抗ムスカリン作用

出典: meddic

-抗コリン作用


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 老齢ラット膀胱におけるアトロピン抵抗性収縮に対するプロピベリンの効果
  • 山田 晃子,小林 優子,會田 智美 [他],南里 真人,石幡 明,片野由美,ヤマダ アキコ,コバヤシ ユウコ,アイタ トモミ,ナンリ マサト,イシハタ アキラ,カタノ ユミ,Yamada Akiko,Kobayashi Yuko,Aita Tomomi,Nanri Masato,Ishihata Akira,Katano Yumi
  • 山形大学紀要. 医学 : 山形医学 26(2), 53-60, 2008-08-15
  • … また、臨床で頻用されているプロピベリンは抗ムスカリン作用の他にCa2+拮抗作用を有し、下部尿路症状のある高齢者に対しても効果をもたらす薬剤として期待されている。 …
  • NAID 110007116848
  • 麻酔下イヌでのアセチルコリンによる膀胱収縮に対するオキシブチニンの代謝物である 4-ethylamino-2-butynyl(2-cyclohexyl-2-phenyl)glycolate (DEOB) の作用
  • 内田 勝幸,中島 学,小金井 恵 [他],山地 健人
  • 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA 123(5), 363-371, 2004-05-01
  • … 移動させるのに必要なDEOBおよびオキシブチニンの用量はそれぞれ6.4 µg/kg(95%信頼区間1.7~12.8 µg/kg)および13.9 µg/kg(6.3~24.5 µg/kg)であった.以上のことからDEOBはオキシブチニンと同様に麻酔下イヌの膀胱においても抗ムスカリン作用を示し,その作用はオキシブチニンとほぼ同等もしくはやや強いと推察された.また,DEOBはオキシブチニンの治療効果に重要な役割を果たしていると考えられた. …
  • NAID 10013601826

関連リンク

薬理学でよく見かける「抗コリン作用」というのは、副交感神経末端に対する作用だけを 指しています。本当は抗ムスカリン作用というのが正しいのです。なぜなら抗コリン作用 というなら交感神経の節前線維や運動神経をも遮断することになるからです。( ムスカリン ...
A アトロピン代用薬 ベラドンナアルカロイドは強力な抗ムスカリン作用を示すが、持続 が長く、かつ選択性がないため副作用等の面から改良されたアトロピン代用薬が合成 された。 (1) 散瞳代用薬 アトロピンの散瞳作用は持続的で正常に戻るまでに長時間を ...

関連画像

膀胱機能に関するムスカリン 抗 コリン 薬 です 抗 コリン  作用機序:抗コリン薬による過は3つのムスカリン 武田薬品工業株式会社 医療 ムスカリン受容体の分布と抗


★リンクテーブル★
リンク元抗コリン作用
関連記事リン」「ムスカリン」「作用」「

抗コリン作用」

  [★]

anticholinergic, anticholinergic action
抗コリン抗コリン作用薬抗コリン薬抗コリン性抗ムスカリン作用


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





ムスカリン」

  [★]

muscarine
ムスカリン性受容体アセチルコリン受容体ニコチン性受容体


  • 四級ammonium alkaloid
  • 毒キノコ(ベニテングダケ、キテンングダケ、アセダケ)に含まれるアルカロイド
  • アトロピンで完全に拮抗できる (SPC.156)

作用機序

薬理作用

ニコチン受容体には結合しない

動態

適応

中毒症状

  • 流涙、流涎、尿量増加、下痢、消化管蠕動亢進、嘔吐、発汗、縮瞳

注意

禁忌

副作用

作用」

  [★]

actioneffectact
影響行為、効果、行動効力作動措置働く効能条例

抗」

  [★]

anti
アンチ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡