柴苓湯

出典: meddic

さいれいとう
水滞(全身型)


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/05/26 17:49:52」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • SF-035-3 柴苓湯(TJ-114)のislet xenotransplantationにおける異種移植免疫応答の減弱効果に関する研究(SF-035 サージカルフォーラム(35)膵 膵島移植,第112回日本外科学会定期学術集会)
  • 金本 真美,島田 光生,宇都宮 徹,居村 暁,森根 裕二,池本 哲也,森 大樹,花岡 潤,齋藤 裕,山田 眞一郎,浅野間 理仁
  • 日本外科学会雑誌 113(臨時増刊号_2), 331, 2012-03-05
  • NAID 110009548074
  • P3-20-4 抗リン脂質抗体陽性不育症症例に対する柴苓湯を中心とした治療法に関する検討(Group132 不育症3)
  • 今石 裕人,駒井 幹,三田尾 拡,三嶋 すみれ,藤本 剛史,牛嶋 公生,堀 大蔵,嘉村 敏治
  • 日本産科婦人科學會雜誌 64(2), 819, 2012-02-01
  • NAID 110009583802
  • 副腎皮質ホルモン剤投与が困難であった突発性難聴症例に対する漢方薬(五苓散,柴苓湯)の治療経験
  • 東谷 敏孝,尾崎 正義
  • 漢方医学 36(2), 164-168, 2012-00-00
  • NAID 40019320700

関連リンク

漢方薬「柴苓湯(さいれいとう)」の効能・副作用・マメ知識を紹介。【効能】急性胃腸炎、むくみ、頭痛、咳、通風、暑気あたり(夏バテ)などに効果があります。また、喘息などのアレルギーや免疫系がかかわる病気にも処方 ...
楽天市場-「柴苓湯」66件 人気の商品を価格比較・ランキング・レビュー・口コミで検討できます。ご購入でポイント取得がお得。セール商品・送料無料商品も多数。「あす楽」なら翌日お届けも可能です。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 漢方製剤

販売名

クラシエ柴苓湯エキス細粒

組成

本薬1日量 (8.1g) 中

  • 日局タイソウ    3.0g
    日局サイコ     7.0g
    日局オウゴン   3.0g
    日局ブクリョウ   4.5g
    日局ケイヒ     3.0g
    日局チョレイ    4.5g
    日局カンゾウ   2.0g
    日局ショウキョウ 1.0g
    日局ニンジン   3.0g
    日局ハンゲ    5.0g
    日局タクシャ    6.0g
    日局ビャクジュツ 4.5g
    上記の混合生薬より抽出した日局柴苓湯エキス7,000mgを含有する。
  • 添加物として日局ステアリン酸マグネシウム、日局軽質無水ケイ酸、日局結晶セルロース、日局乳糖水和物、含水二酸化ケイ素を含有する。

効能または効果

  • 吐き気、食欲不振、のどのかわき、排尿が少ないなどの次の諸症:

水瀉性下痢、急性胃腸炎、暑気あたり、むくみ

  • 通常、成人1日8.1gを2〜3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。

なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 著しく体力の衰えている患者[副作用があらわれやすくなり、その症状が増強されるおそれがある。]

重大な副作用

間質性肺炎:

  • 発熱、咳嗽、呼吸困難、肺音の異常 (捻髪音) 等があらわれた場合には、本剤の投与を中止し、速やかに胸部X線等の検査を実施するとともに副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。また、発熱、咳嗽、呼吸困難等があらわれた場合には、本剤の服用を中止し、ただちに連絡するよう患者に対し注意を行うこと。

偽アルドステロン症:

  • 低カリウム血症、血圧上昇、ナトリウム・体液の貯留、浮腫、体重増加等の偽アルドステロン症があらわれることがあるので、観察 (血清カリウム値の測定等) を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。

ミオパシー:

  • 低カリウム血症の結果としてミオパシーがあらわれることがあるので、観察を十分に行い、脱力感、四肢痙攣・麻痺等の異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。

劇症肝炎、肝機能障害、黄疸:

  • 劇症肝炎、AST (GOT)、ALT (GPT)、Al-P、γ-GTP等の著しい上昇を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

視床下部―下垂体―副腎系への作用1)

  • 本エキス粉末 (経口投与) は、両側副腎摘出ラットの血漿中と下垂体前葉のACTH濃度及び視床下部正中隆起部のCorticotropin Releasing Factor濃度をコントロール群に比べ上昇させ、コルチゾールの分泌を増加させることが示唆された。


★リンクテーブル★
先読み黄芩」「柴胡」「桂皮」「人参」「沢瀉
リンク元水滞
拡張検索柴苓湯エキス

黄芩」

  [★]

おうごん
Scutellaria root, baical skullcap root
Scutellariae radix
オウゴン黄ごん
コガネバナScutellaria baicalensis
  • 生薬
  • 健胃薬
  • フラボノイド(baicalin)
  • 少陽病の治療方剤である多くの黄連剤柴胡剤に含まれる。
  • 少陽病・心下痞硬型(黄連剤)
  • 薬理作用:清熱作用、抗炎症作用
  • 副作用:間質性肺炎、肝機能障害・黄疸、膀胱炎を表す漢方方剤の中に黄芩を含むものが比較的多い

黄芩を含む漢方方剤

参考

  • 1.
[display]*http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%AC%E3%83%8D%E3%83%90%E3%83%8A


柴胡」

  [★]

さいこ、サイコ
chai hu, Bupleurum root, chinese thorowax root
Bupleuri Radix
ミシマサイコ柴胡剤
  • 生薬
  • 成分:サポニン類(サイコサポニン)
  • 薬理作用:解熱作用、消炎作用、鎮痛作用、鎮静作用、抗菌作用、抗ウイルス作用
  • 方剤:柴胡剤(少陽病・胸脇苦満型)のベースとして用いられており、黄芩と共に使われることが多い。


桂皮」

  [★]

cinnamon barkCinnamomi Cortex, Chinese cinnamon, cassiabark
ケイヒ肉桂 ニッケイ桂枝
cinnamomi cortex
  • 生薬
  • 芳香健胃薬
  • 桂皮油(cinnamic aldehyde)1-3.5%、ジテルペノイド(cinzeylanine)、タンニンなど


人参」

  [★]

ginsengGinseng Radix
ニンジン朝鮮人参 チョウセンニンジン Panaxginseng、白参御種人参
オタネニンジン属
  • 生薬
  • 補気


沢瀉」

  [★]

たくしゃ、タクシャ
alismarhizome
川沢瀉 せんたくしゃ、建沢瀉 けんたくしゃ
牛車腎気丸


水滞」

  [★]

水毒
  • 水に偏在をきたした病態
  • 診断基準として水滞スコアが提案されている。
  • 水滞の病型には、全身型(全身の浮腫、下痢、めまい感、尿量減少、夜間頻尿)、皮膚・関節型(顔面浮腫、関節腫脹、身体の一部の腫脹、朝のこわばり)、胸内型(水様の喀痰、胸水、動悸、胸内苦悶感)、心下型(胃部振水音、悪心・嘔吐、下痢、グル音の亢進)がある。

治療方剤

水滞・全身型

  桂皮 猪苓 茯苓 沢瀉 甘草 生姜 その他 虚実
五苓散 蒼朮               虚実間証
柴苓湯 蒼朮 柴胡 半夏 黄ごん 大棗 人参
猪苓湯         阿膠 滑石      
沢瀉湯                    
苓桂朮甘湯     白朮             虚証
真武湯       蒼朮   芍薬 附子      

水滞・皮膚関節型

  麻黄 石膏 生姜 大棗 甘草 白朮 薏苡仁 蒼朮 当帰 桂枝 芍薬 黄耆 防已 桂皮 茯苓 附子
越婢加朮湯                    
薏苡仁湯                  
防已黄耆湯                    
桂枝加苓朮附湯                

水滞・胸内型

  石膏 防已 桂皮 人参 麻黄 生姜 大棗 甘草 白朮 桂枝 芍薬 乾姜 五味子 細辛 半夏 茯苓 杏仁
木防已湯                          
越婢加朮湯                      
小青竜湯                  
茯苓杏仁甘草湯                            
苓甘姜味辛夏仁湯                    

柴苓湯エキス」

  [★]

柴苓湯漢方製剤




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡