大動脈圧

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 低左心機能大動脈弁狭窄症手術症例の検討
  • 東 昭弘,井畔 能文,上野 哲哉,寺井 弘,山本 裕之,上野 正弘,上野 隆幸,坂田 隆造
  • 日本心臓血管外科学会雑誌 35(6), 315-318, 2006-11-15
  • … 重症大動脈弁狭窄症(severe AS)のなかでも左室駆出率(EF)が低下し,かつ大動脈圧較差(PG)が低値を示す症例の手術適応については議論が多い.対象はASおよぴAS優位の軽度閉鎖不全合併例(ASr)に対し大動脈弁置換術(AVR)を行った144例中,EFが35%以下の9例,心機能への影響を考慮し加療を要する冠状動脈疾患を合併した症例は除外した.平均年齢は70.0±9.3歳,男性4例,女性5例であった.左室拡張終期径(LVDd)57.3±5.8mm,左室収縮終期径(LVDs)49.3 …
  • NAID 110004851444

関連リンク

2004年2月12日 ... 左室圧と大動脈圧の波形が異なるのはなぜなのでしょうか。どなたかお願いします。
大腿動脈、上腕動脈、橈骨動脈にピッグデールカテーテルを挿入する。測定できる項目 としては大動脈圧(AOP)、左室圧(LVP)、左室拡張末期圧(LVEDP)、左室駆出率( LVEF)、左室拡張末期容積係数(LVEDVI)などがある。左心室造影(LVG)、冠動脈 ...

関連画像

 ・収縮させた場合の大動脈圧心収縮の一周期 し 収縮 前 の 大動脈 圧 は 低下 左室•大動脈圧較差


★リンクテーブル★
国試過去問106B018
リンク元圧力
拡張検索大動脈圧受容器
関連記事脈圧」「大動脈」「動脈圧」「動脈」「

106B018」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106B017]←[国試_106]→[106B019

圧力」

  [★]

  • 生理学での圧力の単位には以下のようなものが使われている。
    • mmHg
    • mmH2O
    • torr
  • 例えば、気体の分圧、血圧、浸透圧の大きさを表現するために使われている。

mmHgとtorr

  • 1 torr ≒ 1mmHg
厳密には異なる → トル

mmHgとmmH2O

Wikiによれば

1  [mH2O] = 9.80665 [m/s2] × 1000 [kg/m3] × 1  [m] = 9806.65 [Pa]

ゆえに

1 [cmH2O] = 9.80665 [m/s2] × 1000 [kg/m3] × 1 [mm] = 98.0665 [Pa]
1 [mmH2O] = 9.80665 [m/s2] × 1000 [kg/m3] × 1 [mm] = 9.80665 [Pa]

また

133.322 [Pa]=1 [torr] ≒ 1 [mmHg]~

よって

1 [mmHg] = 1.35951 [cmH2O] = 13.5951 [mmH2O]};

これはHgの密度を反映している

生体内の圧力

  • 参考
[display]http://www8.ocn.ne.jp/~halfboil/note/not-03.html
正常血圧 120/80mmHg SpO2=98%
CVP 中心静脈圧 4-8 mmHg 50-100mmH2O
SpO2=70-75%
RA右房圧 6mmHg SpO2=75%
LA左房圧 10/0mmHg SpO2=95%
RV右室圧 20/0mmHg SpO2=75%
LV左室圧 110/10mmHg SpO2=95%
PA肺動脈圧 20/10mmHg SpO2=75%
Ao 大動脈圧 110/70mmHg SpO2=95%
PAWP肺動脈楔入圧 10-12mmHg SpO2=100%
PaO2動脈酸素分圧 100-80mmHg  
PaCO2動脈炭酸ガス分圧 45+-5mmHg  
頭蓋内圧ICP intracranial pressure 6-12mmHg 120-180mmH2O
髄液圧   20-40mmH2O
門脈圧PVP   80-180mmH2O
胸腔内圧  
正常眼圧 15±5mmHg  
  • 肺毛細管圧:8-10 mmHg (SAN.192)
  • 肺静脈圧:4-5 mmHg (SAN.192)

大動脈圧受容器」

  [★]

aortic baroceptor



脈圧」

  [★]

pulse pressure, PP
血圧、脈圧低下 脈圧狭小
  • 収縮期血圧(最高血圧)と拡張期血圧(最小血圧)の差。

脈圧の上昇

  • 血管壁の硬直によるウインドケッセル効果?の消失による
  • 動脈管開存症:拡張期血圧低下?
  • 拡張期に血流が肺動脈に流れてしまうため?

脈圧の低下

  • 脈拍増加を来す病態:出血、脱水、ショック
  • 拡張期の短縮 → 心室に血液が充分充満しないうちに駆出されるため
  • 十分な血流を大動脈に駆出できないため



大動脈」

  [★]

aorta (Z), Ao
大動脈弁
  • 大動脈径:胸骨左縁アプローチで左室長軸断面を得て、心エコーMモードで評価。




動脈圧」

  [★]

arterial blood pressurearterial pressure, AP
血圧静脈圧動脈静脈



動脈」

  [★]

artery (Z)
arteria
静脈



圧」

  [★]

pressure
圧力




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡