出典: meddic

nucleus, nuclei
細胞核
細胞


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/12/03 07:33:14」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 世界の識者が語る 「兵器なき世界」実現のためのビジョン。
  • ギロン堂スペシャル 田原総一朗直撃100分 丹羽宇一郎前駐中国大使が明かす日中関係の心 尖閣問題は100年話し合えばいい
  • 田原 総一朗,丹羽 宇一郎
  • 週刊朝日 118(6), 28-31, 2013-02-15
  • NAID 40019561971

関連リンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 核の用語解説 - (1) 集合 X から集合 Y への関数 f があるとき,f(x1)=f(x2) ,すなわち f によって同じ値をとるという同値関係のことをいう。普通は X と Y が線形空間で f が線形写像のときについて ...
多くの動物学者に衝撃を与え、世間を騒がせた驚くべき動物群、鼻行類(別名:ハナアルキ)についてまとめました。その驚きの生態と、彼らが人知れず絶滅していった悲劇の理...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 消化酵素複合剤

販売名

  • アリーゼS配合錠

組成

成分・含量(1錠中)

  • 外殻錠(胃溶性):ビオヂアスターゼ1000 22.5mg、リパーゼAP6 15mg
    内核錠(腸溶性):プロザイム6 5mg、膵臓性消化酵素8AP 22.5mg

添加物

  • 無水リン酸水素カルシウム、デキストリン、トウモロコシデンプン、結晶セルロース、乳糖水和物、クロスカルメロースナトリウム、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒプロメロース、ヒドロキシプロピルスターチ、ヒプロメロースフタル酸エステル、マクロゴール4000、グリセリン脂肪酸エステル、酸化チタン、ステアリン酸マグネシウム

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • ウシ又はブタ蛋白質に対し過敏症の既往歴のある患者[ウシ又はブタの膵臓由来の消化酵素を含有しているため。]

効能または効果

  • 消化異常症状の改善
  • 通常成人1回2錠を1日3回食後経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

薬効薬理

  • アリーゼS配合錠はビオヂアスターゼ1000、プロザイム6、リパーゼAP6及び膵臓性消化酵素8APが配合され、各酵素の作用によって、デンプン、蛋白質並びに脂肪を消化する。
    また、本剤は各酵素がその至適pH域で酵素活性をあらわすよう胃内で溶けて作用する胃溶性の外殻錠と、腸内で作用する腸溶性の内核錠に分けて製剤化しているためその消化作用は胃から腸にわたる領域で発揮される。

各成分の作用>
胃溶性外殻錠

ビオヂアスターゼ1000

  • Aspergillus oryzaeの産生するデンプン消化酵素で、デンプン消化作用(至適pH4.5〜6.0)及び蛋白消化作用(至適pH3.0〜6.0)を有している。その安定pH域は3.0〜9.0と広範囲にわたっている。

リパーゼAP6

  • Aspergillus nigerの産生する脂肪消化酵素で、至適pHを4.0〜7.5にもち、pH3.0〜9.0の広い範囲で安定である。

腸溶性内核錠

プロザイム6

  • Aspergillus nigerの産生する蛋白消化酵素で、至適pHを7.0〜9.0にもち、pH5.0〜8.0の範囲で安定である。

膵臓性消化酵素8AP

  • 動物の膵臓より抽出・精製して得られた酵素で、脂肪消化作用(至適pH7.5〜9.0)、デンプン消化作用(至適pH7)及び蛋白消化作用(至適pH7.5〜10.0)を有する。


★リンクテーブル★
先読み細胞
リンク元小脳」「脳幹」「中脳」「nucleus」「皮質延髄路
拡張検索皮質核路」「動眼神経副核」「異常核型」「網様核」「多核体

細胞」

  [★]

cell
cellula





小脳」

  [★]

cerebellum
  • SP. 392,393
  • PT.105

発生

解剖

血管

機能概要

  • 運動のタイミング決定と一つの運動から次の運動への急速な切り替え

機能

  • ①運動開始に関与
  • ②運動学習に関与
  • ③多関節にわたる運動に関与
  • ④フィードバックモード、フィードフォワードモードに関与
  • フィードバックモード~
熟練した運動で、早く動かさないとき
  • フィードフォワードモード~
素早い運動を行うとき。学習を行うとき

入力経路

  • 3)視覚、聴覚入力
  • 5)運動の誤差情報の入力 

障害 (KAPLAN USMLE STEP 1 QBOOK p.54)

障害

  • 小脳性運動失調
  • 平衡障害、筋緊張異常、運動障害に分けられる
  • 平衡障害
  • 体幹失調=姿勢の制御不良
  • 失調性歩行
  • 注視方向への眼振(注意方向性眼振=注視眼振)
  • Tomberg兆候(-)(両側をそろえて開眼して立つ、その後閉眼しても倒れない)
  • 体幹筋失調による歩行障害(体幹歩行失調, 失調性歩行)
  • 酩酊様歩行
  • 開脚歩行
  • 継ぎ足歩行
  • 四肢の運動失調(協調運動障害)
  • ①推尺障害
  • ②変換運動障害
  • ③運動解離
  • ④共同運動不能
  • ⑤失調性構音障害

臨床関連





脳幹」

  [★]

brain stem
truncus cerebri, truncus encephali


概念

  • 中脳延髄からなる
  • 脳幹には生命維持に重要な自律機能を調整する部位が存在。これが中枢と呼ばれる。中枢の実体は、(などと呼ばれる)局所的なニューロンの集合ではなく、細胞体ニューロンのネットワークである。

中枢

循環中枢

以下3つの中枢が存在し、相互に干渉し合う。

昇圧中枢(交感神経興奮性中枢)

降圧中枢(交感神経抑制性中枢)

心臓抑制中枢(心臓迷走神経中枢)

呼吸中枢

嘔吐中枢

嚥下中枢

排尿中枢

中脳」

  [★]

midbrain
mesencephalon
, 一次脳胞

解剖

  • 中心管は、細い中脳水道となっている
  • 中脳は3つの領域に分けられる。
  • 中脳水道より背側にある領域は中脳蓋
  • 腹外側に突出した部分は大脳脚
  • 両者の間の領域が中脳被蓋である

発生

  • 一次脳胞の中脳

脳神経の神経細胞


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

中脳とは(医学大事典)

臨床関連

神経内科



nucleus」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a part of the cell containing DNA and RNA and responsible for growth and reproduction」
cell nucleus, karyon

WordNet   license wordnet

「(astronomy) the center of the head of a comet; consists of small solid particles of ice and frozen gas that vaporizes on approaching the sun to form the coma and tail」

WordNet   license wordnet

「any histologically identifiable mass of neural cell bodies in the brain or spinal cord」

WordNet   license wordnet

「the positively charged dense center of an atom」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「中心,核 / (生物の)細胞核 / 原子核」


皮質延髄路」

  [★]

corticobulbar tract
皮質核路皮質球路皮質核線維

経路

 中心前回内包(膝)→大脳脚→(交叉)→脳神経核

参考

  • 1.
[display]http://akimichi.homeunix.net/~emile/aki/html/medical/neurology/node23.html%23SECTION02521100000000000000
  • 2.
[display]http://m-a-t.hp.infoseek.co.jp/suitairo.html


皮質核路」

  [★]

corticobulbar tract
tractus corticobulbaris
錐体路
  • 図:カラー臨床神経解剖学 p.137
  • 大脳皮質 → 内包質膝 → 橋・延髄で対側に入りつつ三叉神経、迷走神経、顔面神経、舌下神経などの運動性脳神経を支配。
  • 両側性支配



動眼神経副核」

  [★]

accessory nuclei of oculomotor nerve
nuclei accessorii nervi oculomotorii
エディンガー・ウエストファール核エジンゲル・ウエストファール核エディンガー-ウェストファル核Edinger-Westphal核Edinger-Westphal nucleus
動眼神経



異常核型」

  [★]

abnormal karyotype
染色体異常細胞遺伝学的異常


網様核」

  [★]

reticular nucleus
網様体


多核体」

  [★]

coenocytecoenocytic




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡