旅行者下痢症

出典: meddic

traveller's diarrhea
旅行者下痢
急性腸炎毒素原性大腸菌

病原性微生物

予防

HIM.818

  • 衛生水準の改善:糞口感染を予防
  • 食事の工夫:
  • 好ましい:暖かい食べ物、調理後すぐの食べ物。飲料水は沸騰あるいは消毒された水
  • 避ける:生野菜、サラダ、皮を剥いていない野菜、氷
  • 次サリチル酸ビスマスは安価な旅行者下痢症予防薬。レジメンは2錠(525mg)を一日4回服用する。効果は有用であるらしく、3週間まで安全である。
  • 予防的に抗菌薬は推奨されない。免疫力が低下している者(immusuppressed)、あるいは腸管感染症を来しやすい基礎疾患を有する者には推奨される。最近、非吸収性の抗菌薬、リファキシミンが出てきており、予防薬として選択肢の一つとなっている


-海外旅行者下痢症


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/03/31 10:24:41」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 TCBS寒天培地に発育不良な非典型的なVibrio cholerae O139の1例
  • 日本臨床微生物学雑誌 = The journal of the Japanese Society for Clinical Microbiology 26(2), 119-123, 2016
  • NAID 40020827642
  • 海外旅行関連感染症
  • 自治医科大学医動物学部門で4年間(2011-2014)に経験した寄生虫・衛生動物関連症例の検討
  • 自治医科大学紀要 = Jichi Medical University journal 38, 71-77, 2015
  • NAID 120005771777
  • 旅行者下痢症 (特集 実地医家のための渡航医療) -- (帰国後診療)

関連リンク

海外にて日本語で受診できる医療機関情報。国・地域別に住所や診療時間を調べられます。 ... 海外の医療機関・病院の紹介 > 各国の医療事情・医療情報 > 海外赴任者の為の医療情報 > 子供の病気・健康について
海外旅行や海外赴任に出る前に済ませておきたいe-learning ... 海外旅行者で最も多い病気が旅行者下痢症です。約1ヶ月の途上国滞在で発病率は、20-60%とされています。症状は一般的に軽く、大多数は治療をしなくても数日の経過で軽快 ...
海外と下痢症、海外旅行と病気について分かりやすく ... 海外旅行で最もかかりやすい病気が下痢です。頻繁に渡航する人はたいがい一度はひどい下痢にみまわれたことがあると思います。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み毒素原性大腸菌」「急性腸炎
国試過去問108A009
リンク元輸入感染症」「輸入腸管感染症」「ジアルジア症
関連記事下痢」「」「旅行」「旅行者

毒素原性大腸菌」

  [★]

enterotoxigenic Escherichia coli enterotoxigenic E. coli ETEC
腸管毒素原性大腸菌
大腸菌大腸菌エンテロトキシン


  • 毒素
  • LT ← コレラ菌のコレラ毒素(CT)とほぼ同じ構造で、生物作用もほぼ同一と考えて良い


急性腸炎」

  [★]

acute enterocolitis, acute colitis
急性全腸炎
腸炎

症状

  • 腹痛下痢


108A009」

  [★]

  • 旅行者疾患について正しいのはどれか。
  • a 旅行者下痢症では発熱はない。
  • b マラリアで死亡することはない。
  • c 狂犬病は犬以外の動物からは感染しない。
  • d デング熱のワクチンは実用化されていない。
  • e 都道府県知事に届出義務のある疾患はない。


[正答]


※国試ナビ4※ 108A008]←[国試_108]→[108A010

輸入感染症」

  [★]

afferent infection disease, imported infectious disease
旅行者感染症?、輸入伝染病 imported communicable disease


定義

  • 日本に存在しない伝染病が旅行者や輸入食品などによって国内に持ち込まれたもの

↓拡張

  • 過去に日本で存在したが激減した急性伝染病、性感染症を含む。

疫学

  • 旅行者下痢症(30-80%)、マラリア、急性呼吸感染症、消化器感染症、性感染症

輸入感染症

テーブルが載っている
症状 潜伏期間 主な疾患
下痢(±発熱) 短い(1週間以内) 細菌性赤痢コレラ旅行者下痢症
比較的長い・長い(1~2週間またはそれ以上) アメーバ赤痢ランブル鞭毛虫症ジアルジア症)、クリプトスポリジウム症回虫症鉤虫症糞線虫症条虫症住血吸虫症
発熱(±発疹) 短い(1週間以内) デング熱黄熱紅斑熱ペストサルモネラ症
比較的長い(1~2週間) ウイルス性出血熱ラッサ熱エボラ出血熱マールブルグ病など)日本脳炎急性灰白髄炎ポリオ)、ツツガ虫病腸チフスパラチフスブルセラ症マラリアトリパノソーマ症アフリカ睡眠病シャーガス病
長い(2週間以上) 各種肝炎(A,B,C,E型)、マラリア熱帯熱マラリア以外)、アメーバ性肝膿瘍カラアザール内臓リーシュマニア症
発疹(+発熱) 短い(1週間以内) デング熱紅斑熱
比較的短い(1~2週間) ウイルス性出血熱ツツガ虫病腸チフスパラチフス
皮膚炎/移動性皮膚腫瘤 皮膚リーシュマニア症オンコセルカ症鉤虫症顎口虫症旋毛虫


輸入腸管感染症」

  [★]

imported enteric infection?

定義

参考1
  • 海外旅行者が以下の感染症、あるいは食中毒菌に感染し、日本国内に持ち込む旅行者下痢症のこと

2.検出された病原菌

参考1
  • 1995年から1999年までの5年間に調査した4,777人のうち1,622人から病原菌が検出され、海外旅行下痢症の34.0%から病原菌が分離されたことになります。
  • 最も多く検出された病原菌はプレジオモナスであり、次いで赤痢菌、腸炎ビブリオ、エロモナス、毒素原性大腸菌、サルモネラの順で、この6菌種で94.2%を占めていました。
  • また複数の病原菌が検出された混合感染例が257症例(15.8%)もみられ、プレジオモナスと他の病原菌の組み合わせが多くみられました。

多い病原菌

  • 多いもの順に

参考

  • 1.
[display]http://www.iph.pref.osaka.jp/news/vol17/17-2.html


ジアルジア症」

  [★]

giardiasis
ランブル鞭毛虫症
旅行者下痢症ランブル鞭毛虫 = Giardia lamblia

特徴

病原体

疫学

  • 先進国での有病率は2-4%、発展途上国の小児では15%以上。

潜伏期間

  • 1-3週間

感染経路

  • 経口感染:汚染された飲食物からの嚢子(シスト)の摂取
  • 性感染:男性瞳孔愛車間の感染

経過

  • 発症後、数週間で自然に治癒することが多いが、一部は長期にわたって持続する。

症状

  • 消化器症状(下痢(軟便、水様便から悪臭泡沫状の泥状便)、腹痛、鼓腸、倦怠感、悪心、食欲不振など)。
  • 時に胆嚢炎。

検査

  • 血液検査、画像検査で特異的な所見はない。
  • 便検査
[show details]

診断

  • 便、十二指腸液、胆汁からの原虫の証明

治療

予防

  • 水道水、井戸水のそのままの摂取や不衛生な食品の摂取を避ける。十分な加熱によりシストを死滅させることが重要。

国試



下痢」

  [★]

diarrhea
下痢症(症候としての下痢)

概念

  • 24時間の糞便重量150-200g以上 or 24時間の糞便中の水分量が150-200ml以上のもの

病態


漢方医学

[show details]



症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

旅行」

  [★]

traveltravel
移行移動伝える

旅行者」

  [★]

travelertraveller
トラベラー




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡