手掌

出典: meddic

palm
palma
手背



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 水疱性類天疱瘡を発症した血液透析患者の1例
  • 原発性手掌多汗症に対する長期50%塩化アルミニウム外用剤使用の効果と副作用の検討
  • Journal of environmental dermatology and cutaneous allergology = 日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会雑誌 9(4), 238-242, 2015-10
  • NAID 40020643348
  • 症例報告 手掌に生じたmyopericytoma with the features of angioleiomyomaの1例

関連リンク

手掌多汗症とは、手のひらや足の裏に異常に汗をかく状態をいいます。「手に汗 ... しかし、手掌多汗症の人は緊張しなくても常に手に汗をかいてしまいます。 ... 手掌多汗 症に気づいたり、手掌多汗症が気になりだしたりするのは小学生くらいからが多いよう です。
多汗症(手掌多汗症、手汗)とは、日常生活上いろいろな障害をもたらすほど手のひらに 発汗する治療が可能な病気です。当院では、内視鏡外科の第一人者である黒川副院長 が手掌多汗症の内視鏡手術を行っています。

関連画像

手掌手掌大图 点击还原手掌大图 点击还原手掌手掌大图 点击还原彩色涂料手掌双手


★リンクテーブル★
先読み手背
国試過去問106H022」「104G047」「099D038」「100E014
リンク元正中神経」「橈骨神経」「palm」「皮膚支帯」「足蹠
拡張検索手掌把握反射

手背」

  [★]

dorsal surface of the hand, dorsum manus, dorsum of the hand


106H022」

  [★]

  • 69歳の男性。腹部膨満感全身倦怠感とを主訴に来院した。 1か月前から腹部の膨満感と全身倦怠感とを、 2週前から下腿がむくんでいることを自覚していた。3日前から全身倦怠感が著明となったため受診した。会社の健康診断で肝障害を指摘されていたが、自覚症状がなかったため医療機関を受診しなかった。 60歳で退職後、血液検査を受けていない。 15歳時の交通事故で輸血を受けたことがある。身長165cm、体重67kg。体温36.8℃。脈拍76/分、整。血圧140/92mmHg。手掌に発赤を認める。胸部聴診で異常を認めない。腹部は膨隆している。圧痛や抵抗はない。肝を触知しない。左肋骨弓下に脾を2cm触知する。腫瘤を触れない。打診では体位変換で濁音境界が移動する。下腿に浮腫を認める。血液所見:赤血球304万、 Hb9.8g/dL、 Ht35%、白血球2,900、血小板7.0万。血液生化学所見:総蛋白6.0g/dL、アルブミン2.5g/dL、尿素窒素21mg/dL、クレアチニン1.0mg/dL、総ビリルビン2.1 mg/dL、 AST55IU/L、 ALT40IU/L。
  • この患者の重症度を判断するために重要性が低いのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106H021]←[国試_106]→[106H023

104G047」

  [★]

  • a 「兄弟の染色体検査が必要です」
  • b 「両親の染色体検査が必要です」
  • c 「次の子が同じ病気になる確率は約25 %です」
  • d 「次の子が男児なら同じ病気になる確率は約50%です」
  • e 「次の子が同じ病気になる確率は性別に関連しません」



[正答]


※国試ナビ4※ 104G046]←[国試_104]→[104G048

099D038」

  [★]

  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 099D037]←[国試_099]→[099D039

100E014」

  [★]

  • チアノーゼを判定する部位で最も適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100E013]←[国試_100]→[100E015

正中神経」

  [★]

median nerve (B)
nervus medianus
筋皮神経橈骨神経尺骨神経腕神経叢




筋:前腕の屈筋・回内筋、母指球筋、2,3指の虫様筋
皮:掌側は3.5指だが背側は指先のみ

  • 図:N.456,458(上腕前腕手掌の走行の概略)

由来

支配

走行 (KL.127 N.429-431)

枝 (正中神経の枝)

臨床関連


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



橈骨神経」

  [★]

radial nerve
nervus radialis
筋皮神経正中神経尺骨神経腋窩神経腕神経叢




筋:上腕・前腕の伸筋、回外筋
皮:手の背側で橈側2.5指

  • 腕神経叢最大の枝(上腕、前腕、手に枝を出すから)
  • 図:N.456,460,461(上腕前腕手掌の走行の概略)

由来

支配

  • 上腕の筋枝(後区域の伸筋)
  • 前腕の伸筋(後区域の伸筋) ←(Red,b){注意};:後骨間神経として
  • 上腕の皮枝 (N.461)
  • 手の皮枝
  • 橈骨神経浅枝・背側指神経:手掌の背側で第4指半分から外側へ第1指まで

走行 (KL.131)

臨床関連



palm」

  [★]

手掌

palmarpalmaris

WordNet   license wordnet

「any plant of the family Palmae having an unbranched trunk crowned by large pinnate or palmate leaves」
palm tree

WordNet   license wordnet

「a linear unit based on the length or width of the human hand」

WordNet   license wordnet

「the inner surface of the hand from the wrist to the base of the fingers」
thenar

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(人動物の)『手のひら』;(手袋の)手のひらの部分 / パーム(手のひらの幅を基準にした長さ;8‐10`) / …‘を'手で殖れる,手の中に隠す」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(また『palm tree』)ヤシ,シュロ(ヤシ科の植物) / (昔勝利・成功などの印として用いた)シュロの葉(枝)」

皮膚支帯」

  [★]

skin ligament (M)

-真皮の深層面を下層の深筋膜につなぎ、深筋膜に対する真皮より上層の構造に柔軟性を与える (M)

  • 手掌足底に顕著に見られた。
  • 皮膚支帯は手掌足底で皮膚がずれないようにするために発達している (KH.61)

足蹠」

  [★]

そくせき
footpad
手掌
  • 足の裏


手掌把握反射」

  [★]

足底把握反射
  • 4-6ヶ月で消失




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡