多糖類染色法

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 27.細胞診における多糖類染色法の応用(示説カンファレンス, 第15回日本臨床細胞学会総会講演要旨)
  • 畠山 良紀
  • 日本臨床細胞学会雑誌 13(2), 282, 1974-10-30
  • NAID 110001251650

関連リンク

PAS反応は各種の染色目的に利用されますグリコーゲンは唾液,ジアスターゼ消化法で 確認,アルコール固定も可. アルシアン青染色, 酸性粘液多糖類, 酸性粘液多糖類-青色 .核-赤色 (ケルンエヒトロート). PAS染色との重染色法があります. ムチカルミン染色 ...
多糖類染色法 アルシアン青染色. アルシアン青染色 酸性粘液多糖類の染色を目的 としており、印環細胞癌、中皮種、軟骨肉腫、滑膜肉腫などで特徴的に染色されます。 染色手順. ①アルコール系列を徐々に下げ、流水水洗②3%酢酸液 1分③アルシアン ...

関連画像

PAS染色(多糖類染色法)過ヨウ PAS染色(多糖類染色法)過  カルミン染色(多糖類染色法多糖類染色法(コンゴー赤染色 多糖類染色法(コンゴー赤染色


★リンクテーブル★
関連記事染色法」「多糖類」「」「多糖」「糖類

染色法」

  [★]

種類 染色法 染色結果
塩基性色素 ヘマトキシリン
酸性色素 エオジン
色素 染色部位
電荷 種類 種類 電荷
塩基性色素 ヘマトキシリンアズール 好塩基性 核酸、リボソーム(rRNA)、硝子軟骨
酸性色素 エオジン 好酸性 膠原線維



バクテリア


多糖類」

  [★]

polysaccharide
多糖多糖体ポリサッカライド
capsular polysaccharides
[show details]


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


多糖」

  [★]

polysaccharide
グリカン glycan
多糖体


糖類」

  [★]

saccharide
サッカライドサッカリド




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡