感覚神経

出典: meddic

sensory nerve
知覚神経



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/05/12 15:03:19」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 論究 腰椎椎間孔部狭窄症診断における浅腓骨神経感覚神経活動電位(SPN-SNAP)の有用性と注意点
  • 岩? 博,吉田 宗人,山田 宏 [他]
  • 整形・災害外科 55(8), 1021-1025, 2012-07
  • NAID 40019373735
  • 単一機械感覚神経細胞の中枢における特徴的な軸索投射様式

関連リンク

感覚神経(かんかくしんけい)とは、体や内臓の感覚の動きを送信するために信号を 伝える神経の総称である。頭部では脳神経、体部では脊髄神経として、受容体から離れて 中枢に向かうので、求心性神経、知覚を感じ取るので知覚神経という名称でも呼ばれる。 ...

関連画像

感覚障害によるものは、一般に 15: 刺激に応答するために 教材イラスト図版工房/商品 感覚神経・運動神経・分泌神経 science 刺激に対する反応・反射 11: 感覚神経(求心性


★リンクテーブル★
リンク元僧帽筋」「神経伝導速度」「知覚神経」「知覚終末
拡張検索感覚神経節」「一次感覚神経」「感覚神経伝導検査」「感覚神経伝導速度
関連記事神経」「感覚

僧帽筋」

  [★]

trapezius muscle (M,N), trapezius (KL)
musculus trapezius
上肢帯の筋背部筋群頸部筋群



神経

部位 起始 停止 支配神経 機能
上部 後頭骨、項靱帯 鎖骨(外側1/3) 副神経頚神経叢 肩甲骨の後退、挙上、上方回旋
中部 T1-T6(棘突起)、棘状靱帯 肩甲骨(肩峰肩甲棘) 肩甲骨の後退
下部 T7-T12(棘突起)、棘状靱帯 肩甲骨(肩甲棘) 肩甲骨の後退、下制、下方回旋

機能

上部

肩をすくめる

中部

気をつけの姿勢で肩を後方に引く

下部

上腕を水平位より上方に挙上(KL.78) ← 僧帽筋上部+僧帽筋下部+前鋸筋下部



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


神経伝導速度」

  [★]

nerve conduction velocity NCV
神経



分類

神経伝導速度に影響を与える要素 (LAB.1686)

  • 年齢
  • 新生児:成人の1/2
  • 5歳児:成人の値に近づく
  • 40歳以降:低下。低下の量は80歳で10%以下
  • 皮膚温
  • 1℃低下するにつき2m/sec遅くなる

基準範囲

HBN.493
  m/s
運動神経 正中神経 48~60
尺骨神経 50~68
総腓骨神経 46~58
後脛骨神経 41~58
感覚神経 正中神経 前腕 55~74
45~68
尺骨神経 前腕 54~74
46~60
腓腹神経 40~49

臨床関連

知覚神経」

  [★]

sensory neuronsensory nerve
感覚神経感覚ニューロン


知覚終末」

  [★]

sensory endings
知覚神経感覚神経

感覚神経節」

  [★]

sensory ganglion
ganglia seusoria
知覚神経節知覚性神経節
神経節求心性末梢神経内臓感覚神経



一次感覚神経」

  [★]

primary sensory neuronprimary sensory nerve
一次知覚神経


感覚神経伝導検査」

  [★]

sensory nerve conduction study
感覚神経伝導速度


感覚神経伝導速度」

  [★]

sensory nerve conduction velocity(SNCV)


神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


感覚」

  [★]

sensation, esthesia, sense





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡