気管支肺胞音

出典: meddic

bronchovesicular sound

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

気管呼吸音: 気管、気管支では気流速度が速くまた空気の流出入によって乱流が生じる 。これにより強く粗い音が聴こえる。また気管呼吸音は、気管支呼吸音、気管支肺胞 呼吸音、肺胞呼吸音に比べて、吸気時よりも呼気時の方が持続時間が長い。 呼気> 吸気 ...
胸壁表面で聞く呼吸音は、喉頭から気管-気管支肺胞系の呼吸運動によって 引き起こされる振動の伝達音である。正常呼吸音と異常呼吸音に大別され、前者は①肺 胞呼吸音、②気管支呼吸音、③気管支肺胞音に分かれる。後者はATS(American Thoracic ...

関連画像

ですから、気管支呼吸音化して 内診・聴診トレーニング 第3回 基本に戻ってSkill up2 肺胞 →[ 気管支音 肺胞 ]


★リンクテーブル★
リンク元気管支肺胞呼吸音
関連記事気管」「肺胞」「気管支」「」「気管支肺

気管支肺胞呼吸音」

  [★]

braonchovesicular breath sound
気管支肺胞音


気管」

  [★]

trachea (Z), tracheal tube
trachea
気管支気管支の分岐

解剖

  • 長さ12cm、直径2cm (HIS.298)。
  • C6椎体-T5椎体 / C6椎体の下部より始まりT4-T5椎体で左右の気管支に分かれる。)
  • 喉頭の輪状軟骨の直下から始まり主気管支が分岐するところに終わる。 (HIS.298)

粘膜

  • 1呼吸上皮(粘膜上皮):多列線毛上皮
  • 2. 粘膜固有層 疎性結合組織 膠原線維、弾性線維、気管腺(混合腺)
  • 3. 粘膜下組織 密生結合組織 
  • 4. 外膜 気管軟骨 馬蹄形(C字軟骨)後方に開いている。10-12個


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



肺胞」

  [★]

alveolus (Z), alveoli, pulmonary alveoli, alveoli of the lung
alveoli pulmonis
肺胞中隔


解剖

  • 表面積:80m2。40-120m2。(およそテニスコートの広さ) 参考によると 縦23.77m横10.97mの長方形だけど?
  • 48畳くらいか(ワンルームマンション6畳x8部屋分くらい) = 80(m2) / 1.65(m2/畳)。 1畳 ≒ 0.9(m) x 1.8(m) = 1.62 (m2) ← コンパネの大きさですね

組織

呼吸生理

  • 肺胞を押しつぶす力P, 肺胞の半径r, 表面張力T
P = 2T / r



気管支」

  [★]

bronchus / bronchi(pl.) (Z)
bronchus principalis
主気管支 main bronchus一次気管支 primary bronchus
気管気管支の分岐肺区域区域気管支





Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



音」

  [★]

tonesound
緊張緊張度トーン響く健全


気管支肺」

  [★]

bronchopulmonary, bronchopulmonary unit




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡