房状血管腫

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

房状に発育するものを呼ぶが、粘膜上皮に接するように腫瘍細胞が層 (cambium layer) を形成するのが特徴で、定義上、粘膜上皮直下に発生するものに限られ る。他の組織型に多形型があるが、専ら、成人の四肢深部に発生するので、本 ...
群は房状血管腫とカポジ肉腫様血管内皮腫で起こる。 日本人のこどもでは約0.8%に発生する。白人では 10%! 生まれた時には通常認められません。生後暫くして、 赤い部分が認められ、その後増大します。暫く増大 を続けたあと、勝手に ...
房状血管腫(tufted angioma) p.404 後天性 (acquired) 老人性血管腫(cherry angioma) p.402 糸球体様血管腫(glomeruloid hemangioma) p.403 POEMS症候群(POEMS syndrome) p.403 紡錘細胞血管内皮腫(spindle ...

関連画像

顔面の巨大乳児血管腫(a hemangioma


★リンクテーブル★
関連記事血管」「血管腫」「

血管」

  [★]

blood vessel, blood vessels
  • 図:M.28

構造

  • 内皮細胞(単層扁平上皮細胞)
  • 基底板
  • 内皮下結合組織(内皮下層 subendothelial layer):疎性結合組織、縦走平滑筋
  • 内弾性板
  • 結合組織に移行

動脈 内膜 中膜 外膜
弾性血管 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
不完全な内弾性板
40-70層の有窓性弾性板
弾性板の間に存在する平滑筋細胞
薄い弾性板
外半分には脈管栄養細胞が分布
線維・弾性結合組織
脈管栄養血管
リンパ管
神経細胞
筋性動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
厚い内弾性板
40層に及ぶ平滑筋細胞層
厚い外弾性板
薄い線維・弾性結合組織
脈管栄養血管は著明でない
リンパ管
神経線維
細動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層:目立たない
内弾性板はなく、弾性線維がある
1-2層の平滑筋細胞 疎性結合組織
神経線維

分類



血管腫」

  [★]

angioma, hemangioma
アンジオーマアンギオーマ


表在性の脈管系腫瘍(皮膚所見が見られるもの) NDE.369

  • [脈管系腫瘍]]

参考


腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡