成熟卵胞

出典: meddic

グラーフ卵胞

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/12/12 20:02:06」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 牛における適期授精のための退行黄体と成熟卵胞および排卵の確認
  • ウサギ発育途上卵母細胞の体外発育培養後の発生能力に関する検討
  • 宮本 有希,是兼 真子,杉本 浩伸 [他]
  • 近畿大学先端技術総合研究所紀要 (14), 31-38, 2009-03
  • … そこで本実験では、ウサギ未成熟卵胞のIVGにおける培養条件の検討をおこない、ウサギ発育途上卵母細胞のIVG後の発生能力に関する検討をおこなった。 …
  • NAID 120002188068
  • 患者自身の血清あるいはドナー卵胞液を添加した培養液で体外成熟を行ったヒト未成熟卵胞卵子の体外受精後の発育能
  • 金谷 裕之,福田 愛作,橋本 周,細井 美彦,森本 義晴
  • Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌 25(3), 163-166, 2008-10-01
  • NAID 10024486643

関連リンク

成熟卵胞で見られる卵胞顆粒細胞層(sgr)と卵胞膜細胞層(ti、tf)です。卵胞膜細胞は内卵胞膜細胞(ti)と外卵胞膜細胞(tf)に分かれています。外卵胞膜細胞の外側は卵巣支質で線維芽細胞の多い結合組織(str)です。 sgr ti tf ti ...
世界大百科事典 第2版 成熟卵胞の用語解説 - ... ... 成熟卵胞 Tweet 世界大百科事典内の成熟卵胞の言及 【卵巣】より …この細胞から女性ホルモンであるエストロゲンが分泌されるが,これは子宮内膜を増殖させるほか,二次性徴を ...
(従って排卵直前の卵胞である成熟卵胞から卵子を採ることが通常の体外受精では 必要になります。小さな卵胞から卵子を採っても未熟な卵子ですから、受精できず妊娠には至りません。) 卵胞の成熟によって卵子の 原始卵胞、一次 卵胞 ...

関連画像

ここはフレームの一部ですので 原始卵胞とは、卵巣の中にある 西山産婦人科不妊治療センター 下の図は成熟卵胞を拡大した 体内の生理的変化と月経 卵胞の発育と卵子について理解


★リンクテーブル★
国試過去問102B033
リンク元グラーフ卵胞
関連記事卵胞」「成熟

102B033」

  [★]

  • 正しいのはどれか。
[正答]
※国試ナビ4※ 102B032]←[国試_102]→[102B034

グラーフ卵胞」

  [★]

Graafian follicle, graafian follicle
Graaf卵胞成熟卵胞三次卵胞 folliculus ovaricus tertiarius
卵胞濾胞細胞


  • 月経周期1-14日の間に卵胞発育が起こり(成長速度は1-2mm/day(QB.Q-15))、約2mmの卵胞は排卵時には20mm以上に増大する。(NGY.27)
  • 5mm以上でエコーで描出される(QB.Q-15)


卵胞」

  [★]

follicle (Z), ovarian follicle
folliculus ovaricus, folliculus ovarii
卵巣濾胞


卵胞の発育

  • 最初、原始卵胞はFSHに依存せずに生育していき、顆粒膜細胞層が3層になった頃(一次卵胞)にFSH受容体を発現し、FSH依存性に生育していく。
  • 月経周期の初期には下垂体からのFSH分泌が増加して(月経周期参照)、ゴナドトロピン刺激とは無関係に発育してきた卵胞をさらに刺激してグラーフ卵胞へと発達させる。FSHによる刺激がない場合には卵胞は変性し閉鎖卵胞となる。(NGY.26)
  • (ゴナドトロピンの刺激を受けた?)卵胞は1-2mm/dayの割合で大きくなり、5mmで超音波エコーにて描出される。
  • 排卵前には約20mmとなる。


成熟」

  [★]

maturation
発達





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール
  • is ga ar it id cy uk et nl el hr sv es sk sl sw sr th cs da de tr no hu fi fr bg vi iw be fa pl pt mk lv lt ro ru en ko cn ja


  meddic.jp

リンク
連絡