技術

出典: meddic

  • n.


技術上技術的技法熟練術式テクニックスキル技能手法

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/12/22 21:35:10」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • JTreeを使用した医療用医薬品表示システムの試作
  • 大濱 秀彦/豊田 修一
  • 上武大学看護学部紀要 7(1), PAGE 27-34, 2012-12-28
  • … 一方、ITサービスにおいては、利用しやすいユーザインターフェイスの実現が重要になってくるため、情報視覚化技術が注目されている。 … そこで、本研究では、医療用医薬品の一覧を分かり易く表示するために、シュナイダーマンの情報視覚化のマントラやfocus+context技術を適用することを試みた。 …
  • NAID 110008802968
  • ガイドクラスタリングとネットワーク分割法を用いた土壌メタゲノムからの新規キシロース代謝酵素の探索
  • 根本 賢作,HarryAMoesa ,千葉 啓和,竹山 春子,藤渕 航
  • 情報処理学会研究報告. BIO, バイオ情報学 2012-BIO-28(11), 1-7, 2012-03-21
  • メタゲノム解析は難培養性微生物の遺伝子の収集を可能にしたが遺伝子が由来するゲノムを判別することは難しい.我々はこの問題を解決するためにクラスター解析とネットワーク分割アルゴリズムを併用した判別手法を開発した.難培養性微生物に由来する糖代謝遺伝子xylAはバイオエタノールの生産効率に寄与している.本手法を適用して土壌メタゲノムからxylA遺伝子が由来するゲノムを推定した.今学会でその成果を報告する.
  • NAID 110008803116

関連リンク

ナビゲート ビジネス基本用語集 技術の用語解説 - 技術とは、各分野で目的を達成するための技能、手順(技法)、道具および知識の体系のことをいう。技能が主に個人に帰属するのに対し、技術は人に限らず、組織や社会に ...
独立行政法人産業技術総合研究所(産総研)は、産業技術の幅広い分野におけるさまざまな技術開発を総合的に行っている、日本最大級の研究機関です。

関連画像

 と金属の接合技術(射出成形 技術處科技專案可移轉技術17筆Willy's Cave Dwelling Notes #10 Managed Technology Firm Insurance技術科向けイラスト」画面ものづくり技術者の交流の場を

添付文書

薬効分類名

  • ウイルスワクチン類

販売名

ビームゲン (0.25mL)

組成

製法の概要

  • 本剤は、組換えDNA技術を応用して、酵母により産生されたHBs抗原を含む液にアルミニウム塩を加えてHBs抗原を不溶性とした液剤である。

組成

  • 本剤は、1バイアル(0.25mL製剤)中に次の成分を含有する。

有効成分

  • HBs抗原(B型肝炎ウイルス表面抗原):5μg

添加物

  • 水酸化アルミニウム:0.125mg以下
    ホルマリン(ホルムアルデヒド換算):0.01w/v%以下
    チメロサール:0.0025mg
    塩化ナトリウム:2.125mg
    リン酸水素ナトリウム水和物:0.645mg
    リン酸二水素ナトリウム:0.11mg

禁忌

(予防接種を受けることが適当でない者)

  • 被接種者が次のいずれかに該当すると認められる場合には、接種を行ってはならない。
  • 明らかな発熱を呈している者
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者
  • 本剤の成分によってアナフィラキシーを呈したことがあることが明らかな者
  • 上記に掲げる者のほか、予防接種を行うことが不適当な状態にある者


効能または効果

  • 1.B型肝炎の予防
  • 通常、0.5mLずつを4週間隔で2回、更に、20〜24週を経過した後に1回0.5mLを皮下又は筋肉内に注射する。ただし、10歳未満の者には、0.25mLずつを同様の投与間隔で皮下に注射する。
    ただし、能動的HBs抗体が獲得されていない場合には追加注射する。
  • 2.B型肝炎ウイルス母子感染の予防(抗HBs人免疫グロブリンとの併用)
  • 通常、0.25mLを1回、生後2〜3箇月に皮下に注射する。更に、0.25mLずつを初回注射の1箇月後及び3箇月後の2回、同様の用法で注射する。
    ただし、能動的HBs抗体が獲得されていない場合には追加注射する。
  • 3.HBs抗原陽性でかつHBe抗原陽性の血液による汚染事故後のB型肝炎発症予防(抗HBs人免疫グロブリンとの併用)
  • 通常、0.5mLを1回、事故発生後7日以内に皮下又は筋肉内に注射する。更に0.5mLずつを初回注射の1箇月後及び3〜6箇月後の2回、同様の用法で注射する。なお、10歳未満の者には、0.25mLずつを同様の投与間隔で皮下に注射する。
    ただし、能動的HBs抗体が獲得されていない場合には追加注射する。

一般的注意

  • B型肝炎ウイルス母子感染の予防及びHBs抗原陽性でかつHBe抗原陽性の血液による汚染事故後のB型肝炎発症予防には、抗HBs人免疫グロブリンを併用すること。
  • 本剤の3回目接種1〜2箇月後1)2)を目途に抗体検査を行い、HBs抗体が獲得されていない被接種者には追加接種を考慮すること。

他のワクチン製剤との接種間隔

  • 生ワクチンの接種を受けた者は、通常、27日以上、また、他の不活化ワクチンの接種を受けた者は、通常、6日以上間隔を置いて本剤を接種すること。

慎重投与

(接種の判断を行うに際し、注意を要する者)

  •  被接種者が次のいずれかに該当すると認められる場合は、健康状態及び体質を勘案し、診察及び接種適否の判断を慎重に行い、予防接種の必要性、副反応、有用性について十分な説明を行い、同意を確実に得た上で、注意して接種すること。
  • 心臓血管系疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患、発育障害等の基礎疾患を有する者
  • 予防接種で接種後2日以内に発熱のみられた者及び全身性発疹等のアレルギーを疑う症状を呈したことがある者
  • 過去にけいれんの既往のある者
  • 過去に免疫不全の診断がなされている者及び近親者に先天性免疫不全症の者がいる者
  • 本剤の成分に対してアレルギーを呈するおそれのある者
  • 妊娠又は妊娠している可能性のある婦人(「妊婦、産婦、授乳婦等への接種」の項参照)


重大な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状(頻度不明)

  • ショック、アナフィラキシー様症状(血圧低下、呼吸困難、顔面蒼白等)があらわれることがあるので、接種後は観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。

多発性硬化症、急性散在性脳脊髄炎、ギラン・バレー症候群(いずれも頻度不明)

  • 症状があらわれた場合には適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  •  感染により血中に入ったB型肝炎ウイルスは、肝細胞に取り込まれ増殖するが、あらかじめB型肝炎ワクチンを接種して能動免疫が獲得されていると、血中に迷入したB型肝炎ウイルスは肝細胞に取り込まれる以前に血流中で中和され、肝炎の発症が防御される。
     B型肝炎ワクチンのチンパンジーを用いた抗体産生試験及びB型肝炎ウイルス感染防御試験においても、対象となったすべてのチンパンジーにHBs抗体の産生が認められ、十分な防御効果があることが報告されている6)


★リンクテーブル★
先読みtechnical
リンク元skill」「technique」「熟練」「手法」「technic
拡張検索組換えDNA技術」「組織培養技術
関連記事

technical」

  [★]

  • adj.
  • 技術的な、技術上の、技術の
skilltechnictechnicallytechniquetechnologic

WordNet   license wordnet

「resulting from or dependent on market factors rather than fundamental economic considerations; "analysts content that the stock market is due for a technical rally"; "the fall is only a technical correction"」

WordNet   license wordnet

「a pickup truck with a gun mounted on it」

WordNet   license wordnet

「of or relating to or requiring special knowledge to be understood; "technical terminology"; "a technical report"; "technical language"」
expert

WordNet   license wordnet

「of or relating to technique or proficiency in a practical skill; "his technical innovation was his brushwork"; "the technical dazzle of her dancing"」
proficient

WordNet   license wordnet

「of or relating to a practical subject that is organized according to scientific principles; "technical college"; "technological development"」
technological

WordNet   license wordnet

「characterizing or showing skill in or specialized knowledge of applied arts and sciences; "a technical problem"; "highly technical matters hardly suitable for the general public"; "a technical report"; "producing the A-bomb was a challenge to the technical people of this country"; "technical training"; "technical language"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『専門の』,専門的な / 『工業の』,工芸の / 技術の,技術上の」


skill」

  [★]

  • n.
experiencepracticedproficiencyproficientskilledskillfultechnictechnicaltechnique

WordNet   license wordnet

「an ability that has been acquired by training」
accomplishment, acquirement, acquisition, attainment

WordNet   license wordnet

「ability to produce solutions in some problem domain; "the skill of a well-trained boxer"; "the sweet science of pugilism"」
science

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉(…の)『熟練』,技量,腕《+『in』+『名』(do『ing』)》 / 〈C〉『特殊技術』,特殊技能」

technique」

  [★]

  • n.
methodskilltechnictechnical

WordNet   license wordnet

「a practical method or art applied to some particular task」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉(科学・芸術などの)『技巧』,技術 / 〈C〉(技術・技巧を示す)『手法』,表現方法;腕前」


熟練」

  [★]

skillexperienceproficiencyskilledproficientpracticedskillful
技術経験熟達スキル技能巧妙


手法」

  [★]

技術技法術式測定法測定方法テクニック方法方式


technic」

  [★]

  • n.
  • 技術
skilltechnicaltechnique

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「=technique」

組換えDNA技術」

  [★]

[[]]
recombinant DNA technique
[[]]


recombinant DNA technique


組織培養技術」

  [★]

tissue culture technique
組織・養、組織・養法


術」

  [★]

surgery
外科外科学手術外科術外科手術




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡