多形性

出典: meddic

pleomorphism
多形態性
異型性異型細胞異型組織異型


  • 腫瘍細胞に対して使われる。
  • 細胞や核の形、大きさの、巨細胞や多核細胞の混在、N/C比の増大、各クロマチンの増量と凝集、異常核分裂像、核小体の明瞭化を示す(EPT.76)


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ダントロレンによるリアノジン受容体を分子標的とした新しい心不全・不整脈治療(ミニ・レビュー : 小西賞受賞者)
  • 小林 茂樹
  • 山口医学 62(1), 15-19, 2013-02-01
  • … 悪性高熱症,カテコラミン誘発性多形性心室頻拍症(Catecholaminergic polymorphic ventricular tachycardia:CPVT)や心不全においては,リアノジン受容体(骨格筋型:RyR1心筋型:RyR2)内のドメイン連関障害が,リアノジン受容体からのCa^2+漏出の原因と考えられている.悪性高熱症の治療薬であるダントロレンは,RyR1に結合し,RyR1内のドメイン連関障害を是正することによってRyR1からのCa^{2+}漏出を抑制する.同様に,イヌ心不全モデルやCPVT型knock-inマ …
  • NAID 120005246291
  • ジストロフィ (特集 角膜内皮細胞の病態)
  • 粘膜下腫瘍様の発育形式を呈した胃癌の1例
  • 高橋 雅史,二村 好憲,当間 智子,佐久間 洋一,高石 聡,小松 悌介,山本 義一
  • 千葉医学雑誌 88(5), 201-205, 2012-10-01
  • … 細胞異型は高度で多形性を示し,免疫組織染色結果から腺癌および扁平上皮癌への分化がみられた。 …
  • NAID 120004943923

関連リンク

化学、物質科学、材料科学において多形とは、ある化学物質が、同一の化学組成である にもかかわらず、複数の異なる結晶形を ... 多形性を示す物質がどのような結晶形をとる かは、結晶が生成するときの条件(温度、圧力、溶媒、生成速度など)に依存する。

関連画像

多形滲出性紅斑 : *ケセラセラ 多形滲出性紅斑 治療多形滲出性紅斑 治療多形性腺腫は、上皮性細胞の  : マイナー型多形性滲出性紅斑24 多形 滲出 性 紅斑 多形 癌


★リンクテーブル★
先読み細胞異型」「異型」「組織異型
リンク元異型性」「pleomorphism」「多型」「遺伝子多型」「多型性
拡張検索多形性心室頻拍」「カテコラミン誘発多形性心室頻拍」「急性多形性精神病性障害」「多形性紅斑」「多形性低悪性度腺癌
関連記事多形」「

細胞異型」

  [★]

cellular atypia CAT
異型性構造異型組織異型異型
  • 細胞や核の大きさ、形、染色性などの正常からの偏りを表す異型性 (EPT.76)
  • 核腫大
  • クロマチン増量
  • クロマチン不均衡
  • 大型核小体
  • 核形不整
  • 核溝
  • 核膜肥厚
  • 核内封入体
  • 核明胞化
  • N/Cの上昇
  • 多核化
  • 異常角化
  • 核の大小不同(多形性)


異型」

  [★]

atypismatypicalvariantoff-typemeta
オフ型異なる非定型非定型性非定型的変異変異株変異体変種、メタ、変異形バリアントアティピア atypia異型性


組織異型」

  [★]

structural atypia SAT
構造異型
細胞異型


異型性」

  [★]

atypia,
多形性
  • 組織や細胞の形態が正常と異なることを指す。
  • 構造異型:細胞の配列の乱れや極性の消失などの組織構築の異型性
  • 細胞異型:細胞や核の大きさ、形、染色性などの正常からの偏りを表す異型性

heterogametic sex
同型性


pleomorphism」

  [★]

  • 多形性
pleomorphicpolymorphicpolymorphicallypolymorphismpolymorphous

WordNet   license wordnet

「(biology) the appearance of two or more distinctly different forms in the life cycle of some organisms」


多型」

  [★]

polymorphismpolytypepolymorphicpolytypic
多型性多形性多型的ポリタイプ遺伝子多型

遺伝子多型」

  [★]

genetic polymorphismpolymorphism
遺伝的多型性多型多型性多形性


多型性」

  [★]

polymorphismpolytypic
多型多形性多型的遺伝子多型


多形性心室頻拍」

  [★]

polymorphic ventricular tachycardia polymorphic VT, polymorphous ventricular tachycardia
トルサード・ド・ポアンツ不整脈心室頻拍


概念

  • 多形性心室頻拍は頻拍中のQRS波形が刻々と変化し、QRS波形が基線を中心にしてねじれているように見える。多くは非持続性で自然停止するが、時に心室細動に移行する。

分類

  • QT延長を伴う:Torsades de pointes TdP  →  QT時間の延長を伴い、T波に続く心室性期外収縮によって誘発され、QRS波形が刻々と変化する多型性心室頻拍で、QRS波の振幅が基線の周りを捻じれるように変動する。
  • 後天性QT延長症候群:薬剤(抗不整脈薬(Ia群、III群)、非心臓薬(向精神薬、抗生剤、抗アレルギー薬など)など)が多い。
  • QT延長伴っていない
  • 心疾患有り:虚血、心不全、ショックなどの心機能低下に伴って起こる場合が多い
  • 心疾患なし: → 特発性多形性心室頻拍
  • Brugada症候群:胸部誘導(V1-V3)のST上昇が特徴。若年-壮年男性の突然死の原因
  • カテコラミン誘発多形性心室頻拍:感情の高まり、運動、イソプロテレノールで誘発
  • QT短縮症候群(SQTS)
  • 明らかな誘因や心電図学的特徴が認められない特発性多形性心室頻拍・心室細動

治療

予防

参考

  • 1. 不整脈薬物治療に関するガイドライン(2009年改訂版)
[display][display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_kodama_h.pdf


カテコラミン誘発多形性心室頻拍」

  [★]

  • 多形性心室頻拍(特発性)の一つ。
  • 感情の高まり、運動、イソプロテレノールで多形性心室頻拍が惹起される


急性多形性精神病性障害」

  [★]

acute polymorphic psychotic disorder
ICD-10
F23

多形性紅斑」

  [★]

erythema multiforme
多形紅斑


多形性低悪性度腺癌」

  [★]

polymorphous low-grade adenocarcinoma


多形」

  [★]

polymorphpleomorphic、(l.,adj.)multiforme
多形性複数単形性

性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡