弛緩因子

出典: meddic

relaxing factor

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ブタ舌動脈血管平滑筋における各種血管拡張物質による一酸化窒素の変化
  • 山田 大爾,佐藤 健一,ヤマダ ダイジ,サトウ ケンイチ,Daiji YAMADA,Kenichi SATOH
  • 岩手医科大学歯学雑誌 37(1), 38-52, 2012-05-11
  • … 内皮由来弛緩因子(以下EDRF)の主体である一酸化窒素(以下NO)は血液循環の恒常性を維持する重要な役割を担っているが,これに関する口腔領域の血管での報告は渉猟しえた範囲ではみられなかった.そこで本研究は,NOの血管への作用とその機序を解明する目的で,ブタ舌動脈血管平滑筋にノルアドレナリンを投与した際に発生する収縮に対して,各種血管拡張物質(Acetylcholine, Carbachol, Pilocarpine)を投与した時のNOの変化を電極法 …
  • NAID 110009445047
  • H_2O_2が制御する血管弛緩反応
  • 下川 宏明
  • 日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica 139(5), 229, 2012-05-01
  • NAID 10030572776
  • 十二指腸重炭酸イオン分泌における硫化水素の役割
  • 林 周作,竹内 孝治
  • 日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica 139(1), 9-12, 2012-01-01
  • … L-システインからcystathionine <I>β</I>-synthaseやcystathionine <I>γ</I>-lyaseなどの産生酵素によって作られており,ガス状のシグナル分子として認識されている.近年,H2Sは神経調節物質や平滑筋弛緩因子として機能することが提案され,細胞保護,抗炎症作用や疼痛への関与など生体内において多様な役割を演じていることが明らかにされている.消化管においても例外でなく,H2Sは非ステロイド性抗炎症薬 …
  • NAID 10030455950

関連リンク

血管内皮細胞から産生されるNOには、血管拡張作用(降圧作用)があり、血管の内皮 由来弛緩因子(EDRF:endothelium -derived relaxing factor)と呼ばれていた。他に 血小板凝集抑制作用(抗動脈硬化作用)、血管平滑筋細胞の増殖を抑制する作用、 神経 ...
NOは、血管の内皮由来弛緩因子(EDRF:endothelium-derived relaxing factor)と 呼ばれていた。NOは、太い血管に作用する。 動脈硬化を起こした血管では、酸化LDL などにより血管内皮機能が低下し、NOの産生が低下して、血管弛緩の悪化、血小板 凝集 ...

関連画像

 弛緩因子の産生と、平滑筋弛緩の か 子宮 弛緩 因子 し きゅう  過分極因子( EDHF )と糖尿病酸化窒素 no は 血管 弛緩 因子 ばばじろう日記 2013.8.11(2014.8  弛緩因子の分泌や ADP 分解酵素


★リンクテーブル★
拡張検索内皮細胞由来弛緩因子
関連記事弛緩」「」「因子

内皮細胞由来弛緩因子」

  [★]

endothelium-derived relaxing factor, EDRF
血管内皮細胞由来弛緩因子
内皮細胞



弛緩」

  [★]

relaxationrelax
緩和、ほどけるリラクゼーション



子」

  [★]

child
子供雑種小児小児用


因子」

  [★]

factor
要因要素ファクター




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡