断層撮影

出典: meddic

tomography, laminagraphy
プラニグラフィ planigraphy


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/09/02 12:42:29」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • タウイメージングの開発 (認知症医療の新展開 : アルツハイマー病研究会 記録) -- (トラックセッション 診断学 : タウ関連を中心に,最新知識の提供)
  • 樋口 真人,丸山 将浩,島田 斉 [他]
  • 老年精神医学雑誌 25 (312増刊1), 69-75, 2014-03
  • NAID 40020026550
  • Molecular imagingによる冠動脈プラーク評価 (第1土曜特集 循環器と画像診断Update) -- (非侵襲的画像診断Update)
  • 吉永 恵一郎,玉木 長良
  • 医学のあゆみ 248(5), 398-402, 2014-02-01
  • NAID 40019962821
  • ガンマ線医用イメージング : 陽電子断層撮影法(PET)機器開発研究の最新動向 (小特集 ガンマ線イメージングの最新動向)
  • 山谷 泰賀
  • Journal of the Vacuum Society of Japan = 真空 57(2), 45-50, 2014-02
  • NAID 40019974870

関連リンク

世界大百科事典 第2版 断層撮影の用語解説 - X線検査における一手法。普通のX線撮影では種々の構造が重積して1枚の画像を形成するが,断層撮影は,目的とする身体のある深さの断面のみを明りょうなX線像として写し出し,他 ...
肺がんの診断のために実施される検査方法をご紹介しています。(断層撮影) ... 「ある物体の全体をそのまま投影した影絵の形で見るよりも、その物体を輪切り、あるいは薄切りにした方が内部が良くわかるのではないか。

関連画像

コンピュータ断層撮影 は,多軌道断層撮影実験室ですエックス線断層撮影高分解能コンピュータ断層撮影 断層撮影(トモグラフィー)の コンピュータ断層撮影』の


★リンクテーブル★
国試過去問106F029」「106A023」「106D023」「089A088
リンク元tomograph」「断層撮影法」「プラニグラフィ」「断層撮影機
拡張検索単一光子放射型コンピュータ断層撮影法」「コンピューター断層撮影法」「単一光子放出コンピュータ断層撮影」「陽電子放射断層撮影法
関連記事撮影」「断層」「

106F029」

  [★]

  • 次の文を読み、 28、 29の問いに答えよ。
  • 67歳の男性。全身の衰弱を心配した家族に伴われて来院した。
  • 現病歴: 3か月前から徐々に体重が減少し、 2か月前から外出できなくなり、 1週前からは家族の介助がないと立ち上がれなくなった。患者本人は受診を嫌がっていたが、 2日前からはほとんど食事が摂れず、トイレまで歩くこともできなくなったため受診に同意した。
  • 既往歴:健康診断は受けていない。
  • 生活歴:喫煙は60本/日を47年間。飲酒は日本酒1-2合/日を47年間。
  • 家族歴 :父親が高血圧症で、脳梗塞のため82歳で死亡。
  • 現 症:意識は清明。身長165cm、体重42kg。体温37.6℃。脈拍120/分、整。血圧96/62mmHg。呼吸数16/分。 SpO2 95%(room air)。眼瞼結膜に貧血を認めない。頸静脈の怒張を認めない。右の前胸部、背部および側胸部で呼吸音が減弱している。 coarse cracklesを聴取しない。皮膚のツルゴールが低下している。下腿に浮腫を認めない。
  • 検査所見:血液所見:赤血球394万、 Hb13.1g/dL、 Ht40%、白血球11,700(好中球85%、好酸球1%、単球6%、リンパ球8%)、血小板50万。血液生化学所見:随時血糖181mg/dL、 HbA1c6.5%(基準4.3-5.8)、総蛋白7.3g/dL、アルブミン2.3g/dL、尿素窒素28mg/dL、クレアチニン0.6mg/dL、尿酸3.8mg/dL、総ビリルビン0.3mg/dL、 AST47IU/L、 ALT28IU/L、LD391IU/L(基準176-353)、ALP435IU/L(基準115-359)、 γ-GTP44IU/L(基準8-50)、 Na133mEq/L、 K5.0mEq/L、 Cl93mEq/L、 Ca9.6mg/dL。 CRP24mg/dL。胸部エックス線写真(別冊No. 4)を別に示す。
  • 次に行うべき検査はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106F028]←[国試_106]→[106F030

106A023」

  [★]

  • 65歳の男性。頚部腫瘤を主訴に来院した。 6か月前から頚部に腫瘤を自覚しており、徐々に増大してきたため受診した。眼瞼結膜に貧血を認めない。左頚部に径2cmのリンパ節を3個、右腋窩に径2cmのリンパ節を1個触知する。いずれも弾性硬で圧痛はない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。血液所見:赤血球398万、 Hb11.0g/dl、 Ht38%、白血球6,300、血小板23万。血液生化学所見:総蛋白7.5g/dl、アルブミン4.8g/dl、尿素窒素19mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、総ビリルビン0.8mg/dl、 AST31IU/l、 ALT28IU/l、 LD447IU/l(基準176-353)。胸腹部造影CTで縦隔リンパ節、腹腔内リンパ節および脾臓の腫大を認める。
  • 次に行う検査として最も適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106A022]←[国試_106]→[106A024

106D023」

  [★]

  • 60歳の女性。健康診断の胸部エックス線写真で異常を指摘され来院した。自覚症状はない。既往歴に特記すべきことはない。喫煙歴はない。身長153cm、体重55kg。体温36.8℃。脈拍60/分、整。血圧118/64mmHg。呼吸数16/分。 SpO2 99%(room air)。心音と呼吸音とに異常を認めない。血液所見:赤血球380万、Hb13.2g/dl、 Ht33%、白血球5,600、血小板23万。 CRP 0.3mg/dl。胸部エックス線写真(別冊No. 7A)と胸部単純CT(別冊No. 7B)とを別に示す。
  • 診断のために行うべき検査として最も有用なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106D022]←[国試_106]→[106D024

089A088」

  [★]

  • a. 経口法は静注法より胆管像が鮮明である
  • b. 経口薬ではヨード過敏は起こらない
  • c. 血清直接ビリルビン5mg/dL以上では造影困難である。
  • d. 胆嚢収縮能の評価にはセクレチンを用いる。
  • e. 断層撮影結石の種類が判別できる。

tomograph」

  [★]

tomographictomography

WordNet   license wordnet

「X-ray machine in which a computer builds a detailed image of a particular plane through an object from multiple X-ray measurements」

断層撮影法」

  [★]

tomographytomographic
断層撮影

プラニグラフィ」

  [★]

planigraphy
断層撮影


断層撮影機」

  [★]

tomograph
断層撮影


単一光子放射型コンピュータ断層撮影法」

  [★]

single photon emission computed tomographySPECT
シングルフォトン核医学断層撮影法単光子放射型コンピュータ断層撮影法


コンピューター断層撮影法」

  [★]

CT, computed tomography, computerized tomography

単一光子放出コンピュータ断層撮影」

  [★] 単光子放出コンピュータ断層撮影

陽電子放射断層撮影法」

  [★]

positron emission tomography scan

撮影」

  [★]

exposurephotograph
写真曝露被曝露光露出

断層」

  [★]

fault
過失欠点欠陥

影」

  [★]

shadow
陰影




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡