平衡定数

出典: meddic

equilibrium constant
平衡恒数


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/08/05 12:04:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • メソポーラスシリカによるトリメチルアミンの吸着
  • 福本 和広,山本 智,鈴木 賢一郎
  • 化学工学論文集 = Kagaku kogaku ronbunshu 38(3), 221-225, 2012-07-20
  • … 上にプロットされたことから,メソポーラスシリカを利用したトリメチルアミンの吸着除去において比表面積が最も重要な因子の一つであることがわかった.また,もう一つのLangmuirパラメータである吸着平衡定数Kの値から,トリメチルアミンに対してFSM-16の親和性が最も高くなる最適な細孔直径は,およそ2.5–2.7 nmであることがわかった.吸着シミュレーションにより調べたトリメチルアミンの吸着メカニズムは …
  • NAID 10030929104
  • 微小流路型反応器を利用した銅めっき液中添加剤作用の解析(配線・実装技術と関連材料技術)
  • 齊藤 丈靖,宮本 豊,服部 直,岡本 尚樹,近藤 和夫
  • 電子情報通信学会技術研究報告. SDM, シリコン材料・デバイス 111(463), 31-35, 2012-02-27
  • … 200ppmのPEG添加時の有効表面被覆率は0.65、吸着平衡定数は0.055 ppm^<-1>であった。 …
  • NAID 110009546240
  • 担子菌による一置換ベンゼン誘導体生分解反応の解析
  • 浅見 和広,久保田 真之,上島 功裕,太田口 和久
  • 化学工学論文集 = Kagaku kogaku ronbunshu 37(3), 348-350, 2011-07-20
  • … 論的知見を得ることを目的とした.担子菌Coriolus hirsutus IFO 4917の培養液において,ベンゼン置換基の異なるアニリン,フェノール,ベンズアルデヒドの分解速度を解析した結果,各ベンゼン誘導体の酸解離平衡定数の対数値と速度定数の対数値との間に直線関係がみられ,Hammettの経験則にあてはまることがわかった.直線の傾きは負の値を示した.Hammettの式をもとに一置換ベンゼン誘導体の生分解速度を予測できる可 …
  • NAID 10029241942

関連リンク

となります。 この反応の平衡定数Kの値が非常に大きいということは、反応が右辺に偏り、生成物の水がたくさんできるということを意味します。 反応系と生成系のエネルギー差と平衡定数の間には次のような関係があります。
百科事典マイペディア 平衡定数の用語解説 - 可逆的な化学反応において正・逆反応の速度が等しくなったときを化学平衡という。ここで(図)の化学反応が平衡に達すると,そのときの比K=[M](m/)・[N](n/)…/[A](a/)・[B](b ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元解離定数
関連記事」「定数

解離定数」

  [★]

dissociation constant
解離曲線平衡定数



数」

  [★]

numbercountnumeral
ナンバー数値数えるカウント番号をつける数字数詞


定数」

  [★]

constant
定常性一定普遍




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡