大腿骨転子部骨折

出典: meddic

intertrochanteric femoral fracture
エヴァンス分類

和文文献

  • 大腿骨転子部骨折に対する各種骨頭固定材料での sliding 量と骨頭回旋安定性の比較
  • 鎮西 伸顕,平中 崇文,飛田 祐一,上本 晴信,土井田 稔,辻 充男
  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌. 中部日本整形外科災害外科学会抄録 54(3), 581-582, 2011-05-01
  • NAID 10029072502
  • 大腿骨転子部骨折に対する InterTAN の使用経験
  • 丸山 正吾,伊藤 英人,石井 久雄,寺部 健哉,新海 宏明,小早川 雅洋
  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌. 中部日本整形外科災害外科学会抄録 54(3), 579-580, 2011-05-01
  • NAID 10029072497
  • InterTAN nail を使用した大腿骨転子部骨折の治療経験
  • 星野 啓介,奥地 裕,藤原 一吉,石田 智裕,相田 直隆
  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌. 中部日本整形外科災害外科学会抄録 54(3), 577-578, 2011-05-01
  • NAID 10029072493

関連リンク

高齢者が、転倒して太ももの付け根を痛がり、歩けない場合は、まずこの大腿骨頚部 骨折もしくは、転子部/転子下骨折を疑います。 高齢者の骨折のなかでは最も頻度の 高いものであり、人口の高齢化とともに最近増えています。
項目が見あたらない場合は、同じページ内にありますので、下にスクロールしてみて ください。) ※ 文字を大きくしたい場合は、マウスを右クリック → 【ズームツール ⇒ ズームイン】にて調整. してみてください。 ◎ 入院患者数 ◎. ◎ 大腿骨頚部・転子部 骨折で入院 ...

関連画像

大腿骨転子部骨折骨 遠 位 端 骨折 手首 の 骨折 大腿骨 転 子 部 骨折この 骨折 の 場合 は 手術 を 写真 上 は 大腿骨 近 位 部 の 橈骨 遠 位 端 骨折


★リンクテーブル★
リンク元エヴァンス分類
関連記事骨折」「大腿骨」「転子部骨折」「大腿

エヴァンス分類」

  [★]

Evans classification
Evans分類
大腿骨転子部骨折


骨折」

  [★]

fracture

高齢者における骨折の好発部位

参考1

多い

  • 上腕骨頚部:転倒して手を伸ばしてついた、直接方外側を打った場合に外科頚骨折しやすい。特に高齢者、特に女性に多い。
  • 橈骨遠位部:コーレス骨折(Colles骨折)は10歳前後の小児と骨粗鬆症を有する老人に多い。
  • 椎骨(椎体圧迫骨折):骨粗鬆症を生じている女性に多い。
  • 大腿骨頚部

やや多い

  • 肋骨
  • 上腕骨遠位部
  • 坐骨?
  • 大腿骨遠位部
  • 脛骨近位部
  • 脛骨位部

小児の骨折

小児骨折

骨折による骨癒合しにくい部位

血流が乏しいことによる
  • 大腿骨頚部内側骨折、手根骨舟状骨骨折、脛骨中下1/3骨折、距骨骨折

骨折による出血量

SOR.631
  • 開放骨折の場合には2倍の出血量が予想される。
骨盤骨折 1000-5000ml
大腿骨骨折 500-1000ml
脛骨骨折 500ml
上腕骨骨折 350ml

診察

  • 1. 皮下骨折/開放骨折
  • 2. 血管損傷の有無
  • 3. 末梢神経損傷の有無
  • 4. 軟部組織の損傷
  • 5. 受傷部位周辺臓器の損傷
  • 6. 受傷後の時間経過

参考

  • 1. 高齢者の転倒障害
http://www.biomech.mech.nagoya-u.ac.jp/iplweb/impact_bio/pdf/1st/Harada.pdf




大腿骨」

  [★]

thigh bone
femur, os femoris
大腿




Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



転子部骨折」

  [★]

trochanteric fracture
股関節骨折転子間骨折

大腿」

  [★]

femur
os femoris
下肢下腿






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡