心筋トロポニンT

出典: meddic

cardiac troponin TcTnT


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 心筋トロポニンTによる潜在性心筋傷害の検出 (第5土曜特集 心不全--研究と臨床の最前線) -- (心不全の診断 バイオマーカー)
  • 心筋トロポニンT測定機器 cobas h 232の基礎的検討
  • 出口 雅昭,松尾 英樹,南本 靖彦,黒川 和男,辻本 正彦
  • 医学検査 : 日本臨床衛生検査技師会誌 = The Japanese journal of medical technology 58(3), 257-261, 2009-03-25
  • NAID 10026333064

関連リンク

トロポニンTは,横紋筋の薄いフィラメント上でトロポニンI,Cとともにトロポニン複合体を形成し,筋収縮の調節に関与している分子量39,000の蛋白である。平滑筋には存在せず,しかも構造が心筋と骨格筋とで異なるため,両者を明確に識別 ...
血液検査で心筋トロポニンTを調べよう。心筋トロポニンTは急性心筋梗塞、狭心症、心筋炎、心臓手術など心筋障害を疑われたときに検査します。 ... 基準値は検査方法や測定方法、測定機器、用いる試薬、単位などにより値が ...

関連画像

の分子 ヒト心筋トロポニン 心筋収縮調節蛋白質トロポニン 全血で心筋トロポニンTを迅速 全血心筋トロポニンT検出用  トロポニン t トロポニン i 軽度急性心筋梗塞の早期診断に


★リンクテーブル★
先読みcTnT」「cardiac troponin T
国試過去問108I076
関連記事心筋」「トロポニン」「T」「Ted」「トロポニンT

cTnT」

  [★]

  • 心筋トロ・ニンT
cardiac troponin T


cardiac troponin T」

  [★]

  • 心筋トロ・ニンT
cTnT


108I076」

  [★]

  • 82歳の女性。全身倦怠感を主訴に来院した。 5日前、就寝中に激しい左肩の痛みと冷汗とが出現した。体動や上肢の運動による症状の悪化はなく、 2時間程度で改善したためそのまま入眠した。それ以降は同様の症状はなかったが、体がだるく 1日中寝込んでいることが多くなり、心配になった家族に伴われて受診した。意識は清明。身長 152 cm、体重 58 kg。体温 36.8 ℃。脈拍 92/分、整。血圧 100/72 mmHg。呼吸数 18/分。 SpO2 97% ( room air)。頸静脈の怒張を認める。心尖部に III音と IV音とを聴取する。呼吸音に異常を認めない。肩関節に痛みと運動制限を認めない。血液所見:赤血球 340万、 Hb 10.4 g/dl、Ht 32%、白血球 8,600、血小板 13万。血液生化学所見: AST 38 IU/l、ALT 26 IU/l、LD 246 IU/l(基準 176~353)、 CK 138 IU/l(基準 30~140)、尿素窒素 18 mg/dl、クレアチニン 1.0 mg/dl、尿酸 6.9 mg/dl、血糖123 mg/dl、HbA1c(NGSP)7.2% (基準 4.6~6.2)、 Na 136 mEq/l、K 4.4 mEq/l、Cl 98mEq/l。CRP 0.8 mg/dl。胸部エックス線写真に異常を認めない。心電図 (別冊 No. 31)を別に示す。
  • 5日前からの病態を診断するために、次に行うべき検査はどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 108I075]←[国試_108]→[108I077

心筋」

  [★]

cardiac muscle (K), heart muscle, myocard cardiac muscle, myocardium
心筋の活動電位横紋筋筋肉
筋小胞体が発達していない

心筋の酸素消費量 (SPC.226)

(tension-time index)=左心室内圧曲線収縮期相の面積(mmHg/s)×心拍数
(doble product)∝(tension-time index)

心筋の筋収縮

  • 1. 骨格筋細胞と違い心筋細胞は介在板を有しており、介在板近傍に存在するギャップ結合によって活動電位が伝播する。
  • 2. ギャップジャンクションを通じて活動電位が伝播すると、心筋細胞膜上の電位依存性Na+チャネルが開き、脱分極が筋細胞全体に広がる。
  • 3. 脱分極はT細管(横行管)に伝わり、T細管に存在する電位依存性のタンパク質の構造を変化させ、筋小胞体上のCa2+放出チャネルを開く。
  • 4. さらに少し遅れてCa2+/Na+チャネルが長時間開口し、細胞内に多量のCa2+/Na+を取り込む。
  • 5. 心筋細胞のT細管は細胞外部に開口しており、Ca2+の取り込みが容易になっている。
  • 6. このようにして、細胞外と筋小胞体中のCa2+が細胞質に拡散する。
  • 7. ここで、筋収縮に関わるアクチンフィラメントにトロポミオシンとトロポニンが結合し、収縮開始を妨げているが、Ca2+がトロポニンに結合すると、トロポミオシンがアクチンフィラメント上で場所を変える。
  • 8. この結果、トロポミオシンが覆い隠していたアクチンフィラメントのミオシン結合部位が露出する。
  • 9. ミオシンはATPの加水分解のエネルギーを使って、アクチンフィラメントに結合できる構造をとり、アクチンに結合する。
  • 10. ミオシンがアクチンフィラメントで首振り運動をすることで筋収縮が起こる。


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.




トロポニン」

  [★]

troponin

サブユニット

心筋障害マーカー

偽陽性

  • 心筋炎、肺塞栓、大動脈解離、心不全、高度腎不全、骨格筋障害、蘇生後の外傷など



T」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 20th letter of the Roman alphabet」
t

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「tritiumの化学記号」


Ted」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a tough youth of 1950''s and 1960''s wearing Edwardian style clothes」
Teddy boy


トロポニンT」

  [★]

troponin T
トロポニン心筋トロポニンT





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡