大動脈

出典: meddic

aorta (Z), Ao
大動脈弁
  • 大動脈径:胸骨左縁アプローチで左室長軸断面を得て、心エコーMモードで評価。






Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/16 04:21:18」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 日印パートナーシップの展望と課題 産業集積、交通網整備を加速 : 日印共同のデリー・ムンバイ間産業大動脈構想が始動。政治、経済で高まる新たな変革を求める機運
  • 話題のキーワード解説 経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)
  • 林田 健太郎
  • International review of thrombosis 9(1), 42-44,5, 2014-03
  • NAID 40020028300
  • 症例 高齢で偶然発見された左肺底区動脈大動脈起始症の1例
  • 中村 研介,杉浦 公彦,塚本 和充 [他]
  • 臨床放射線 59(3), 476-478, 2014-03
  • NAID 40020010428

関連リンク

大動脈(だいどうみゃく、aorta)は、ヒトでは心臓の左心室から出て上行したのちに、 大動脈弓を形成して下降し、総腸骨動脈の分岐部に終わる、最大の動脈であり、全身へ の血液循環の大元となる動脈である。稀に、「(周囲の細い動脈と比較して)太い動脈」の ...
大動脈解離(だいどうみゃくかいり、英: Aortic dissection)とは、3層構造を作っている 大動脈のうち真ん中の層の膜(中膜)に、なんらかのきっかけによって血流が入り込んで しまい、層構造が別々に剥がれていく(解離してしまう)疾患。 解離によって生じた空間 は ...

関連画像

230px-AoDissekt_scheme_StanfordB_en.png腹部大動脈瘤は腹部の大動脈が 大動脈瘤大動脈の解剖と部位名左心室を出て分岐する大動脈大動脈瘤


★リンクテーブル★
先読み大動脈弁
国試過去問105G013」「100G033」「103E028」「107G012
リンク元循環反射」「腹部大動脈」「大動脈弓」「内側大腿回旋動脈」「肋間動脈
拡張検索大動脈瘤」「大動脈洞」「大動脈閉鎖不全症
関連記事動脈

大動脈弁」

  [★]

aortic valve (Z), AV
valva aortae
大動脈弁閉鎖不全肺動脈弁心臓




Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

臨床関連

ガイドライン


105G013」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105G012]←[国試_105]→[105G014

100G033」

  [★]

  • 動脈管について正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G032]←[国試_100]→[100G034

103E028」

  [★]

  • 成人男性の正常組織とCT値(HU)の組合せで誤っているのはどれか。
  • a. - -950HU
  • b. - -20HU
  • c. 筋肉- 50HU
  • d. 胆嚢- 0HU
  • e. 大動脈- 50HU
[正答]


※国試ナビ4※ 103E027]←[国試_103]→[103E029

107G012」

  [★]

  • 大動脈から直接分枝する動脈はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107G011]←[国試_107]→[107G013

循環反射」

  [★]

circulatory reflex
2007年後期生理学授業プリント
反応する刺激 種類 部位 神経 作用
高血圧 高圧受容器 頚動脈洞 舌咽神経 血圧↑→高圧受容器の刺激→延髄降圧部↑→延髄昇圧部↓→血圧降下
高血圧 高圧受容器 大動脈弓 迷走神経 血圧↑→高圧受容器の刺激→延髄降圧部↑→延髄昇圧部↓→血圧降下
pHの低下 化学受容器 頚動脈小体   pO2↓, pCO2↑, pH↓→化学受容器の活動↑→延髄昇圧部↑
pHの低下 化学受容器 大動脈小体   pO2↓, pCO2↑, pH↓→化学受容器の活動↑→延髄昇圧部↑
血液循環量低下 容量受容体 心房   血液循環量↓→心部圧受容体活動↓→視床下部の液性調節機構↑
血液循環量低下 容量受容体 大静脈   血液循環量↓→心部圧受容体活動↓→視床下部の液性調節機構↑
血液循環量低下 容量受容体 肺血管   血液循環量↓→心部圧受容体活動↓→視床下部の液性調節機構↑



腹部大動脈」

  [★]

adbominal aorta (Z)
aorta abdominalis
腹大動脈(解剖学では腹大動脈、臨床では腹部大動脈が一般的?)
大動脈
[show details]


  • 下行大動脈であって腹腔内にある大動脈
  • 図:N.257

由来

走行

枝 (KL.404-408)

  1. 腹側臓側枝:前面から起こる無対性の枝で、消化管および消化管から由来する臓器に分布
    1. 腹腔動脈
      1. 左胃動脈
      2. 脾動脈
      3. 総肝動脈
    2. 上腸間膜動脈
      1. 下膵十二指腸動脈
      2. 空腸動脈
      3. 回腸動脈
      4. 中結腸動脈
      5. 右結腸動脈
      6. 回結腸動脈
    3. 下腸間膜動脈
      1. 左結腸動脈
      2. S状結腸動脈
      3. 上直腸動脈
  2. 外側臓側枝:前外側に向かう有対性の枝で、有対性の臓器、主として泌尿器に分布
    1. 中副腎動脈
    2. 腎動脈
    3. 精巣動脈卵巣動脈
  3. 壁側枝:後外側に向かう枝で、体壁に分布
    1. 下横隔動脈
    2. 腰動脈
    3. 正中仙骨動脈
  4. 終枝
    1. 総腸骨動脈


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


大動脈弓」

  [★]

arch of aorta (Z), aortic arch
arcus aortae
大動脈

由来

走行




Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


内側大腿回旋動脈」

  [★]

medial circumflex femoral artery (KL,Z)
  • 図:N.484,486

起始

走行 (M.486)

分布


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


肋間動脈」

  [★]

intercostal artery (Z), intercostal arteries
arteriae intercostales
肋骨肋間静脈


  • 図:M.60 KH.10

起始

走行

  • 肋骨の下縁の肋間溝にそって走行

分布

  • 第3肋骨から第11肋骨まで。第12肋骨のものは肋下動脈と呼ばれる


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



大動脈瘤」

  [★]

aortic aneurysm, aneurysm of the aorta
動脈瘤大動脈弁輪拡張症 AAE

概念

  • 大動脈に発生する動脈瘤。

分類

部位

病理

疫学

好発部位

  • 腎下部腹部大動脈瘤 60%
  • 上行大動脈瘤    16%
  • 弓部下行大動脈瘤   7%
  • 腎上部腹部大動脈瘤  5%
  • 胸腹部大動脈瘤    2%
  • 動脈硬化性の大動脈瘤の頻度が増加

腹部AAと胸部AAの比較 (YN.C146)

  胸部大動脈瘤 腹部大動脈瘤
aortic aneurysmに占める割合 1/3 2/3
癒着症状 オリバー・カルダレッリ徴候  
圧迫症状 胸痛・背部痛、呼吸困難・喘鳴・咳、嚥下困難、頚静脈怒張嗄声Horner症候群上大静脈症候群、前胸部拍動性腫瘤 腰痛、腹痛、イレウス、腹部拍動性腫瘤
破裂症状 突然の激烈な胸痛、背部痛、ショック 腰背部痛、貧血、ショック
その他   下肢動脈閉塞症状(blue toe症候群)

病因

YN.C-145

ガイドライン

  • 大動脈瘤・大動脈解離診療ガイドライン(2006年改訂版)
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2006_takamoto_h.pdf

治療

  • 胸部AA > 5cm、腹部AA > 6cmで破裂のリスクが高まる。

手術療法

動脈瘤


大動脈洞」

  [★]

aortic sinus (Z)
sinus aortae
バルサルバ洞 ヴァルサルヴァ洞 Valsalva洞 Valsalva sinus
バルサルバ洞動脈瘤バルサルバ洞動脈瘤破裂


  • 上行大動脈は大動脈弁のすぐ上方でやや膨大するが、これを大動脈球といい、内腔はやや拡張し、大動脈洞といわれる(KL.313)。
  • 大動脈基部の膨らみ。バルサバ洞ともいう。二本の冠状動脈の枝がでる (Z.24)
  • 大動脈の基部で、大動脈弁とそれに対応する大動脈壁に囲まれた部分(YN.C-471)


大動脈閉鎖不全症」

  [★] 大動脈弁閉鎖不全症


動脈」

  [★]

artery (Z)
arteria
静脈





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡