小リンパ球

出典: meddic

small lymphocyte
リンパ球大リンパ球



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 急速に増大する腎腫瘤を契機に診断された加齢関連EBウイルス陽性リンパ増殖性疾患の一例
  • 千菊 敦士,村上 薫,岡所 広祐,澤田 篤郎,柴崎 昇,奥村 和弘
  • 日本泌尿器科學會雜誌 102(1), 39-42, 2011-01-20
  • … 能性も考えFDG-PETを施行し同腫瘤に集積を認めたが,他の部位に集積なし.4カ月前のCTにて同腫瘤は2mm程度であり,急速に増大していることから腎悪性腫瘍の診断で腹腔鏡下左腎摘除術を施行した.病理は多数の小リンパ球や組織球を背景に比較的大型の細胞が散在し,それらはEBER-ISH陽性であった.臨床的に明らかな免疫不全状態ではなく,高齢化に伴う免疫力低下を背景に発症したと考えられる加齢関連EBV陽性リンパ増殖性疾 …
  • NAID 110008440747
  • Azur顆粒を認めた胃MALTリンパ腫の1例
  • 鶴田 誠司,野本 豊,新保 千春,根岸 春美,新井 華子,飯島 美砂,小島 勝,鈴木 豊
  • 日本臨床細胞学会雑誌 42(1), 35-38, 2003-01-22
  • NAID 110001222453
  • 甲状腺MALTリンパ腫の細胞像
  • 鶴田 誠司,飯島 美砂,野本 豊,新保 千春,根岸 春美,星 和栄,伊藤 秀明,小山 徹也,城下 尚,鈴木 豊
  • 日本臨床細胞学会雑誌 41(5), 327-334, 2002-09-22
  • NAID 110001221973

関連リンク

用語名 小リンパ球 読み仮名 ショウリンパキュウ 分野名 基礎 用語解説 【概要】 ・リンパ球をその大きさによって分類したときのひとつで、直径8ー9μmの円形細胞である。・成人では全白血球の20ー30%を占める。【構造】 核が細胞質 ...
独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターがん情報サービスのウェブサイトです ... 上記の症状のあるなしにかかわらず、血液検査で白血球増加があり、その白血球の中でリンパ球が5,000/mm 3 以上を占めていれば慢性 ...

関連画像

血小板と小リンパ球 ↑ コレは上から小リンパ球 白血病/小リンパ球性リンパ腫リンパ 性 白血病 小 リンパ球 コレが大リンパ球。小リンパ球 小 リンパ球 性 リンパ 腫 慢性

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
先読み大リンパ球
リンク元マントル層
拡張検索小リンパ球性リンパ腫」「慢性リンパ性白血病/小リンパ球性リンパ腫」「B細胞性小リンパ球性リンパ腫
関連記事リンパ球」「リン」「」「リンパ

大リンパ球」

  [★]

large lymphocyte
リンパ球



マントル層」

  [★]

mantle zone
外套帯帽状域二次小節冠 corona
リンパ節マントル細胞リンパ腫



小リンパ球性リンパ腫」

  [★]

small lymphocytic lymphoma
B細胞慢性リンパ球性白血病慢性リンパ球性白血病リンパ球性リンパ腫小細胞性リンパ腫、慢性B細胞性白血病、小細胞型リンパ腫 small cell lymphoma
B cell chronic lymphoid leukemia/small lymphocytic lymphoma
[show details]


慢性リンパ性白血病/小リンパ球性リンパ腫」

  [★]

chronic lymphocytic leukemia/small lymphocytic lymphoma
慢性リンパ性白血病 chronic lymphocytic leukemia, 小リンパ球性リンパ腫 small lymphocytic lymphoma

B細胞性小リンパ球性リンパ腫」

  [★]

B-cell small lymphocytic lymphoma

リンパ球」

  [★]

lymphocyte (Z)
リンパ細胞免疫細胞 immunocytes


  • 白血球の一種で、無顆粒球に分類される。
  • 末梢血に白血球が4000-9000 /μl存在するとすれば、リンパ球の存在比は26-46.6 %といわれているので、リンパ球は1040-4194 /μl存在。(IMD)

種類

細胞膜上に発現しているリガンド? (2007前期生理学授業プリント)

    αβTCR TCR Ig CD3 CD4 CD8 CD16 CD56
T細胞 ○             
 Tc細胞          
 Th細胞          
B細胞               
NK細胞            

成長とリンパ球・好中球数(PED.703)

  • リンパ球数は生後1ヶ月以降に増加して6ヶ月~1年でピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • これに対して好中球は生下時にピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • 生後一ヶ月までは好中球優位であり、1ヶ月~2-6歳まではリンパ球優位となり、以降好中球優位となる。



リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





球」

  [★]

bulbus (KH)
bulbus cerebri
延髄


  • 延髄はその膨らんだ感じから「球」とも呼ばれる


リンパ」

  [★]

lymph (Z)
lympha
淋巴
リンパ節




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡