抗リンパ球抗体

出典: meddic

antilymphocyte antibodylymphocytotoxic antibody
抗胸腺細胞グロブリン抗リンパ球血清ウマ由来抗ヒト胸腺細胞免疫グロブリン抗リンパ球グロブリン
胸腺細胞

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 腎移植の免疫抑制療法
  • 中村 宏
  • 日本泌尿器科學會雜誌 84(8), 1359-1384, 1993-08-20
  • … は,シクロスポリンの投与を受けている患者にとって最もやっかいな合併症である.泌尿器科的腫瘍学者にとって極めて重要となったハイブリッド形成の技術の出現が,移植にも大きな影響を与え,新世代の抗リンパ球抗体の発展をもたらした.すべてのTリンパ球にみられる,T3抗原複合体に向けられた単クローン抗体であるOKT3の,大掛りな臨床成績が得られている.多くの多施設共同研究によると,OKT3の効果は著しく,末梢血か …
  • NAID 110003087428
  • 難治性赤芽球癆に対するシクロスポリン療法
  • 平澤 晃,王 伯銘,伊藤 国明,森尾 聡子,川野 英一郎,橋本 真一郎,青墳 信之,脇田 久,中村 博敏,浅井 隆善,吉田 尚
  • 千葉医学雑誌 68(1), 37-41, 1992-02-01
  • … 副腎皮質ホルモン剤,抗リンパ球抗体等に抵抗性の難治性赤芽球癆(PRCA)6例に,シクロスポリン(CYA)の投与を行った。 …
  • NAID 110006174660
  • ネコの細胞障害性抗リンパ球抗体(Anti-F1)の作製
  • 原 康,江島 博康,青木 重人,多川 政弘,本好 茂一,池本 卯典
  • 日本獣医学雑誌 52(3), 543-549, 1990-06-15
  • … ネコの組織適合性抗原系の解析を目的として, 同種リンパ球免疫血清, 皮膚移植免疫血清中の抗リンパ球抗体の検出を試みた. …
  • NAID 110003918228

関連リンク

細菌感染の研究から免疫反応のメカニズムに迫る 免疫抑制薬は、アザチオプリンやシクロスポリンなどの化学薬品と抗リンパ球抗体などの生物製剤とに、大別 することができる。この2種類の薬がお互いにあい補ってグラフトの生着を ...
頻回に輸血を行った患者では,抗リンパ球抗体により,発熱などの非溶血性輸血副作用や,血小板輸血不応状態(post transfusion refractoriness:PTR)を生じることがある.PTRの約90%はHLAクラスⅠ抗体によるものなので,このような場合 ...

関連画像

抗体を用いた腫瘍細胞死滅の 間接蛍光抗体法による抗核抗体 108回 A問題 58 難易度B5.免疫シナプスICFA(immunocomplex capture fluorescence 抗CD3抗体陽性リンパ球(T細胞


★リンクテーブル★
先読み胸腺細胞
リンク元抗リンパ球血清」「ウマ由来抗ヒト胸腺細胞免疫グロブリン」「抗胸腺細胞グロブリン」「抗リンパ球グロブリン」「antilymphocyte antibody
関連記事リン」「抗体」「」「リンパ」「

胸腺細胞」

  [★]

thymocyte
胸腺リンパ球 thymic lymphocyte
胸腺



抗リンパ球血清」

  [★]

antilymphocyte serum ALS
抗胸腺細胞グロブリンウマ由来抗ヒト胸腺細胞免疫グロブリン抗リンパ球抗体抗リンパ球グロブリン
anti-thymocyte globulinantilymphocyte antibodyantilymphocyte globulinantithymocyte globulinATGAMlymphocytotoxic antibody


ウマ由来抗ヒト胸腺細胞免疫グロブリン」

  [★]

ATGAM
抗胸腺細胞グロブリン抗リンパ球血清抗リンパ球抗体抗リンパ球グロブリン
anti-thymocyte globulin、anti lymphocyte antibody、antilymphocyte globulinantilymphocyte serumantithymocyte globulinlymphocytotoxic antibody


抗胸腺細胞グロブリン」

  [★]

antithymocyte globulin ATGanti-thymocyte globulin
Atgam, Thymoglobulin
抗リンパ球血清ウマ由来抗ヒト胸腺細胞免疫グロブリン抗リンパ球抗体抗リンパ球グロブリンALG


抗リンパ球グロブリン」

  [★]

antilymphocyte globulin ALG
抗胸腺細胞グロブリン ATG抗リンパ球血清ウマ由来抗ヒト胸腺細胞免疫グロブリン抗リンパ球抗体



antilymphocyte antibody」

  [★]

抗リンパ球抗体

anti-thymocyte globulinantilymphocyte globulinantilymphocyte serumantithymocyte globulinATGAMlymphocytotoxic antibody


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






抗体」

  [★]

antibody, Ab
γ-globline、免疫グロブリン
  • 抗原を特異的に認識する糖蛋白質である免疫グロブリンの一種。
  • 血液・リンパ液中で抗原と非結合状態のものを指す
  • 液性免疫に関与




体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー


リンパ」

  [★]

lymph (Z)
lympha
淋巴
リンパ節



抗」

  [★]

anti
アンチ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡