服薬アドヒアランス

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 独居高齢者の服薬アドヒアランスについて考える
  • 小見 雄介,春山 幸子,久保 ひかり,土屋 道代,須藤 弥生,前島 和俊,小保方 馨,佐藤 浩二,阿部 毅彦
  • The Kitakanto medical journal = 北関東医学 63(3), 299-299, 2013-08-01
  • NAID 120005323740
  • 家庭血圧測定を用いた高血圧診療 : 降圧療法について (特集 降圧療法に関する最近の話題と問題点)
  • 患者側の要因 : 服薬アドヒアランスと吸入手技(難治性喘息とみなされる吸入デバイス誤操作) (特集 難治性気管支喘息の最前線) -- (喘息の難治化要因とその対策)

関連リンク

このアドヒアランスを規定するものは治療内容、患者側因子、医療者側因子、患者・医療 者の相互関係という点でコンプライアンスとは大きく異なる。例えば服薬アドヒアランスを 良好に維持するためには、その治療法は患者にとって実行可能か、服薬を妨げる因子 ...

関連画像

服薬コンプライアンスと効果の !服薬支援とアドヒアランス  服薬アドヒアランスを高める服薬アドヒアランス」に関 患者の服薬アドヒアランス 服薬遵守は、コンプライアンス


★リンクテーブル★
国試過去問107E060
関連記事」「アドヒアランス

107E060」

  [★]

  • 次の文を読み、58~60の問いに答えよ。
  • 79歳の男性。ふらつきを主訴に来院した。
  • 現病歴:3年前に妻を亡くし、1人暮らし。隣県に住む娘が時々様子を見に来ており、数か月前から物忘れが目立ち、残薬も多いことに気づいたが、主治医には知らせていなかった。食事は給食サービスを受けていたが、服薬管理など生活上の問題を心配した娘が、2週前に老人ホームに入居させた。以後は介護職員が薬を管理している。約1週前から起立時や歩行時にふらつきを自覚するようになり、心配した職員に付き添われて受診した。
  • 既往歴:60歳で高血圧症と糖尿病とを指摘され、1年前から利尿薬、β遮断薬、抗血小板薬、スルホニル尿素薬およびアンジオテンシン変換酵素阻害薬を処方されている。この1年間処方内容は変更されていない。
  • 家族歴:父親が脳卒中のため65歳で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長165cm、体重67kg。体温35.8℃。脈拍36/分。血圧128/64mmHg。呼吸数16/分。口腔内は湿潤している。心雑音を聴取しない。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。四肢の筋力は保たれており、浮腫を認めない。腱反射に異常はない。
  • 検査所見:血液所見:赤血球407万、Hb 12.4g/dl、Ht 38%、白血球6,800、血小板18万。血液生化学所見:随時血糖126mg/dl、HbA1c(NGSP)6.5%(基準4.6~6.2)、総蛋白7.0g/dl、アルブミン3.8g/dl、尿素窒素18mg/dl、クレアチニン1.2mg/dl、AST 38IU/l、ALT 32IU/l、Na 135mEq/l、K 4.6mEq/l、Cl108mEq/l。CRP 0.3mg/dl。心電図(別冊No.8)を別に示す。
  • 老人ホーム入居に伴う変化で、ふらつきの発生に最も関係したと考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107E059]←[国試_107]→[107E061

薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品



アドヒアランス」

  [★]

adherence
固執、粘着性、付着性癒着固着性密着性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール
  • is ga ar it id cy uk et nl el hr sv es sk sl sw sr th cs da de tr no hu fi fr bg vi iw be fa pl pt mk lv lt ro ru en ko cn ja


  meddic.jp

リンク
連絡