抗毒素血清

出典: meddic

antitoxin serum, antivenom serum



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 受傷後短時間で著明な血小板減少を来したマムシ咬傷の1例
  • 上田 晃志郎,瀬山 厚司,尼崎 陽太郎,平田 健,井口 智浩,守田 知明
  • 山口医学 62(2), 105-109, 2013-05-01
  • … 板減少を呈する症例は「血小板減少型」と定義され非常に稀である.このような「血小板減少型」のマムシ咬傷は,マムシ毒素が血管内に注入された結果生じると考えられる.過去の報告例6例は全てマムシ抗毒素血清投与が著効し,重症化した例はない.本症例は血清投与ができず重症化に至ったマムシ咬傷で,「血小板減少型」において早期のマムシ抗毒素投与の重要性が示唆された.We report an unusual case of a 50 year old woman …
  • NAID 120005246413
  • 症例報告 著明な血小板減少を伴ったマムシ咬傷の1例
  • 奥沢 康太郎,中井 章淳,加藤 則人 [他]
  • 臨床皮膚科 66(9), 737-740, 2012-08-00
  • NAID 40019406125

関連リンク

抗毒素(血清)は、毒ヘビ咬傷の治療のために使われています。 体内に入った毒ヘビの 毒を中和させる効果があり、毒ヘビ咬傷の治療には抗毒素注射以外には有効な方法は ありません。 ただし、軽度の咬傷である場合は、抗毒素を使用しないこともあります。 ...

関連画像

セアカゴケグモ」血清整備に 年齢別破傷風抗毒素保有状況 抗毒素 保有 状況 を 血清 採取セアカゴケグモの血清を使用 ただ、この抗毒素血清を注射 抗毒素血清(1本1万円程度)


★リンクテーブル★
国試過去問105I015」「086B032
リンク元受動免疫」「抗毒素製剤」「毒素抗毒素反応
関連記事毒素」「血清」「抗毒素

105I015」

  [★]

  • 食中毒について正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105I014]←[国試_105]→[105I016

086B032」

  [★]

受動免疫」

  [★]

passive immunity, passive immunization
受身免疫
抗毒素血清免疫
  • 母体から胎盤を通して胎児が獲得するIgGによる液性免疫。生後5ヶ月には消失する。


抗毒素製剤」

  [★]

antitoxin preparation, antivenom preparation, antitoxin drugs
抗毒素血清


毒素抗毒素反応」

  [★]

toxin-antitoxin reaction
抗毒素血清毒素単位


毒素」

  [★]

toxin
内毒素外毒素
外毒素 内毒素
ポリペプチド リポ多糖体(lipopolysaccharide: LPS)
細菌細胞からの分泌 グラム陰性菌の細胞壁の外膜に存在
宿主組織内-拡散 細菌細胞の崩壊により放出
多くは熱不安定性 熱安定性
分泌部位~遠隔部位に作用 血行性に拡散しエンドトキシンショック
トキソイド化可 トキソイド化不可(毒性中心はリピドA)


血清」

  [★]

serum (Z), blood serum
  • 血液を凝固させて生じた血餅を取り除いて得られる黄色い透明な液体 (SP.484)
  • 血漿からフィブリノーゲンと凝固因子を取り除いたもの

関連

検査

保存

  • 血清の保存は冷蔵1週間、冷凍は-80℃


抗毒素」

  [★]

antitoxin
トキソイド




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡