルにつき六価クロム〇・〇五ミリグラム
砒素及びその化合物 一リットルにつき砒素〇・〇一ミリグラム
水銀及びアルキル水銀その他の水銀化合物 一リットルにつき水銀〇・〇〇〇五ミリグラム
アルキル水銀化合物 検出されないこと。
ポリ塩化ビフェニル 検出されないこと。
トリクロロエチレン 一リットルにつき〇・〇三ミリグラム
テトラクロロエチレン 一リットルにつき〇・〇一ミリグラム
ジクロロメタン 一リットルにつき〇・〇二ミリグラム
四塩化炭素 一リットルにつき〇・〇〇二ミリグラム
一・二―ジクロロエタン 一リットルにつき〇・〇〇四ミリグラム
一・一―ジクロロエチレン 一リットルにつき〇・〇二ミリグラム
シス―一・二―ジクロロエチレン 一リットルにつき〇・〇四ミリグラム
一・一・一―トリクロロエタン 一リットルにつき一ミリグラム
一・一・二―トリクロロエタン 一リットルにつき〇・〇〇六ミリグラム
一・三―ジクロロプロペン 一リットルにつき〇・〇〇二ミリグラム
チウラム 一リットルにつき〇・〇〇六ミリグラム
シマジン 一リットルにつき〇・〇〇三ミリグラム
チオベンカルブ 一リットルにつき〇・〇二ミリグラム
ベンゼン 一リットルにつき〇・〇一ミリグラム
セレン及びその化合物 一リットルにつきセレン〇・〇一ミリグラム
ほう素及びその化合物 一リットルにつきほう素一ミリグラム
ふつ素及びその化合物 一リットルにつきふつ素〇・八ミリグラム
アンモニア、アンモニウム化合物、亜硝酸化合物及び硝酸化合物 一リットルにつき亜硝酸性窒素及び硝酸性窒素の合計量一〇ミリグラム
備考「検出されないこと。」とは、第九条の四の規定に基づき環境大臣が定める方法により地下水の汚染状態を測定した場合において、その結果が当該測定方法の定量限界を下回ることをいう。
検出されないこと:シアン化合物、有機燐化合物(パラチオン、メチルパラチオン、メチルジメトン及びEPNに限る。)、アルキル水銀化合物、ポリ塩化ビフェニル
  • 有害物質に関する基準
  • 全公共用水域に一律に適用される。
  • 水道法の水質基準
  • 大腸菌は検出されてはならない
  • 残留塩素は塩素消毒が行われている指標
  • 塩化物イオンは屎尿汚染の指標
  • 塩素消毒により発ガン性のあるトリハロメタンが生じる

法令


水質基準」

  [★]

water quality standards

水質基準に関連する法令

  • 1. 水質基準:水道法
  • (全ての飲料水について)水質基準
  • 健康に係る有害物質についての排水基準:全水域共通、有害物質
  • 生活環境に係る汚染状態についての排水基準:全水域共通、汚染指標


残留塩素」

  [★]

residual chlorine
塩素浄水水道法


水道法施行規則」

  [★]

法令水道法

(衛生上必要な措置)  →  残留塩素

第17条

  •  法第二十二条の規定により水道事業者が講じなければならない衛生上必要な措置は、次の各号に掲げるものとする。
  • 一 取水場、貯水池、導水きよ、浄水場、配水池及びポンプせいは、常に清潔にし、水の汚染の防止を充分にすること。
  • 二 前号の施設には、かぎを掛け、さくを設ける等みだりに人畜が施設に立ち入つて水が汚染されるのを防止するのに必要な措置を講ずること。
  • 三 給水栓における水が、遊離残留塩素を〇・一mg/l(結合残留塩素の場合は、〇・四mg/l)以上保持するように塩素消毒をすること。ただし、供給する水が病原生物に著しく汚染されるおそれがある場合又は病原生物に汚染されたことを疑わせるような生物若しくは物質を多量に含むおそれがある場合の給水栓における水の遊離残留塩素は、〇・二mg/l(結合残留塩素の場合は、一・五mg/l)以上とする。
  • 2 前項第三号の遊離残留塩素及び結合残留塩素の検査方法は、厚生労働大臣が定める。

法令

[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S32/S32F03601000045.html

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


水道」

  [★]

aqueduct
水管




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡