抗コリン作用

出典: meddic

anticholinergic, anticholinergic action
抗コリン抗コリン作用薬抗コリン薬抗コリン性抗ムスカリン作用


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/06/11 22:55:39」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 排尿困難・尿閉をきたす薬剤 (特集 薬剤投与と泌尿器科的副作用 : 泌尿器科医の必須知識)
  • 症例報告 イミプラミンによる尿閉の1例

関連リンク

抗コリン作用(こうコリンさよう)とは、抗精神病薬、抗うつ薬などの服用に伴う副作用 として見られるもので、便秘や口の渇きなどの症状がある。 [編集] 概要. 脳神経には、 神経細胞同士のシナプスと呼ばれる継ぎ目があり、前部・後部に分かれており、前部 から ...
知人の病気(緑内障)のことで調べていて、「抗コリン作用」というのを知り、それについて もっと詳しく知りたいと思ってい ... ヒトの体は「交感神経」と「副交感神経」という2つの 神経によって支配されているのですネ。 交感神経は「昼の神経」副交感 ...

関連画像

剤(Nifedipine)及び抗コリン  作用機序:抗コリン薬による過抗コリン薬の作用機序抗 コリン 薬 です 抗 コリン ペリアクチン抗コリン作用抗コリン作用による


★リンクテーブル★
先読み抗コリン薬」「anticholinergic
リンク元抗コリン性
関連記事リン」「コリン」「作用」「抗コリン」「

抗コリン薬」

  [★]

anticholinergics, anticholinergic, anticholinergic agent, anticholinergic drug, cholinolytic, cholinolytic drug, cholinergic antagonist
抗コリン剤抗コリン作用薬コリン作用遮断薬 cholinergic blocking agent
ムスカリン性受容体拮抗薬 muscarinic antagonist


  • 副交感神経ムスカリン受容体拮抗薬であり、副交感神経作用を抑制する。

抗コリン薬の主な作用

(YN2010 抗コリン薬(神経精神))
  • 1. 散瞳作用:眼底検査や虹彩炎治療など
  • 2. 膀胱利尿筋弛緩作用:尿路結石症鎮痙
  • 3. 腺分泌抑制作用:麻酔前投与
  • 4. 胃酸分泌抑制作用:抗胃潰瘍
  • 5. 消化管運動抑制作用
  • 6. 抗Parkinson作用
  • 7. 抗迷走神経作用:徐脈性不整脈の治療
  • 8. 農薬解毒作用:有機リン剤、カーバメート剤の解毒

therapeutic uses of muscarinic receptor antagonists

GOO.195
  • 呼吸器:気道分泌抑制。(アトロピンは気道分泌を抑制し、分泌物が乾固しうるが、イプラトロピウム、チオトロピウムはmucociliary clearanceにおける副作用を呈しないので、気道疾患に用いられている)
  • 泌尿器:過活動性膀胱、夜尿症、対麻痺における頻尿
  • 消化器:抗潰瘍薬(M1受容体選択性のある薬剤。ピレンゼピンテレンゼピン)。鎮痙薬



anticholinergic」

  [★]

  • adj.
  • 抗コリンの、抗コリン作用の、抗コリン性の
  • n.
anticholinergic agentanticholinergic druganticholinergicscholinergic antagonistcholinolyticcholinolytic drugmuscarinic antagonist

WordNet   license wordnet

「a substance that opposes or blocks the action of acetylcholine」
anticholinergic drug

WordNet   license wordnet

「inhibiting or blocking the action of acetylcholine at a receptor site; "anticholinergic drugs"」


抗コリン性」

  [★]

anticholinergic
抗コリン抗コリン作用薬抗コリン薬抗コリン作用

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





コリン」

  [★]

choline
塩化コリン
アセチルコリン


choline + acetylCoA → acetylcholine + CoA


作用」

  [★]

actioneffectact
影響行為、効果、行動効力作動措置働く効能条例

抗コリン」

  [★]

抗コリン作用薬抗コリン薬抗コリン性抗コリン作用

抗」

  [★]

anti
アンチ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡