正赤芽球性不応性貧血

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

FAB分類 > 骨髄異形成症候群 (MDS) > 環状鉄芽球を伴う不応性貧血(後天性特発性... 性別 男 年齢 65-69 取得年代 2005-2009 症例の種類 典型例 主訴 胸痛 既往歴 特になし 現病歴 胸痛(+)、肝脾腫(+)、リンパ節腫大(-)
TOP > WHO分類一覧 > 骨髄異形成症候群 (MDS) > 鉄芽球を伴う不応性貧血 (RARS) 鉄芽球性不応性貧血 (RARS) [ 画像ID:1012 ] 詳細データ 診断材料 骨髄 染色 メイ・ギムザ 光顕的所見 正染性赤芽球の細胞質には不染部と好 管理 ...

関連画像

 球増加を伴う不応性貧血 (RAEB-1 が 起こる 鉄 芽 球 性 貧血 に 球増加を伴う不応性貧血 (RAEB-2 球増加を伴う不応性貧血 (RAEB-2


★リンクテーブル★
関連記事貧血」「赤芽球」「不応性貧血」「不応性」「不応

貧血」

  [★]

anemia
貧血症
慢性疾患による貧血 anemia of chronic disease ACD
  • 血液08, 症候 091215I

定義(2007前期生理学プリント、WHOの貧血判定基準)

  • 下記表のHb,Htに達しない場合を貧血とする
   Hb(g/dl) Ht(%)
男性 13 39
女性 12 36
高齢者・乳幼児・妊婦 11 33

ヘモグロビンと貧血症状

  • 8 g/dl :急性貧血で症状が出る
  • 7 g/dl :慢性貧血で症状が出る
  • 5 g/dl :心雑音
  • 3 g/dl :生命の危険

病因

臨床検査

一つの赤血球の平均の大きさが分かる

臨床検査に基づく分類

  1. 正球性貧血
  2. 小球性貧血
  3. 大球性貧血
  1. 低色素性貧血
  2. 正色素性貧血

貧血の鑑別 (文献不明)

MCV 赤血球の大きさ 網状赤血球腎障害 診断 治療
≦80 小球性貧血     鉄欠乏性貧血 鉄剤
80-100 正球性貧血 減少, 正常 あり 腎性貧血 エリスロポエチン
なし 再生不良性貧血 コロニー刺激因子
増加   溶血性貧血 グルココルチコイド
≧101 大球性貧血     巨赤芽球性貧血 ビタミンB12, 葉酸

スクリーニングによる貧血の鑑別 (OLM.80)

  • Fe↓、UIBC↑、フェリチン↓:鉄欠乏性貧血、慢性出血、慢性体内溶血。体内での鉄の絶対量が不足
  • Fe↓、UIBC↓、フェリチン↑:慢性感染症、慢性炎症。細網系では鉄が増加しているが(フェリチン↑)、末梢に鉄を放出できず(Fe↓)、トランスフェリンも減少している(UIBC↓)


身体所見

  • 胸部聴診:収縮期機能性雑音  ←  どこで聴取される?高心拍出量状態だから心基部か?あるいは心尖部?(100D012)

USMLE

  • Q book p.292 25
sickle cell anemia microcytic anemia
beta thalassemia microcytic anemia
Heinz body anemia normocytic anemia
hereditary spherocytosis normocytic anemia
pernicious anemia macrocytic anemia

貧血と低酸素血症

  • 貧血とは血液中のヘモグロビン濃度が低下した状態であり、一方、低酸素血症は単位体積あたりの酸素分圧が低下してる状態である。PaO2低下すなわちSpO2の低下に相当すると考えてみよう。貧血ではヘモグロビン濃度は少なくても、その少ないヘモグロビンの各々は十分に酸素化されるため、SpO2は低下しない。ただし、ヘモグロビンの絶対量が少ないために、末梢組織に届ける酸素の量が少なくなるだけなのである。(cf. 101B071)



赤芽球」

  [★]

erythroblast
赤芽細胞有核赤血球 nucleated red cell nucleated erythrocyte
赤血球鉄芽球
  • 核を有する赤血球の総称。
前赤芽球好塩基性赤芽球多染性赤芽球正染性赤芽球網状赤血球赤血球


臨床関連





不応性貧血」

  [★]

refractory anemia, RA
難治性貧血
エリスロポエチン
  • 骨髄異形成症候群に含まれる疾患概念である。
  • 鉄剤、葉酸、ビタミンB12、エリスロポエチン?反応しない貧血であり、異常な赤芽球の分化障害に基づく(?)貧血である。
  • 骨髄では赤芽球系の異形成がみられ、また環状鉄芽球(ringed sideroblast)がみられる。


不応性」

  [★]

refractorinessrecalcitrancerefractoryrecalcitrant
困難抵抗性難治性不応不応状態強情難分解性

不応」

  [★]

refractorinessrefractory
抵抗性難治性不応状態不応性難分解性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡