末梢血管抵抗

出典: meddic

peripheral vascular resistance, PVR


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ストレッチングが自律神経活動、末梢血管抵抗、全身循環応答に及ぼす影響
  • 稲見 崇孝,清水 卓也,馬場 礼三 [他]
  • 医学と生物学 155(9), 577-587, 2011-09
  • NAID 40018973501
  • ラットに対する強度の異なる運動が血液流動性に及ぼす影響
  • 久保 哲也,石川 慎太郎,藤原 博士,三村 直巳,砂川 正隆,佐藤 孝雄,久光 正
  • 昭和医学会雑誌 71(2), 167-174, 2011
  • … 生体における血液流動性の低下は,心臓血管系疾患の重要な誘因の1つである.環境の変化に対して,自律神経系や内分泌系を通じて,末梢血管抵抗や心機能を変動させて,循環系は調節される.また生体へのさまざまな刺激は血小板凝集能,白血球粘着性,赤血球変形能などの性質を変化させる.例えば,生体へのストレス負荷は血小板凝集能を高め,血液流動性を低下させる.運動をおこなう際には,心臓血管系が …
  • NAID 130001391019

関連リンク

血圧状態のカギを握る心拍出量と末梢血管抵抗について説明しています。
血圧の変動には特に心拍出量と末梢血管抵抗の2つが、大きな影響力を持っています。 これらの増加が高血圧につながります。血圧のメカニズムについて紹介していきます。

関連画像

心拍出量の増加と末梢血管抵抗 血圧=心拍出量×末梢血管抵抗 血管の内壁を押す力(圧力血圧とは = 心拍出量 × 末梢血管抵抗血圧とは:末梢血管抵抗


★リンクテーブル★
国試過去問102E029
リンク元PVR」「抵抗血管」「peripheral vascular resistance
拡張検索総末梢血管抵抗
関連記事血管」「抵抗」「末梢」「血管抵抗」「末梢血

102E029」

  [★]

  • 血圧は低下し、皮膚は温かく紅潮している。心拍出量は増加し、末梢血管抵抗は低下している。
  • この病態に当てはまるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102E028]←[国試_102]→[102E030

PVR」

  [★]

抵抗血管」

  [★]

resistance vessel
細動脈末梢血管抵抗



peripheral vascular resistance」

  [★]

PVR, 末梢血管抵抗


総末梢血管抵抗」

  [★]

total peripheral resistance, TPR

血管」

  [★]

blood vessel, blood vessels
  • 図:M.28

構造

  • 内皮細胞(単層扁平上皮細胞)
  • 基底板
  • 内皮下結合組織(内皮下層 subendothelial layer):疎性結合組織、縦走平滑筋
  • 内弾性板
  • 結合組織に移行

動脈 内膜 中膜 外膜
弾性血管 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
不完全な内弾性板
40-70層の有窓性弾性板
弾性板の間に存在する平滑筋細胞
薄い弾性板
外半分には脈管栄養細胞が分布
線維・弾性結合組織
脈管栄養血管
リンパ管
神経細胞
筋性動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
厚い内弾性板
40層に及ぶ平滑筋細胞層
厚い外弾性板
薄い線維・弾性結合組織
脈管栄養血管は著明でない
リンパ管
神経線維
細動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層:目立たない
内弾性板はなく、弾性線維がある
1-2層の平滑筋細胞 疎性結合組織
神経線維

分類



抵抗」

  [★]

resistanceresiststandwithstandresistant
位置群落静置耐性耐える立つ抵抗性スタンド抵抗力


末梢」

  [★]

peripheryperipheral
周辺性末梢神経末梢神経性末梢性周辺
中枢


血管抵抗」

  [★]

vascular resistance VR
血流抵抗 flow resistance


末梢血」

  [★]

peripheral blood
末梢血液




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡