必須脂肪酸欠乏症

出典: meddic

essential fatty acid deficiency
必須脂肪酸欠乏


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 先天性胆道閉鎖症患児の血清ならびに赤血球膜脂質の検討 : 第1報
  • 黒岩 実,長嶋 起久雄,池田 均,高橋 篤,鈴木 則夫,松山 四郎,長町 幸雄
  • 日本小児外科学会雑誌 30(5), 871-877, 1994-08-20
  • … 脂質吸収代謝障害を有する先天性胆道閉鎖症患児(CBA)では,機能的,構造的に重要な膜脂質に異常を生ずる可能性がある.本研究では生体膜モデルとして CBA の赤血球膜脂質を調べ,同時に必須脂肪酸欠乏症(EFAD)を含めた血清脂質異常について検討し,以下の結果を得た.1 血清:1)血清脂質; …
  • NAID 110002105934
  • 47.CBA における必須脂肪酸欠乏症の治療法(アラキドン酸値の改善についての検討)(第14回胆道閉鎖症研究会)
  • 森岡 新,清水 俊明,山城 雄一郎,宮野 武,早沢 宏紀
  • 日本小児外科学会雑誌 24(7), 1570, 1988-12-20
  • NAID 110002100790

関連リンク

統計によれば、現代人の多くの人々が、必須脂肪酸不足になっていて、その中で 何らかの病状を持っている人は、必須脂肪酸の不足により発病している可能性がある。 必須脂肪酸の不足からくる症状は、非常に広範囲で軽傷から重傷まで幅が広い。 例えば、 ...
必須脂肪酸(EFA)欠乏症はまれであり,EFA欠乏食を与えられた乳児で最もしばしば 発症する。徴候としては,鱗屑状皮膚炎,脱毛,血小板減少のほか,小児に発育遅延が みられる。診断は臨床的に行う。食事によるEFAの補給により,欠乏症は一変する。

関連画像

脂肪酸成分図また、細胞膜を構成する脂肪酸 血液中脂肪酸分画測定


★リンクテーブル★
リンク元腸性肢端皮膚炎」「必須脂肪酸欠乏
関連記事脂肪酸」「脂肪」「必須」「酸欠」「必須脂肪酸

腸性肢端皮膚炎」

  [★]

enteropathic acrodermatitis syndrome
acrodermatitis enteropathica
腸性先端皮膚炎ダンボルト・クロス症候群 Danbolt-Closs syndrome
亜鉛欠乏症

病因

  • 長期の経中心静脈栄養
  • 消化管切除
  • 重症の下痢・嘔吐
  • ペニシラミン内服
  • (乳児のみ)亜鉛欠乏の母からの哺乳

症候

  • 皮膚症状 :
  • 部位:刺激が加わりやすい部位:開口部(口囲、眼囲、鼻孔、肛囲など)、四肢末端、外陰部
  • 皮疹:丘疹、小水疱、膿疱を伴う紅斑 → びらん、痂皮。輪状鱗屑
  • 毛髪症状 :脱毛。ほぼ必発。頭髪眉毛睫毛
  • 消化管症状:下痢
  • 粘膜症状:口内炎、舌炎、結膜炎

腸性肢端皮膚炎の3D

  • 皮膚炎 dermatitis
  • 下痢 diarrhea
  • 脱毛 datsumou  ←  ペラグラの3Dを改変

診断

  • 症状、血清亜鉛濃度で診断

鑑別診断


必須脂肪酸欠乏」

  [★]

essential fatty acid deficiency
必須脂肪酸欠乏症


脂肪酸」

  [★]

fatty acid, fatty acids
脂酸



  • 長鎖の酸素鎖を持つカルボン酸

脂肪酸の酸化 FB.383-389

  • 脂肪酸の活性化@細胞質
  • アシルCoAはミトコンドリア内膜を通過できないので、カルニチンにアシル基を転移してもらい、ミトコンドリア内膜でアシルCoAに戻される。
  • 不飽和脂肪酸の酸化
  • β酸化(偶数炭素脂肪酸(C-C2n-CO-ScoA)@ミトコンドリア
  • 奇数炭素脂肪酸(C2n-CO-ScoA))@ミトコンドリア
  • β酸化@ペルオキシソーム:鎖長C22以上の長い脂肪酸は拡散でペルオキシソームに移動して酸化される。
  炭素数 不飽和結合   融点
ラミバス
ラウリン酸 12 0 C12飽和脂肪酸 44.2
ミリスチン酸 14 0 C14飽和脂肪酸 53.9
パルミチン酸 16 0 C16飽和脂肪酸  
ステアリン酸 18 0 C18飽和脂肪酸  
バスオリレン
パルミチン酸 16 0   63.1
ステアリン酸 18 0   69.6
オレイン酸 18 1 n-9 動物油 14.0
リノール酸 18 2 n-6 植物油 -5.0
α-リノレン酸 18 3 n-3 シソ油 -11.3
 
パルミトレイン酸 16 1   0.5
アラキドン酸 20 4     -49.5
  • 脂肪酸の融点:炭素鎖が長い方が分子間の相互作用が多く、強固に配列できる。不飽和結合が少なければ立体的に障害が少なく強固に配列できる → 炭素数が長く、飽和度が低いほど融点が高い。0

参考

  • Wikipedia - 脂肪酸


脂肪」

  [★]

fat
トリアシルグリセロール脂肪酸



必須」

  [★]

基本的義務義務的重要必要不可避本質的本態性必要条件必要不可欠

酸欠」

  [★]

oxygen deficiencyanoxia
アノキシア嫌気条件酸素欠乏低酸素、低酸素血、無酸素無酸素血症無酸素症酸素不足酸素欠乏症


必須脂肪酸」

  [★]

essential fatty acid
必要脂肪酸不可欠脂肪酸ビタミンF vitamin F V. F
脂肪酸





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡