服薬指導

出典: meddic

patient compliance instruction, medication teaching
ファーマシューティカル・ケア


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/04 02:14:45」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 患者のQOL向上と薬剤師の関わり PART Ⅱ.服薬指導と病棟活動(95)薬剤師の回診業務介入への必要性
  • 菊池 大輔,上岡 泰弘,阿部 友紀 [他]
  • 医薬ジャーナル 51(7), 145-149, 2015-07
  • NAID 40020531669
  • 薬剤師からみた新規抗凝固薬の登場 (特集 抗凝固療法ブラッシュアップ)
  • 古根 慶子
  • 月刊薬事 = The pharmaceuticals monthly 57(7), 1069-1073, 2015-07
  • NAID 40020528279
  • 外来でよく使用される子どもの薬 : 看護師に必要な知識と服薬指導の実際

関連リンク

移動: 案内、 検索. 服薬指導(ふくやくしどう、英:Patient Compliance Instruction)は、 薬剤師が患者に対して処方薬の情報提供を行うことである。 目次. 1 概要; 2 薬剤師法 第25条の2; 3 よく言われている服薬指導のポイント; 4 問題指向型システム. 概要 [編集 ] ...
調剤薬局、薬剤師の皆様向けに、患者さんにわかりやすく服薬指導するためのポイント を、「シミュレーションクイズ」や「ケーススタディ」等でわかりやすくご紹介しています。

関連画像

服薬指導 - JapaneseClass.jp服薬指導の風景薬剤師のスキル】服薬指導の 服薬指導服薬指導服薬指導


★リンクテーブル★
国試過去問106B007」「095F027」「097F030」「092E040
関連記事指導

106B007」

  [★]

  • 在宅医療について正しいのはどれか。
  • a 薬剤師は訪問服薬指導を行うことができる。
  • b 家族は酸素吸入量を調整することができない。
  • c 介護者への精神的支援は在宅医療の対象でない。
  • d プライバシー保護のため患者の生活には立ち入らない。
  • e 医師は訪問診療を行うことを都道府県へ届け出る必要がある。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B006]←[国試_106]→[106B008

095F027」

  [★]

  • 45歳の男性。25歳のときに精神分裂病を発症し入院した。その後、入退院を繰り返し現在4回目の入院中である。最近は症状が安定しており、身体的疾患もない。独身で親族もいない。社会復帰に有用でないのはどれか。
  • a. 服薬指導
  • b. 住居の保障
  • c. 仕事の保障
  • d. 人的サポート
  • e. 物的サポート(福祉機器)
[正答]


※国試ナビ4※ 095F026]←[国試_095]→[095F028

097F030」

  [★]

  • 52歳の女性。1年前に糖尿病と診断され通院中である。糖尿病の改善に必要なことを指導されたが、日々の業務に追われ、日常の生活習慣は変わらない。空腹時血糖は徐々に上昇傾向を示している。
  • この患者で最も必要なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097F029]←[国試_097]→[097F031

092E040」

  [★]

  • 58歳の男性。25歳の時に統合失調症を発症し入院した。その後、入退院を繰り返し現在7回目の入院中である。最近2年間は症状が安定しており、身体的疾患もない。独身で親族もいない。
  • 社会復帰を促進するのはどれか
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

指導」

  [★]

guidancedirectioninstructionguideconductinstructdirectcoachtutorial
案内インストラクション行うガイダンス、ガイド、コーチ行為指揮指示指令先導直接直接型直接的伝導配向方向導く向ける誘導、方向づける、説明書ダイレクト向き




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3