排卵誘発法

出典: meddic

ovulation induction, induction of ovulation
排卵誘発、排卵誘発療法。体外受精-胚移植


種類

NGY.522

G9M.38

副作用

参考

  • 1. クリニカルカンファレンス3 生殖医療のup-to-date 3)調節卵巣刺激法 - 日産婦誌62巻9号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/62/6209-141.pdf



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 新しい排卵誘発法 (特集 不妊診療のすべて) -- (私はこうしている)
  • 松崎 利也,岩佐 武,木内 理世 [他]
  • 産婦人科治療 102(-), 753-760, 2011-04
  • NAID 40018836381
  • 当院[セントマザー産婦人科医院]で行っている排卵誘発法について (特集 不妊診療のすべて) -- (私はこうしている)
  • 永吉 基,田中 温,粟田 松一郎 [他]
  • 産婦人科治療 102(-), 741-745, 2011-04
  • NAID 40018836379
  • PCOSに対する排卵誘発法 (特集 不妊診療のすべて) -- (PCOS(多嚢胞卵巣症候群))

関連リンク

排卵誘発法には、「完全自然排卵周期法」「低刺激」「中刺激」「高刺激」などがあります。 患者様の. ①下垂体ホルモン(FSH・LH) ②卵巣ホルモン(E2・P4) ③ご年齢 ④精子 状態 ⑤過去の不成功例. などをもとに、あなたに合った治療を選択します。当院では ...
飲み薬を飲みながらのタイミング法を約5~6回ほど試しても効果のない時には、排卵 誘発剤の注射を打つ方法もあることを説明して、 ... 注射による方法は、卵巣に直接働い て卵胞の発育を促すHMG(下垂体性性腺刺激ホルモン)という排卵誘発剤の注射を打ち ...
体外受精についての基本を3回にわたって解説。連載2回目の今回は、体外受精の治療 の流れと排卵誘発法について解説します。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み体外受精-胚移植
リンク元ゴナドトロピン療法」「クロミフェン療法
関連記事」「排卵」「誘発

体外受精-胚移植」

  [★]

in vitrofertilization-embryo transfer IVF-ET, in vitro fertilization embryo transfer
受精


排卵誘発・胚移植

参考1
  • 1. ロングプロトコール法
  • GnRHアゴニスト、hMG or FSH、hCG
  • (1)高温相5-7日からGnRHアゴニストを投与して内因性のFSH,LHの分泌を(一度はflare upによって増加するが)抑制する。(2)卵胞期に入ってから、連日hMG、もしくはFSHの投与を行う。(3)hCGの投与により卵胞を成熟させて、36時間後に採卵を行う。(4)胚移植後に黄体ホルモンを投与し肺の着床を促進する。
  • 2. ショートプロトコール法
  • GnRHアゴニスト、hMG or FSH、hCG
  • クロミフェン+FSH/hMG併用療法
  • GnRHアンタゴニスト法

参考

  • 1.
http://www.koshida-cl.or.jp/ivf-icsi_ovarian-stimulation.html
  • 2. クリニカルカンファレンス3 生殖医療のup-to-date 3)調節卵巣刺激法 - 日産婦誌62巻9号
http://www.jsog.or.jp/PDF/62/6209-141.pdf


ゴナドトロピン療法」

  [★]

gonadotropin therapy
ヒト閉経期ゴナドトロピン-ヒト絨毛性ゴナドトロピン療法 human menopausal gonadotropin-human chorionic gonadotropin therapy、hMG-hCG療法 hMG-hCG therapy、FSH-hCG療法 FSH-hCG therapy
排卵誘発法



クロミフェン療法」

  [★]

clomiphene therapy
クロミフェン排卵誘発法


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


排卵」

  [★]

ovulation
排卵誘発法



誘発」

  [★]

induction
誘導




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡