大動脈

出典: meddic

aorta (Z), Ao
大動脈弁
  • 大動脈径:胸骨左縁アプローチで左室長軸断面を得て、心エコーMモードで評価。






Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/16 04:21:18」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 日印パートナーシップの展望と課題 産業集積、交通網整備を加速 : 日印共同のデリー・ムンバイ間産業大動脈構想が始動。政治、経済で高まる新たな変革を求める機運
  • 話題のキーワード解説 経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)
  • 林田 健太郎
  • International review of thrombosis 9(1), 42-44,5, 2014-03
  • NAID 40020028300
  • 症例 高齢で偶然発見された左肺底区動脈大動脈起始症の1例
  • 中村 研介,杉浦 公彦,塚本 和充 [他]
  • 臨床放射線 59(3), 476-478, 2014-03
  • NAID 40020010428

関連リンク

大動脈瘤とは 大動脈の動脈壁の弱くなった部分がふくらむタイプの大動脈瘤と、動脈壁の膜がはがれる解離性大動脈瘤があります。 動脈瘤を治療しないで放置すると破裂する可能性があり、大きな破裂が生じると突然死の可能性も ...
大動脈瘤とは、先天的組織異常や動脈硬化などによって「大動脈」に瘤(こぶ)状のふくらみができた病気です。大動脈は、心臓から全身に血液を送るはたらきを持つ血管です。大動脈瘤は自覚症状がないまま経過することが多く、破裂 ...
大動脈は、直径が約2.5センチメートルある体内で最も太い動脈で、左心室から送られてきた酸素を多く含む血液を、肺を除く全身の組織へと送り出しています(肺への血液は右心室から送り出されます)。心臓から出た大動脈からは ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。
230px-AoDissekt_scheme_StanfordB_en.png腹部大動脈瘤は腹部の大動脈が 大動脈瘤大動脈の解剖と部位名左心室を出て分岐する大動脈大動脈瘤


★リンクテーブル★
先読み大動脈弁
国試過去問105G013」「100G033」「103E028」「107G012
リンク元循環反射」「腹部大動脈」「大動脈弓」「内側大腿回旋動脈」「肋間動脈
拡張検索大動脈炎症候群」「大動脈狭窄部」「大動脈弁閉鎖症」「大動脈・左室トンネル症候群」「大動脈溝
関連記事動脈

大動脈弁」

  [★]

aortic valve (Z), AV
valva aortae
大動脈弁閉鎖不全肺動脈弁心臓




Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

臨床関連

ガイドライン


105G013」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105G012]←[国試_105]→[105G014

100G033」

  [★]

  • 動脈管について正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G032]←[国試_100]→[100G034

103E028」

  [★]

  • 成人男性の正常組織とCT値(HU)の組合せで誤っているのはどれか。
  • a. - -950HU
  • b. - -20HU
  • c. 筋肉- 50HU
  • d. 胆嚢- 0HU
  • e. 大動脈- 50HU
[正答]


※国試ナビ4※ 103E027]←[国試_103]→[103E029

107G012」

  [★]

  • 大動脈から直接分枝する動脈はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107G011]←[国試_107]→[107G013

循環反射」

  [★]

circulatory reflex
2007年後期生理学授業プリント
反応する刺激 種類 部位 神経 作用
高血圧 高圧受容器 頚動脈洞 舌咽神経 血圧↑→高圧受容器の刺激→延髄降圧部↑→延髄昇圧部↓→血圧降下
高血圧 高圧受容器 大動脈弓 迷走神経 血圧↑→高圧受容器の刺激→延髄降圧部↑→延髄昇圧部↓→血圧降下
pHの低下 化学受容器 頚動脈小体   pO2↓, pCO2↑, pH↓→化学受容器の活動↑→延髄昇圧部↑
pHの低下 化学受容器 大動脈小体   pO2↓, pCO2↑, pH↓→化学受容器の活動↑→延髄昇圧部↑
血液循環量低下 容量受容体 心房   血液循環量↓→心部圧受容体活動↓→視床下部の液性調節機構↑
血液循環量低下 容量受容体 大静脈   血液循環量↓→心部圧受容体活動↓→視床下部の液性調節機構↑
血液循環量低下 容量受容体 肺血管   血液循環量↓→心部圧受容体活動↓→視床下部の液性調節機構↑


腹部大動脈」

  [★]

adbominal aorta (Z)
aorta abdominalis
腹大動脈(解剖学では腹大動脈、臨床では腹部大動脈が一般的?)
大動脈
[show details]


  • 下行大動脈であって腹腔内にある大動脈
  • 図:N.257

由来

走行

枝 (KL.404-408)

  1. 腹側臓側枝:前面から起こる無対性の枝で、消化管および消化管から由来する臓器に分布
    1. 腹腔動脈
      1. 左胃動脈
      2. 脾動脈
      3. 総肝動脈
    2. 上腸間膜動脈
      1. 下膵十二指腸動脈
      2. 空腸動脈
      3. 回腸動脈
      4. 中結腸動脈
      5. 右結腸動脈
      6. 回結腸動脈
    3. 下腸間膜動脈
      1. 左結腸動脈
      2. S状結腸動脈
      3. 上直腸動脈
  2. 外側臓側枝:前外側に向かう有対性の枝で、有対性の臓器、主として泌尿器に分布
    1. 中副腎動脈
    2. 腎動脈
    3. 精巣動脈卵巣動脈
  3. 壁側枝:後外側に向かう枝で、体壁に分布
    1. 下横隔動脈
    2. 腰動脈
    3. 正中仙骨動脈
  4. 終枝
    1. 総腸骨動脈


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


大動脈弓」

  [★]

arch of aorta (Z), aortic arch
arcus aortae
大動脈

由来

走行




Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


内側大腿回旋動脈」

  [★]

medial circumflex femoral artery (KL,Z)
  • 図:N.484,486

起始

走行 (M.486)

分布


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


肋間動脈」

  [★]

intercostal artery (Z), intercostal arteries
arteriae intercostales
肋骨肋間静脈


  • 図:M.60 KH.10

起始

走行

  • 肋骨の下縁の肋間溝にそって走行

分布

  • 第3肋骨から第11肋骨まで。第12肋骨のものは肋下動脈と呼ばれる


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



大動脈炎症候群」

  [★]

aortitis syndrome
高安動脈炎 Takayasu arteritis Takayasu's arteritis TA高安病 Takayasu's disease Takayasu disease脈なし病 pulseless disease高安閉塞症 Takayasu occlusive disease特発性肉芽腫性動脈炎 idiopathic granulomatousarteritis
難病

概念

  • 中・大動脈を冒す炎症性の疾患で、血管腔の狭窄による症状を引き起こす。
  • 大動脈瘤(aortic aneyrysm)や大動脈解離(aortic dissection)
  • 特定疾患治療研究事業(特定疾患)

病因

  • 不明
  • ウイルス?、自己免疫的な機序
  • HLAとの関連:HLA-B52HLA-B39 (YN.C-151)

疫学

  • 日本が世界的に多く、アジア諸国(インド、中国など)、ソ連、メキシコ、南アフリカでもみられる。(参考3)
  • 1.2-2.6/100万人 (HIM.2127)
  • 若年者。 10-40歳(PHD.360)
  • 女性に多い
  • 男:女=1:10   1:9(IMD YN.C-151)

我が国が世界でもっとも多いといわれている。でも少なくないようである。←日本語の意味が分からない

病理

  • 大動脈や分岐幹動脈など弾性型動脈が侵される。大動脈弓から下行大動脈にかけて好発する。とくに腕頭動脈、総頚動脈、鎖骨下動脈の分岐部に多い。(参考3)
  • 顕微鏡的所見:
  • 病変は外膜から進行し、中膜がもっとも強く侵される。動脈壁全層が肥厚し、内腔は狭窄にて閉塞する。(参考3)
  • 線維化をともなう肉芽腫性血管炎。管腔の狭小化が顕著。(PHD.361)
  • 内膜の過形成。中膜外膜の肥厚。慢性期には線維化と内腔の狭窄。(HIM.1567)
  • there are marked intimal proliferation and fibrosis, scarring and vascularization of the media, and disruption and degeneration of the elastic lamina.(HIM.2127)
  • 炎症性の単核球の浸潤がみられ、時に巨核球が見られる。(HIM.2127)
  • 連続・斑状の肉芽腫性炎症が見られ、リンパ球、組織球、多核巨細胞が見られる(PHD.361) → 内膜の増殖、男性板の破壊、線維化

症状

  • 早期には全身症状、慢性期には血管内腔狭窄・閉塞による症状が出る
  • 全身症状:発熱、盗汗、全身倦怠感、食欲不振、関節痛、体重減少
  • 血管狭窄・閉塞による症状:上肢の跛行、脳虚血、失神、(時に)狭心症
  • 皮膚症状:結節性紅斑壊死性膿皮症

閉塞部位と症状 HIM.2127

table 319-6 Frequency of Arteriographic Abnormalities and Potential Clinical Manifestations of Arterial Involvement in Takayasu's Arteritis
動脈 動脈造影状の異常(%) 来しうる症状
鎖骨下動脈 93 上肢の跛行(arm claudication)、レイノー症候群
総頚動脈 58 視覚の変化、失神、TIA、脳梗塞
腹部大動脈 47 腹痛、悪心、嘔吐
腎動脈 38 高血圧、腎不全
大動脈弓/大動脈根部 35 大動脈弁閉鎖不全症、うっ血性心不全
椎骨動脈 35 視覚の変化(visual change)、めまい
腹腔動脈 18 腹痛、悪心、嘔吐
上腸間膜動脈 18 腹痛、悪心、嘔吐
腸骨動脈 17 下肢の跛行(leg claudication)
肺動脈 10?40 非定型的な胸痛(atypical chest pain)、呼吸困難
冠状動脈 <10 胸痛、心筋梗塞

資料3

表1 大動脈炎症候群の症状出現頻度
症状 頻度(%)
脳循環障害(めまい、頭痛、失神) 60
眼症状 20
心症状(狭心症様症状) 60
高血圧 50
四肢循環障害(しびれ、冷感、脈拍欠損) 70
全身症状(発熱、倦怠感) 70

身体所見

  • 脈を触れない
  • 血圧の左右差上下肢差(下肢>>上肢) ← 鎖骨下動脈が冒される事による
  • 血管雑音 ← 血管内腔の狭窄による
  • 高血圧:32-93%の患者で(HIM. 2127)
  • (古典的?)脈なし病の三徴:(1)上肢の脈を触れない、(2)眼底変化(後期の変化に花冠状動静脈吻合、花環状動静脈吻合)、(3)頚動脈反射亢進(参考4)
  • 上半身に脈を触れず、進行すると頚動脈反射亢進により頭部を後屈させると脈拍数減少、血圧低下、失神、過呼吸をきたす。緩徐に進行する血圧低下に伴う血流速度低下により網膜血管が拡張、また毛細血管瘤が耳側周辺部から眼底全体に広がる。視神経乳頭を取り巻いて馬蹄形または花環状の動静脈吻合が形成されるようになる。(SOP.144)

検査

  • ESR上昇、CRP上昇

診断

参考1-1
  • 1. 確定診断は画像診断(DSA,CT,MRA)によって行う。
  • 2. 若年者で血管造影によって大動脈とその第一次分枝に閉塞性あるいは拡張性病変を多発性に認めた場合は、炎症反応が陰性でも大動脈炎症候群(高安動脈炎)を第1に疑う。
  • 3. これに炎症反応が陽性ならば、大動脈炎症候群(高安動脈炎)と診断する。
  • 4. 上記の自覚症状、検査所見を有し、下記の鑑別疾患を否定できるもの。

鑑別診断

合併症

  • 大動脈弁閉鎖とそれによる心不全、大動脈瘤、腎血管性高血圧、膠原病 (YN.C-152)
  • 骨関節病変、慢性甲状腺炎 (YN.C-152)

治療

薬物療法

  • 糖質コルチコイドでコントロールできない場合。

外科療法&カテーテルインターベンション

  • 血管内腔の狭窄に対して

外科療法

  • バイパス術

死因

  • うっ血性心不全、心筋梗塞、脳梗塞・脳出血、腎不全、肺梗塞 (YN.C-151)
  • 大動脈瘤破裂が増加傾向 (YN.C-151)

予後

  • 5年生存率:80-90%(PHD.361)

参考

  • 1. 大動脈炎症候群 - 難病情報センター
[display]http://www.nanbyou.or.jp/entry/290
  • 1-1. 認定基準
[display]http://www.nanbyou.or.jp/upload_files/065_s.pdf
  • 2. 血管炎症候群の診療ガイドライン
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2008_ozaki_h.pdf
  • 3. まとまっている
[display]http://www.nanbyo.or.jp/zaidan/nanbyo/tokuteisikkan_list/13/content13.html
  • 4. 2.螢光眼底血管造影法による脈なし病網膜血行動態の観察と,本病網膜血管病変の組織学的研究 生井浩 松井弘治
[display]http://journal.akademi.jp/jca/pdf/19701005/jca_1970_1005_0253_0.pdf



大動脈狭窄部」

  [★]

aortic narrowing, bronchoaortic constriction
食道
  • 食道の生理的狭窄部の一つ


大動脈弁閉鎖症」

  [★]

aortic valve atresia,aortic atresia AA
大動脈弁閉鎖


大動脈・左室トンネル症候群」

  [★]

aortic-left ventricular tunnel syndrome


大動脈溝」

  [★]

aortic sulcus
sulcus aorticus


動脈」

  [★]

artery (Z)
arteria
静脈





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1 43 " paperboard " Ltd maritime freights :contacts mail 19
2 43 "salts" Ltd maritime"freights :contacts mail 18
3consat tv frequency direction of dish 16
4塩素挫瘡 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 10
60 HTTP/1.1 9
7 43 "machinery" ltd "maritime "freights :contacts mail 8
81,1366,768,24 HTTP/1.1 6
91,320,568,24 HTTP/1.1 6
10 43 "Iron" Ltd " maritime" "freights" :contacts mail 6
11Acyclic hydrocarbons mail 5
12難病 一覧 5
13日本多毛 5
14アパッチ2スコア 4
15先天性赤芽球体ポルフィリン症 4
16 43 "vehicles" Ltd maritime freights :contacts mail 4
17肝細胞癌血流 結節性動脈炎腫瘍 末期症状 4
18Culpen フルクロキサシリン 4
19OSLER徴候 4
20不応期 意義 3

昨日の人気記事
 タイトル表示
1アパッチ2スコア 4
2ジピベフリン 3
3{${eval($_POST['Rainy'])}} HTTP/1.1 3
4LDH アガロースゲル 電気泳動 Mサブユニット 3
5不応期 意義 3
6mondini奇形 3
7膀胱三角部炎 2
8トリプターゼ アナフィラキシー 2
9ランドー反射 2
10サンドスタチン負荷試験 2
111,1024,768,24 HTTP/1.1 2
12ループス様症候群 2
13French Guiana (maritine) - .gf mail 2
14スキサメトニウム 作用機序 2
15下壁梗塞 徐脈 2
16脳弓 2
17draughty 2
1812トリソミー 症状 2
19上神経幹 2
20ZHEJIANG YAODA IMP  2