架橋壊死

出典: meddic

bridging necrosis


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

線維化:F1 門脈域の線維性拡大が認められる. 線維化:F2 架橋性線維化(門脈域ー門脈域,門脈域ー中心静脈域)が認められる. 線維化:F3 ひずみを伴う架橋性線維化(門脈域ー門脈域,門脈域ー中心静脈域)が認められる.
広範・亜広範肝壊死(massive、 submassive hepatic necrosis) 亜広範肝壊死はbridging necrosis(架橋壊死)を主体とする高度の 肝実質壊死をいう。肝壊死は小葉のすべての肝細胞を含み、なかでも小 葉中心域(zone 3)が含まれる ...

関連画像

再生結節の形成があり,著明な A1:軽度の壊死・炎症所見ありA0:壊死・炎症所見なしA3:高度の 壊死・炎症所見ありF2:線維性の架橋形成この症例の肝組織生検所見


★リンクテーブル★
関連記事架橋」「壊死

架橋」

  [★]

crosslinkingcrossbridgecrosslinkagecrosslinkbridgecross-linked
架橋反応クロスクロスリンキングブリッジ


壊死」

  [★]

necrosis
ネクローシス
アポトーシス細胞死






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡