栄養管理

出典: meddic

nutrition management



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 輸液療法シリーズ 急性膵炎update : 輸液・栄養管理のポイント(最終回・第4回)重症患者の静脈栄養/軽症患者の栄養管理
  • 真弓 俊彦,飯野 靖彦
  • レジデントノート 16(10), 1910-1913, 2014-10
  • NAID 40020209978
  • 重症心身障害児(者)の栄養管理
  • 口分田 政夫
  • 重症心身障害の療育 : 重症心身障害療育学会誌 9(2), 191-201, 2014-09
  • NAID 40020211690
  • 外科術後の患者の栄養管理と微量栄養成分 : 外科術後の早期経腸栄養にアルギニン投与は有効であるか? (特集 術後患者への早期介入と栄養補助食品)
  • 岡本 康子
  • ヒューマンニュートリション : 人間栄養 6(5), 72-75, 2014-09
  • NAID 40020206390

関連リンク

1日3食、50年で約5万5千食。毎日の食生活は、健康な体づくりに欠かせません。「All About 栄養管理」は、各栄養素の基礎知識から、今日から使える栄養管理のコツが満載! 栄養学の初心者にも分かりやすい情報を準備しました。
栄養管理ドットコムでは、食品や健康食品(サプリメント)などに含まれている栄養成分を分析して正しく摂取する事ができるように栄養素のしくみや管理法、栄養素の効果などをまとめた栄養管理サイトです。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問105E051」「100I023」「108G026」「107B027」「101C042」「103H012
拡張検索術前栄養管理
関連記事栄養」「管理」「栄養管

105E051」

  [★]

  • 47歳の女性。下痢と体重減少とを主訴に来院した。Crohn病に対して6年前までに計3回の小腸部分切除術が施行され.約90cmの空腹と20cmの終末回腸が残存していた。カテーテルによる発熱を繰り返し、右鎖骨下静脈の血栓性狭窄も起こしたため、4年前から中心静脈栄養は行っていなかった。経腸栄養にて排便回数が5-6回/日程度に落ち着いてきたため、約2年前に本人の希望で経口食に変更した。薬物はメサラジンのみを内服していた。2週前から下痢が10回/日以上となり、体重も2週間で約3kg減少したため来院した。意識は清明。身長156cm、体重34kg。体温37.2℃。脈拍72/分、整。血圧90/52mmHg。腹部に圧痛を認めない。腸雑音は亢進している。血液所見:赤血球 323万、Hb 11.4g/dl、Ht 34%、白血球 5,200、血小板 17万。血液生化学所見:アルブミン 3.2g/dl、尿素窒素 20mg/dl、クレアチニン 0.8mg/dl、AST 26IU/l、ALT 38IU/l、ALP 863IU/l(基準115-359)、Na 138mEq/l、K 3.2mEq/l、Cl 108mEq/l、Ca 8.0mg/dl。CRP 0.6mg/dl。腹部造影CTで残存小腸の軽度拡張と回盲部近傍の小腸壁肥厚とを認める。本人は外来での治療を希望している。
  • まず行う栄養管理として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105E050]←[国試_105]→[105E052

100I023」

  [★]

  • 35歳の初産婦。妊娠38週5日に胎児が骨盤位のため脊髄麻酔下の帝王切開術が予定され入院した。妊娠経過は特に異常なく、胎児発育も良好である。意識は清明。身長156cm、体重90kg。脈拍76/分、整。血圧122/78mmHg。尿所見:蛋白1+、糖1+。血液所見:赤血球372万、Hb10.8g/dl、白血球5,600、血小板19万。
  • この患者の周術期管理で重要なのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 100I022]←[国試_100]→[100I024

108G026」

  [★]

  • 高齢者の栄養管理について正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108G025]←[国試_108]→[108G027

107B027」

  [★]

  • a 医師の参加が必要である。
  • b 外来患者が主な対象である。
  • c 診療科を越えて栄養管理を行う。
  • d 院内感染対策チームとも連携する。
  • e 終末期癌患者の栄養管理にも関与する。


[正答]


※国試ナビ4※ 107B026]←[国試_107]→[107B028

101C042」

  [★]

  • 褥瘡への対応で正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101C041]←[国試_101]→[101C043

103H012」

  [★]

  • 植物状態患者の生命維持に最低限必要なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103H011]←[国試_103]→[103H013

術前栄養管理」

  [★]

術前管理
  • 1. 身体計測指標
  • 2. 質的評価
  • a. 骨格筋蛋白質量
  • b. 内臓蛋白質量
  • i. アルブミン、蛋白文革
  • ii. UN→N-balance
  • iii. TFN, preALB, RBP
  • iv. リンパ球数、T cell, B cell, PPD, PHA
  • c. 脂肪量 
i. CHO, TG← 内臓脂肪の推定
  • d. その他
  • i. ビタミンA、葉酸、亜鉛
  • ii. IRI, T3, FT3
  • iii. 血清電解質、尿中電解質

栄養療法の適応

  • N-balance < 0
  • %標準体重 < 80%
  • CHI < 80$
  • ALB < 3.0 g/dl
  • TFN < 200 mg/dl
  • リンパ球数 < 1000 /mm3
  • PPD < 5mm

栄養」

  [★]

nutritionnutrientvegetative, alimentation
nutritio
栄養性栄養素栄養分栄養法植物性増殖型栄養剤
  • 1日に必要な水、有機・無機栄養
水:体重x30ml
Na:体重x 1mEq
K:体重x 0.5mEq

参考

  • 食品成分データベース
[display]http://fooddb.mext.go.jp



管理」

  [★]

規制監督経営コントロール支配制御対応対照調節投薬投与与薬行政

栄養管」

  [★]

解剖

feeding tubenutrient canal
canalis nutricius
オステオン骨単位ハバース管

経管栄養

feeding tube
在宅経管栄養法




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡