歩行訓練

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 視覚障害児・者の歩行訓練における課題(1)
  • 芝田 裕一
  • 兵庫教育大学研究紀要 : 学校教育・幼年教育・教育臨床・障害児教育・言語系教育・社会系教育・自然系教育・芸術系教育・生活・健康系教育・総合学習系教育 41, 1-13, 2012-09
  • NAID 120004791750
  • 術後股関節疾患患者に対する踵接地を意識させた歩行訓練が股関節外転筋活動に及ぼす影響 : 表面筋電図による積分筋電図及びwavelet周波数解析

関連リンク

仙台市のデイサービスNAKAGAWAで行っている機能回復訓練(リハビリ)の訓練の様子を動画でご紹介。 ... 単純な歩行訓練「前歩き・横歩き・後ろ歩き」に加えて、関節のモビライゼーションを広く活用するために行う理学療法になります。
Ⅲ 歩行練習 転ばぬ前に能力アップ・・・ 歩 行 練 習 ア 力 転 ば ぬ前に 能 ッ プ 32 能力に合った練習方法を!誰もが自分の足で歩けることを望んでいます。しかし、歩行訓練は意欲を持って取り組みやすい練習でもある ...
リハビリや歩行訓練の仕方を教えてもらいました。 私の父は訪問介護受けながらリハビリをしています。リハビリはまずマッサージをしてもらいます。 右側を下にして横になります。 首から肩にかけてマッサージしてもらいます。

関連画像

歩行 訓練歩行 訓練歩行訓練歩行訓練をする人 イラスト歩行 訓練何も 持たない 歩行 訓練


★リンクテーブル★
国試過去問096D048」「107E055」「099F045」「097G118
関連記事歩行」「訓練

096D048」

  [★]

  • 53歳の男性。後頭部激痛と急性四肢麻痺とを主訴に来院した。
  • 10年前から糖尿病で食事療法中である。3週前に40℃の発熱と頚部痛とがあり、2週前に他院で頚部エックス線撮影の結果、頚椎症と診断された。しかし、疼痛の増悪と共に四肢は不全麻痺の状態となり、昨日から歩行困難となった。四肢深部腱反射の亢進と第6頚髄高位以下の感覚鈍麻とを認める。
  • 体温37.5℃。血液所見:赤血球421万、白血球12,500。CRP6.0 mg/dl (基準0.3以下)。2週前と初診時との頚椎エックス線単純写真を以下に示す。
  • 抗菌薬投与に続く、最も適切な治療法はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 096D047]←[国試_096]→[096D049

107E055」

  [★]

  • 70歳の男性。歩行障害を主訴に来院した。10年前に右手の振戦が出現し、Parkinson病と診断され、以後内服薬治療を継続している。次第に体の自由が利かなくなった。ここ数年体重の変化はなかった。意識は清明で認知障害はない。眼球運動は正常で仮面様顔貌と構語障害とがあり小声で早口である。四肢では特に右上肢で中等度の筋強剛と静止時振戦とを認める。起立は自力でできるが、姿勢反射障害があり突進現象がみられる。Romberg徴候は陰性で感覚障害はなく、腱反射は正常である。
  • 現時点のリハビリテーションで最も有用なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107E054]←[国試_107]→[107E056

099F045」

  [★]

  • 68歳の女性。1週前に人工股関節全置換術を受け、入院している。
  • 手術後の経過は良好であったが、昨日から左下肢の腫脹と鼠径部の痛みとを自覚している。
  • 血液所見:赤血球420万、Hb12.4g/dl、白血球9,600、血小板12万、血清FDP16μg/ml(基準10以下)、Dダイマー8.4μg/ml(基準1.0以下)。
  • 血清生化学所見:AST32単位、ALT20単位、CK35単位(基準10~40)。CRP12.4mg/dl。
  • 適切な処置はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099F044]←[国試_099]→[099F046

097G118」

  [★]

  • 最も適切な組合せはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097G117]←[国試_097]→[097G119

歩行」

  [★]

gait, walking
股関節の運動に関与する筋歩行運動


歩行関節および筋肉

幼児の歩行

  • 12ヶ月:上肢の挙上(high guard)
  • 15ヶ月:上肢の中等度の挙上(medium guard)
  • 18ヶ月:上肢が下がっている(no guard) → 腕ふりの出現

異常な歩行と疾患 手技みえ.188改変

痙性片麻痺歩行 hemiplegic gait 錐体路障害 脳血管障害
変形頚椎症
多発性硬化症
頸髄ミエロパチー
ぶん回し歩行
円弧歩行
痙性対麻痺歩行 spastic paraplegic gait 両大脳半球・脳幹・脊髄側索における両側錐体路障害 家族性痙性対麻痺
脳性小児麻痺(Little病)
HTLV-I associated myelopathty
はさみ歩行 scissor gait
パーキンソン歩行 parkinsonian gait 錐体外路障害 パーキンソン病
小刻み歩行 short-stepped gait パーキンソン症候群
失調歩行 小脳性運動失調・前庭性運動失調   小脳障害
前庭神経障害
OPCA
LCCA
Wernicke脳症
酩酊様歩行
脊髄後索性   深部感覚障害による空間見当識障害(位置覚・振動覚) 脊髄癆
亜急性脊髄連合変性症
Friedreich失調症
多発性神経炎
踵打歩行
鶏歩 steppage gait 下位運動ニューロン(腓骨神経麻痺で生じる下腿筋の筋力低下) Charcot-Marie-Tooth病
腓骨神経麻痺
ポリオ
糖尿病
動揺性歩行 waddling gait 肢体筋の障害 Duchenne型筋ジストロフィー
多発筋炎
Kugelberg-Welander病
トレンデレンブルグ歩行 Trendelenburg gait
アヒル様歩行  
間欠性跛行 intermittent claudication 下肢動脈の血流障害
下肢神経の障害
 


訓練」

  [★]

トレーニング



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡