毒素中和反応

出典: meddic

toxin-neutralization reaction toxin neutralization reaction
中和試験毒素抗毒素反応


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 精巣組織液を用いたBordetella bronchiseptica凝集抗体およびPasteurella multocida毒素中和抗体測定法
  • 古谷 徳次郎,久保 奈央,村田 知 [他]
  • 獣医畜産新報 57(12), 983-987, 2004-12
  • NAID 40006524132

関連リンク

細菌、動物毒素、酵素あるいはウイルスを抗原として動物へ接種して、得られた抗体と 反応させて活性や感染力を中和する反応をいう。また、その場合の抗体を中和抗体 という。中和抗体には毒素中和抗体(抗毒素)とウイルス中和抗体がある。前者には 破傷風 ...
よる中和反応を行い注射する(中和試験)。タ. ンパク非分解菌によるボツリヌス症では 血清. 以外の試料(食品や糞便など)をトリプシン処. 理しボツリヌス毒素を活性化する 必要がある。 注射後経時的にマウスを観察し、ボツリヌス毒. 素に特有の症状を示して 死亡 ...

関連画像

Igの立体構造と機能 †図2 . 体液性免疫の仕組み本実習では以下の2項


★リンクテーブル★
先読み毒素抗毒素反応
リンク元中和試験
関連記事毒素」「反応」「中和反応」「中和

毒素抗毒素反応」

  [★]

toxin-antitoxin reaction
抗毒素血清毒素単位


中和試験」

  [★]

neutralization test NT
中和反応毒素中和反応 toxin neutralization reaction



毒素」

  [★]

toxin
内毒素外毒素
外毒素 内毒素
ポリペプチド リポ多糖体(lipopolysaccharide: LPS)
細菌細胞からの分泌 グラム陰性菌の細胞壁の外膜に存在
宿主組織内-拡散 細菌細胞の崩壊により放出
多くは熱不安定性 熱安定性
分泌部位~遠隔部位に作用 血行性に拡散しエンドトキシンショック
トキソイド化可 トキソイド化不可(毒性中心はリピドA)


反応」

  [★]

(生物)response、(化学)reactionrespondreactresponsive
応答応答性反応性返答



中和反応」

  [★]

neutralization reaction
毒素中和反応


中和」

  [★]

neutralizationneutralizeneutralise




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡