柴胡清肝湯

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臨床リポート 柴胡清肝湯が著効した花粉によるアレルギー性結膜炎の6例
  • 趙 基恩,中村 雅生
  • 漢方と診療 = Kampo practice journal 5(4), 326-329, 2015-01
  • NAID 40020326559
  • まずは使ってみよう 『皮膚科漢方10処方Part 2』解説(2)十全大補湯・黄耆建中湯 柴胡清肝湯
  • 漢方重要処方マニュアル(96)柴胡清肝湯

関連リンク

柴胡清肝湯とは?効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番: 薬事典版)
本処方は文字通りサイコ(柴胡)を主薬とし、肝の熱を清ますという意味で柴胡清肝湯と 名付けられている。この方名あるいは類以した名の処方は、中国の明代16世紀以降の 医書にあわせて10種類近くの記載が発見できる。しかし現在の日本で用いられている本 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 漢方製剤

販売名

コタロー柴胡清肝湯エキス細粒

組成

  • 本剤9.0g中
    日局トウキ   1.5g
    日局シャクヤク 1.5g
    日局センキュウ 1.5g
    日局ジオウ   1.5g
    日局レンギョウ 1.5g
    日局キキョウ  1.5g
    日局ゴボウシ  1.5g
    日局カロコン  1.5g
    日局ハッカ   1.5g
    日局カンゾウ  1.5g
    日局オウレン  1.5g
    日局オウゴン  1.5g
    日局オウバク  1.5g
    日局サンシシ  1.5g
    日局サイコ   2.0g
    上記の混合生薬より抽出した柴胡清肝湯の水製乾燥エキス5.7gを含有する。
    添加物としてステアリン酸マグネシウム、トウモロコシデンプン、乳糖、プルラン、メタケイ酸アルミン酸マグネシウムを含有する。

効能または効果

  • 虚弱者、小児腺病体質者、およびこれに伴う次の諸症。
    慢性胃腸病、貧血、頸部淋巴腺炎、肺門淋巴腺炎、扁桃腺肥大、神経症、湿疹。
  • 通常、成人1日9.0gを2〜3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。
    なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 著しく胃腸の虚弱な患者[食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔吐、下痢等があらわれることがある。]
  • 食欲不振、悪心、嘔吐のある患者[これらの症状が悪化するおそれがある。]

重大な副作用

偽アルドステロン症:

  • 低カリウム血症、血圧上昇、ナトリウム・体液の貯留、浮腫、体重増加等の偽アルドステロン症があらわれることがあるので、観察(血清カリウム値の測定等)を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。

ミオパシー:

  • 低カリウム血症の結果としてミオパシーがあらわれることがあるので、観察を十分に行い、脱力感、四肢痙攣・麻痺等の異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。


★リンクテーブル★
リンク元黄芩」「特発性腸間膜静脈硬化症
拡張検索柴胡清肝湯エキス
関連記事柴胡

黄芩」

  [★]

おうごん
Scutellaria root, baical skullcap root
Scutellariae radix
オウゴン黄ごん
コガネバナScutellaria baicalensis
  • 生薬
  • 健胃薬
  • フラボノイド(baicalin)
  • 少陽病の治療方剤である多くの黄連剤柴胡剤に含まれる。
  • 少陽病・心下痞硬型(黄連剤)
  • 薬理作用:清熱作用、抗炎症作用
  • 副作用:間質性肺炎、肝機能障害・黄疸、膀胱炎を表す漢方方剤の中に黄芩を含むものが比較的多い

黄芩を含む漢方方剤

参考

  • 1.
[display]*http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%AC%E3%83%8D%E3%83%90%E3%83%8A


特発性腸間膜静脈硬化症」

  [★]

idiopathic mesenteric phlebosclerosis, IMP
山梔子 サンシシ、間膜静脈、腸間膜静脈硬化症

漢方薬

  • サンシシに含まれるゲニポシドが腸間膜静脈の石灰化と関連していると考えられている。

山梔子を含む方剤


参考

[display]http://ci.nii.ac.jp/naid/10030293861
[display]https://www.jstage.jst.go.jp/article/gee/54/3/54_3_455/_pdf

柴胡清肝湯エキス」

  [★]

漢方製剤柴胡清肝湯

柴胡」

  [★]

さいこ、サイコ
chai hu, Bupleurum root, chinese thorowax root
Bupleuri Radix
ミシマサイコ柴胡剤
  • 生薬
  • 成分:サポニン類(サイコサポニン)
  • 薬理作用:解熱作用、消炎作用、鎮痛作用、鎮静作用、抗菌作用、抗ウイルス作用
  • 方剤:柴胡剤(少陽病・胸脇苦満型)のベースとして用いられており、黄芩と共に使われることが多い。




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡