幹細胞刺激因子

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

細胞培養培地やサイトカイン、細胞の刺激、増幅、分化のための製品群:ミルテニーバイオテク社では、免疫系細胞、iPS細胞を含む幹細胞、神経系細胞のための培地、サプリメント、サイトカイン/成長分化因子を販売しております。
産総研では、脳内にある神経幹細胞を解析し、アルツハイマー病やうつ病の医療・創薬開発に役立てる研究を行っています。海馬の神経新生とアルツハイマー病やうつ病といった神経疾患には密接な関係があることがこれまで ...
17 造血幹細胞は、白血球、赤血球、血小板など造血系の細胞すべてに分化する多能性を持っており、ヒトでは主に 骨髄に存在します。SCF、IL-3、GM-CSF、IL-6、IL-11、G-CSFなどの造血因子は、造血初期に作用して造血幹細胞

関連画像

 幹 細胞 多能 性 幹 細胞 からが注入部位の毛包幹細胞を刺激 幹細胞とは、さまざまな細胞 生長因子與幹細胞的迷思


★リンクテーブル★
リンク元造血幹細胞因子
関連記事幹細胞」「刺激」「」「因子」「細胞

造血幹細胞因子」

  [★]

stem cel factor, SCF
幹細胞刺激因子スティール因子 steel factor SLF、キットリガンド kit-ligand KL、肥満細胞増殖因子 mast cell growth factor MCGF

概念

遺伝子

  • chr.12のp22-24


-SCF
-stem cell factor


幹細胞」

  [★]

stem cell, stem cells
造血幹細胞

特徴

参考.1
  • 1. 多分化能:複数系統の細胞に分化できる。
  • 2. 自己複製能:細胞分裂を経ても多分化能を維持できる。
  • 3. 分化を抑制する遺伝子の発現
  • 4. テロメラーゼの発現
  • 不死細胞ではない。哺乳類の造血幹細胞では、一生の間に行う分裂は80-200回とされている?

細胞分裂の特徴

  • 分裂により2つの異なる細胞ができる:別の種類の細胞に分化したもの。同じ分化能を維持したもの。

参考

  • 1.


刺激」

  [★]

(刺激そのもの)stimulusstimuli。(行為)stimulation、、stimulateirritateincite、(薬物や抗原で)prime
impulse
刺激作用煽動抗原刺激扇動予備刺激



子」

  [★]

child
子供雑種小児小児用

因子」

  [★]

factor
要因要素ファクター

細胞」

  [★]

cell
cellula






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡