有毛性色素性母斑

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 顔面の先天性有毛性色素性母斑の治療法-Qスイッチルビーレーザーと脱毛レーザーの併用療法の効果-
  • 巨大有毛性色素性母斑に対する combined laser と curetting による早期治療
  • 有毛性色素性母斑に対する Combined Laser 治療の組織型から見た有効性の検討
  • 河野 太郎,野崎 幹弘,権 成基,佐々木 健司,三箇島 吉統
  • 日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery 21(1), 1-4, 2001-01-20
  • NAID 10010587956

関連リンク

definition. この母斑細胞性母斑は、発毛を伴う色素沈着部が目立つ。出生時から存在 するが、経過とともにさらに成長することがある。隆起した淡褐色から褐黒色の色素沈着 病巣内に小結節が出現する。病巣の大きさは1 cmから数10 cmまでと様々で、その際、  ...
巨大色素性母斑は、有毛性母斑、獣皮様母斑などと呼ばれています。巨大色素性母斑 は大人に ... 巨大色素性母斑を診察する時に注意しなければいけない点は、中枢神経系 にも同じような細胞がいないかどうか確認することです。中枢神経系に同様の病変が ...

関連画像

小さな腫瘍から、有毛性の 先天性)有毛性巨大色素性母斑 に 大きな 有毛 性 色素性母斑 悪性黒色腫で発症した思春期の 悪性黒色腫で発症した思春期の に 大きな 有毛 性 色素性母斑


★リンクテーブル★
関連記事母斑」「色素性母斑」「色素」「色素性」「

母斑」

  [★]

nevus, birthmark
naevus
あざ

定義

  • 遺伝的ないし胎生的素因に基づき、生涯のさまざまな時期に発現し、きわめて徐々に発育し、皮膚の色調あるいは形の異常を主体とする限局性の皮膚の奇形

分類

由来による分類

  • A. メラノサイト系母斑(神経堤由来):
  • B. 上皮細胞系母斑
  • C. 間葉細胞系母斑

母斑

通常型
特殊型
  • D. 皮膚の色素異常を伴うその他の母斑

神経皮膚症候群



色素性母斑」

  [★]

melanocytic nevusmelanocytic nevipigmented nevuspigmented nevi, nevus pigmentosus
色素細胞性母斑色素細胞母斑メラノサイト性母斑母斑細胞母斑

色素」

  [★]

dyepigmentdye stuff
染色ピグメント染める着色料組織染色剤

色素性」

  [★]

pigmentedpigmentary

斑」

  [★]

macula
発疹




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡