大腿骨距

出典: meddic

calcar femorale

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 大腿骨骨折 (特集 救急医が知っておくべき整形外傷の診断と治療) -- (各論;部位別にみた診断・治療のポイント)

関連リンク

大腿骨距の 次元構造 ―マルチスライス CT における観察― 小松真一1,2 村瀬政信2,6 山田新悟3 柘植英明2,7 太田慶一 2 工藤慎太郎1,2 小澤由紀 颯田季央2,8 那須史男2,4 浅本 憲2 後藤正成2,5 中野 隆2 1国際医学技術専門学校 2 3 ...
大腿骨距 calcar femorale が整形外科解剖用語として重要である。大腿骨後方の粗線の骨皮質が上方に延長して、大転子後方突出部を内から補強する構造で、Bigelow 中隔とも呼ばれる。 Calcar に当たる英語は spur である 目次 舟状 ...
【目的】 大腿骨距は,大腿骨頚部内側部の骨皮質から骨内部の海綿質に向かって垂直方向に突出する高密度の板状構造である.既に1870年代に報告されているにも関わらず,解剖学の成書における記載は少なく,その3 ...

関連画像

距骨下(距踵)関節X-P:膝蓋骨軸位像が大腿骨


★リンクテーブル★
関連記事大腿骨」「大腿

大腿骨」

  [★]

thigh bone
femur, os femoris
大腿




Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


大腿」

  [★]

femur
os femoris
下肢下腿






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡