橋核

出典: meddic


  • 橋底部の大きな灰白質。橋小脳路の起始核。
pontine nuclei

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ラットの吸啜期における橋核尾側領域ニューロンの神経生理学的特性
  • 進行性核上性麻痺の治療 up-to-date 2005 (特集 進行性核上性麻痺(PSP):その理解と支援)

関連リンク

三叉神経、外転神経、顔面神経、聴神経といった多くの脳神経核が存在する。脳神経が 出る部位である。脳幹を経由する多くの伝導路が通過する他、大脳皮質からの運動性 出力を橋核、中小脳脚を経由して、小脳へと伝える経路などが存在する。
和文文献. ラットの吸啜期における橋核尾側領域ニューロンの神経生理学的特性. 西村 一美; 小児歯科学雑誌 44(1), 67-79, 2006-03-25; NAID 10018118177. 進行性核上 性麻痺の治療 up-to-date 2005 (特集 進行性核上性麻痺(PSP):その理解と支援) ...

関連画像

脚橋被蓋核橋の下部の横断面の模式図 稲核橋症状」延髄② 顔面神経核


★リンクテーブル★
リンク元解剖学」「小脳」「脳幹」「中小脳脚」「新小脳
関連記事

解剖学」

  [★]

anatomy
anatomia
体表解剖学臨床解剖学神経解剖学比較解剖学

系統解剖

運動

筋肉

部位ごとの分類

関節ごとの分類

筋の付着部

神経

部位別

上肢

体幹

下肢

下肢の皮神経

名称
陰部大腿神経大腿枝
外側大腿皮神経
大腿神経前皮枝
閉鎖神経皮枝
伏在神経
浅腓骨神経
深腓骨神経
上殿皮神経
中殿皮神経
下殿皮神経
大腿皮枝の枝
後大腿皮神経の終末枝
内側腓腹皮神経
外側腓腹皮神経
腓腹神経
外側足背皮神経

脳幹の神経解剖

血管

臓器に分布する血管

臓器 栄養血管 機能血管
動脈 静脈 動脈 静脈
食道        
       
小腸 上腸間膜動脈 上腸間膜静脈門脈    
大腸 上・下腸間膜動脈 上・下腸間膜静脈門脈    
肝臓 固有肝動脈 肝静脈下大静脈    
胆嚢 胆嚢動脈 胆嚢静脈    
膵臓        
気管        
気管支動脈 気管支静脈 肺静脈 肺動脈幹肺動脈
腎臓        
尿管        
膀胱        
脾臓 脾動脈 脾静脈    
精巣 精巣動脈 蔓状静脈叢    
卵巣 卵巣動脈 蔓状静脈叢卵巣静脈    

各体部位に分布する血管

  • 頭部
頚部



小脳」

  [★]

cerebellum
  • SP. 392,393
  • PT.105

発生

解剖

  • 大脳皮質から橋核を介して主として半外側に向かう求心性線維

血管

機能概要

  • 運動のタイミング決定と一つの運動から次の運動への急速な切り替え

機能

  • ①運動開始に関与
  • ②運動学習に関与
  • ③多関節にわたる運動に関与
  • ④フィードバックモード、フィードフォワードモードに関与
  • フィードバックモード~
熟練した運動で、早く動かさないとき
  • フィードフォワードモード~
素早い運動を行うとき。学習を行うとき

入力経路

  • 3)視覚、聴覚入力
  • 5)運動の誤差情報の入力 

障害 (KAPLAN USMLE STEP 1 QBOOK p.54)

障害

  • 小脳性運動失調
  • 平衡障害、筋緊張異常、運動障害に分けられる
  • 平衡障害
  • 体幹失調=姿勢の制御不良
  • 失調性歩行
  • 注視方向への眼振(注意方向性眼振=注視眼振)
  • Tomberg兆候(-)(両側をそろえて開眼して立つ、その後閉眼しても倒れない)
  • 体幹筋失調による歩行障害(体幹歩行失調, 失調性歩行)
  • 酩酊様歩行
  • 開脚歩行
  • 継ぎ足歩行
  • 四肢の運動失調(協調運動障害)
  • ①推尺障害
  • ②変換運動障害
  • ③運動解離
  • ④共同運動不能
  • ⑤失調性構音障害

臨床関連




脳幹」

  [★]

brain stem
truncus cerebri, truncus encephali


概念

中枢

循環中枢

以下3つの中枢が存在し、相互に干渉し合う。

昇圧中枢(交感神経興奮性中枢)

降圧中枢(交感神経抑制性中枢)

心臓抑制中枢(心臓迷走神経中枢)

呼吸中枢

嘔吐中枢

嚥下中枢

排尿中枢

中小脳脚」

  [★]

middle cerebellar penduncle (KH)
pedunculus cerebellaris medius
橋腕 brachium pontis
  • の外側面にあり、橋から小脳へ行く線維からなる。
  • 大脳から小脳に至る線維は、橋核から中小脳脚を経て小脳に至るが、小脳に入る前に橋で交叉してから小脳に入る (A. 244)


新小脳」

  [★]

neocerebellum (B)
橋小脳橋性小脳
旧小脳原小脳


  • 橋核を介して大脳皮質からの入力を受ける。協調された四肢の運動、特に上肢の運動を制御する(B.36)


核」

  [★]

nucleus, nuclei
細胞核
細胞




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡