放射線口内炎

出典: meddic

radiation stomatitis

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 放射線治療に伴う粘膜障害は軽減できるか? : 亜鉛製剤の有用性に迫る
  • 上紺屋 憲彦,土井 啓至,冨士原 将之
  • 口腔・咽頭科 = Stomato-pharyngology 24(1), 29-34, 2011-03-31
  • NAID 10028176408
  • 放射線治療に伴う粘膜障害は軽減できるか?:亜鉛製剤の有用性に迫る
  • 上紺屋 憲彦,土井 啓至,冨士原 将之
  • 口腔・咽頭科 24(1), 29-34, 2011
  • 放射線治療に伴う粘膜障害は照射線量の増加と共に重篤となり, 治療中・治療後の患者QOL低下をきたす. 放射線による急性粘膜障害は, 照射部位で産生される活性酸素を介した粘膜細胞障害が関与するとされている. 亜鉛製剤はこの活性酸素を介した粘膜細胞障害に対して抗酸化作用, 粘膜保護作用, 創傷治癒促進作用の可能性が注目されている. われわれの施設では以前から放射線治療による重症口内炎予防を目的としてポ …
  • NAID 130004553100
  • 放射線口内炎に対する柴苓湯の予防効果の検討

関連リンク

口内炎の症状は、抗がん剤投与後2~4日目くらいから、放射線治療では照射開始後2、3 週間目ごろから出てくることが多いようです。最初は、口の中がざらざらした感じ、焼け た感じ、食物や液体がしみる感じ、粘膜が赤くなる発赤などで始まり、痛みのない潰瘍 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事放射線」「放射」「」「口内炎

放射線」

  [★]

radiation, radioactive ray
輻射線
電磁波


場所による分類

性質による分類

胎児への放射線の影響

  • 1999年のICRP勧告「胎児が100mGy被爆した場合、子供が奇形を持たない確率はほぼ97%、癌にならない確率は99.1%」


放射」

  [★]

radiationbeamradiateemitbeamradiativeradiant
照射照射性排出ビーム放散放射状放射線放射線照射


炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症

口内炎」

  [★]

stomatitis
stomatitis aphthosa
口腔炎





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡