棘上筋

出典: meddic

supraspinatus muscle (KH,KA), supraspinatus (K)
musculus supraspinatus
ローテーターカフ上肢の筋

起始

停止

神経

機能

カテゴリ

肩関節の筋




Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/02/03 03:31:42」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Flexibility and Rehab Tips エンプティカン・エクササイズ--棘上筋強化のための考察
  • Kolber Morey J.,Beekhuizen Kristina S.
  • Strength & conditioning journal 18(8), 43-45, 2011-10
  • NAID 40019018224
  • MRIによる肩関節屈曲運動の解析
  • 竹井 仁,根岸 徹,後藤 保正,渡邉 修,柳澤 健
  • 日本保健科学学会誌 14(1), 13-23, 2011-06-25
  • … また,肩関節屈曲170°にて,上腕骨頭は最終的に36.4°の内旋を生じ,それに伴い棘上筋の長さが短縮した。 …
  • NAID 110008672932
  • 肩関節筋骨格モデルを用いた腱板損傷時における上腕挙上筋力の推定
  • 木下 直紀,林 豊彦,前田 義信,渡辺 哲也,田中 洋,二宮 裕樹,駒井 正彦,信原 克哉
  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 111(84), 19-24, 2011-06-10
  • … ーションを用いて推定することである.肩関節筋骨格モデルは,次の3つのモデルで構成されている:1)上腕骨,肩甲骨,鎖骨を含む骨モデル;2)全てのouter muscleとinner muscle;3)外転挙上の6自由度運動モデル.本研究では,棘上筋断裂の程度(軽度,重度,完全断裂)が,異なる3つの疾患肩モデルを作成した.シミュレーション結果から,腱板損傷による代償筋活動は,主に棘下筋と肩甲下筋および三角筋(前部・中部)で発生する可能性が示唆さ …
  • NAID 110008746428

関連リンク

棘上筋(きょくじょうきん)は、上肢帯筋のひとつである。肩甲骨の棘上窩、棘上筋膜の 内面から起始し、肩峰の下を外方へ走り、上腕骨大結節の上部へ停止する。作用は、肩 関節の外転。神経は、肩甲上神経C5・C6である。 棘下筋、肩甲下筋、小円筋と共に ...
【棘上筋の起始・停止】 (起始) 肩甲骨の棘上窩に付着。 (停止)...
肩のインナーマッスル、ローテーターカフのトレーニングをイラスト&アニメ解説。特にケガ の多い棘上筋について。

関連画像

棘上筋の図優游堂本舗(横浜市戸塚鍼灸院HP  棘上筋に対する刺鍼方法です棘上筋棘上筋棘上筋の構造と働き棘上筋.JPG


★リンクテーブル★
リンク元上肢の筋」「肩関節の運動に関与する筋」「ローテーターカフ」「三角筋」「腱板断裂
拡張検索棘上筋腱炎

上肢の筋」

  [★]

muscles of upper extremity
musculi membri superioris
上肢筋


関節で分類

肉単P 筋名   起始 停止 支配神経 機能
K-12 肩甲挙筋   C1-C4(横突起) 肩甲骨(上角内側縁上部) 肩甲背神経 肩甲骨の挙上、下方回旋
K-14 大菱形筋   T1-T4(棘突起) 肩甲骨(内側縁下部) 肩甲背神経 肩甲骨の後退、下方回旋
K-13 小菱形筋   C6・C7(棘突起) 肩甲骨(内側縁上方) 肩甲背神経 肩甲骨の後退、挙上、下方回旋
K-16 僧帽筋 上部 後頭骨、項靱帯 鎖骨(外側1/3) 副神経頚神経叢 肩甲骨の後退、挙上、上方回旋
T1-T6(棘突起)、棘状靱帯 肩甲骨(肩峰肩甲棘) 副神経頚神経叢 肩甲骨の後退
T7-T12(棘突起)、棘状靱帯 肩甲骨(肩甲棘) 副神経頚神経叢 肩甲骨の後退、下制、下方回旋
K-01 前鋸筋   第1~8肋骨(外側面中央部) 肩甲骨(内側縁肋骨面) 長胸神経 肩甲骨の前進、わずかに上方回旋、肋骨の挙上
  鎖骨下筋   第1肋骨肋軟骨の境界 鎖骨内側1/3の下面 鎖骨神経(第5・第6頚神経) 鎖骨を固定し下制する
K-03 小胸筋   第3~5肋骨 肩甲骨(烏口突起) 内側胸筋神経 肩甲骨の下制、わずかに下方回旋、肋骨の挙上
L-01 大胸筋 鎖骨鎖骨(内側1/2) 上腕骨(大結節稜) 内側胸筋神経外側胸筋神経 肩関節の内転、内旋、屈曲、水平屈曲
胸肋部 胸骨、第1~6軟骨 肩関節の内転、内旋、屈曲、水平屈曲
腹部 外腹斜筋腱膜 肩関節の内転、内旋、屈曲、水平屈曲
L-03 広背筋   T6-L5の棘突起仙骨腸骨 上腕骨(結節間溝小結節稜) 胸背神経 肩関節の伸展(後方挙上)、内旋、内転
M-01 三角筋 鎖骨部・前部 鎖骨(外側1/3) 上腕骨(三角粗面) 腋窩神経 肩関節の屈曲、内旋、水平屈曲
肩峰部・中部 肩甲骨(肩峰) 肩関節外転
肩甲棘部・後部 肩甲骨(肩甲棘下縁) 肩関節外転、伸展、水平伸展
L-12 小円筋   肩甲骨(外側縁・下角) 上腕骨(大結節) 肩関節の内転、伸展、外旋
L-10 棘上筋   肩甲骨(棘上窩) 肩甲上神経 肩関節外転
L-11 棘下筋   肩甲骨(棘下窩) 肩関節の外旋、伸展
L-13 肩甲下筋   肩甲骨(肩甲下窩) 上腕骨(小結節) 肩甲下神経 肩関節の内旋、水平屈曲
L-14 大円筋   肩甲骨(外側縁・下角) 上腕骨(結節間溝小結節稜) 肩関節の伸展(後方挙上)、内転、内旋
M-02 烏口腕筋   肩甲骨(烏口突起) 上腕骨(内側縁) 筋皮神経 肩関節の内転、屈曲
M-11 上腕二頭筋 長頭 肩甲骨(関節上結節) 橈骨(橈骨粗面) 肘関節の屈曲、前腕回外
短頭 肩甲骨(烏口突起) 橈骨(橈骨粗面)、前腕筋膜 肘関節の屈曲、前腕回外
M-17 上腕筋   上腕骨(遠位2/3の前面) 尺骨(尺骨粗面) 肘関節の屈曲
M-6 上腕三頭筋 長頭 肩甲骨(関節下結節) 尺骨(肘頭) 橈骨神経 肘関節の伸展
外側頭 上腕骨(後面) 肘関節の伸展
内側頭 上腕骨(前面) 肘関節の伸展
M-18 腕橈骨筋   上腕骨(外側上顆) 橈骨(茎状突起) 肘関節の屈曲、前腕回内回外位から半回内位に回旋
N-2 回外筋   上腕骨(外側上顆、外側下部) 橈骨(近位外側面) 前腕回外
P-1 長橈側手根伸筋   上腕骨(外側上顆)、尺骨(回外筋) 第2中手骨(底背面) 手関節背屈橈屈
P-2 短橈側手根伸筋   上腕骨(外側上顆) 第3中手骨(底背面) 手関節背屈橈屈
P-3 尺側手根伸筋 上腕骨頭 上腕骨(外側上顆) 第5中手骨(底背面) 手関節背屈尺屈
尺骨頭 尺骨(斜線と後縁) 第5中手骨(底背面) 手関節背屈尺屈
N-1 方形回内筋   尺骨(遠位1/4の前面) 橈骨(遠位1/4の前面) 正中神経 前腕回内
N-3 円回内筋 浅頭・上腕骨頭 上腕骨(内側上顆) 橈骨(中央の外側面) 前腕回内
深頭・尺骨頭 尺骨(鈎状突起) 橈骨(中央の外側面) 前腕回内
O-1 橈側手根屈筋   上腕骨(内側上顆) 第2中手骨、第3中手骨(底前面) 手関節の掌屈、橈屈
O-3 長掌筋   上腕骨(内側上顆) 手首の屈筋支帯手掌腱膜 手関節の掌屈、手掌腱膜の緊張
O-6 長母指屈筋   橈骨(中部の前面) 母指末節骨(掌側面) 母指の屈曲(主にIP関節)
O-4 尺側手根屈筋 上腕骨頭 上腕骨(内側上顆) 豆状骨豆中手靭帯第5中手骨 尺骨神経 手関節の掌屈、尺屈
尺骨頭 尺骨(肘頭、後面上部) 豆状骨豆中手靭帯第5中手骨 手関節の掌屈、尺屈


肩関節の運動に関与する筋」

  [★]

付着部

筋名 内転 外転 内旋 外旋 屈曲 伸展 支配神経 起始 停止
大胸筋 鎖骨      内側胸筋神経

外側胸筋神経

鎖骨(内側1/2) 上腕骨(大結節稜)
胸肋部       胸骨、第1~6軟骨
腹部       外腹斜筋腱膜
広背筋       胸背神経 T6-L5の棘突起仙骨腸骨 上腕骨(結節間溝小結節稜)
三角筋 鎖骨部・前部         腋窩神経 鎖骨(外側1/3) 上腕骨(三角筋粗面)
肩峰部・中部         肩甲骨(肩峰)
肩甲棘部・後部         肩甲骨(肩甲棘下縁)
小円筋       肩甲骨(外側縁・下角) 上腕骨(大結節)
棘上筋           肩甲上神経 肩甲骨(棘上窩)
棘下筋         肩甲骨(棘下窩)
肩甲下筋         肩甲下神経 肩甲骨(肩甲下窩) 上腕骨(小結節)
大円筋       肩甲骨(外側縁・下角) 上腕骨(結節間溝小結節稜)
烏口腕筋         筋皮神経 肩甲骨(烏口突起) 上腕骨(内側縁)

凡例

●:両方で確認
◇:K.125
□:M391,394,395,412,446


ローテーターカフ」

  [★]

rotator cuff (K), rotator cuff muscle
腱板回旋腱板筋回旋筋腱板、肩回旋筋腱板
[show details]


ローテーターカフ

  • K.124-125
肉単 筋名 起始 停止 神経 肩関節
内転 外転 伸展 屈曲 外旋 内旋
L-13 肩甲下筋 肩甲骨(肩甲下窩) 上腕骨(小結節) 肩甲下神経        
L-12 小円筋 肩甲骨(外側縁・下角) 上腕骨(大結節) 腋窩神経      
L-10 棘上筋 肩甲骨(棘上窩) 上腕骨(大結節) 肩甲上神経          
L-11 棘下筋 肩甲骨(棘下窩) 上腕骨(大結節) 肩甲上神経        
  • M.395と比較するとだいぶ違うので要調査


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


三角筋」

  [★]

deltoid muscle (M,N), deltoid (K)
musculus deltoideus
上肢の筋、背部筋群
  • 上腕の外転 30-180°
  • 最初の0-30°の外転は棘上筋が関与
  • 90-180°の外転の際、前鋸筋による肩甲骨の安定化が必要
部位 起始 停止 支配神経 機能 分布血管
鎖骨部・前部 鎖骨(外側1/3) 上腕骨(三角粗面) 腋窩神経 肩関節の屈曲、内旋、水平屈曲 胸肩峰動脈三角筋
肩峰部・中部 肩甲骨(肩峰) 肩関節外転  
肩甲棘部・後部 肩甲骨(肩甲棘下縁) 肩関節外転、伸展、水平伸展  

カテゴリ

臨床関連



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



腱板断裂」

  [★]

rotator cuff tear
腱板

概念

  • 腱板の腱性部分が断裂したもので、棘上筋腱が最も断裂しやすい

疫学

  • 中年男性に多い
  • 加齢に伴って増加するが、無症候性のものが半数を占める

原因

  • 腱の変性、力学的加重、肩峰との衝突、外傷

症状

  • 運動時痛:(棘上筋破断)外転で60-120°付近で疼痛を生じる。
  • 安静時痛
  • 夜間痛:

理学所見

  • 棘上筋腱断裂:棘上筋テスト
  • 棘下筋断裂 :外旋筋力テスト
  • 肩甲下筋断裂:lift-offテスト、belly pressテスト

検査

  • インピンジメントテスト:陽性
  • 関節造影:完全断裂では肩関節腔から造影すると肩峰下滑液包まで造影される。不全断裂では造影されない


棘上筋腱炎」

  [★]

supraspinatus tendinitis
肩峰下インピンジメント症候群
棘上筋症候群、棘上筋





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡