外斜視

出典: meddic

exotropia XT, divergent strabismus, external strabismus
斜視


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 遮蔽治療により改善した小児動眼神経麻痺に伴う弱視の2症例
  • 岡本 洋幸,鈴木 利根,林 麗如,筑田 眞
  • Dokkyo journal of medical sciences 38(3), 219-222, 2011-10-25
  • … 眼位は右上斜視と外斜視,視力右0.06,左0.9であった。 … 右眼瞼下垂,右眼外斜視,眼球運動障害があった。 … 左眼遮閉治療を開始し,1年後には右眼視力は1.0に改善し,外斜視は軽減し,眼球運動は正常化した。 …
  • NAID 110008735861
  • 小児の間欠性外斜視に対する後転短縮術の治療成績 : 多施設共同研究
  • 初川 嘉一,仁科 幸子,菅澤 淳,木村 亜紀子,矢ヶ崎 悌司,不二門 尚,平野 慎也
  • 日本眼科學会雜誌 115(5), 440-446, 2011-05-10
  • NAID 10029367856

関連リンク

外斜視は、たまに現れる「間欠性」と、つねにある「恒常性」に分けられます。間欠性外斜視は、心配のないものです。 ... 同様の原理で、不同視(がちゃ目)の場合、どうしても、見やすい、いいほうの目だけで見るようになります。
... が内側に向いてしまっている状態を内斜視(図1)、外側に向いてしまっている状態を外斜視(図2)、上側に向いてしまっている状態を上斜視、下側に向いてしまっている状態を下斜視といいます。常に斜視が存在する場合(恒常性 ...

関連画像

photo外斜視の見た目と見え方石破 茂外斜視って何?外斜視の女っていくら美形でも

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
リンク元複視」「動眼神経」「外方偏位」「恒常性外斜視
拡張検索非麻痺性橋性外斜視」「間欠性外斜視」「麻痺性橋性外斜視
関連記事斜視

複視」

  [★]

dipl opia
diplopia, double vision
両眼視

概念

  • ある視標を見たときにものが二重に見える状態を複視という。(SOP.269)

分類

仮像の出現する方向

両眼・単眼の別

  • 両眼複視:両眼で物が二重に見える場合。動眼神経麻痺、滑車新家麻痺、重症筋無力症、眼窩吹き抜け骨折など
  • 単眼複視:単眼で物が二重に見える場合。正乱視不正乱視、あるいは白内障が原因となる。

鑑別疾患

単眼視したときに物体が二重に認識される状態 monocular diplopia

  • 水晶体脱臼(外傷、マルファン症候群)
  • 早期白内障
  • 角膜白濁(corneal opacities)
  • 二重虹彩(手術や外傷)
  • ヒステリー

両眼視したときに物体が二重に認識される状態 biocular diplopia

DIF
  • 外眼筋麻痺:MINT
  • 脳神経末梢:VINCE
  • 脳神経核:VINDICATE
  • vascular 脳底動脈血栓症/出血/塞栓症/動静脈奇形。片頭痛?
  • inflammatory 梅毒性脳炎、結核性脳炎、ウイルス性脳炎
  • neoplasms 脳幹神経膠腫、転移性脳腫瘍、ホジキンリンパ腫
  • deficiency ウェルニッケ脳症
  • intoxication ボツリヌス症、臭素・ヨウ素中毒
  • congenital 水頭症、アーノルド・キアリ奇形
  • autoimmune 多発性硬化症、感染後脳症、ループス脳症
  • traumatic 硬膜下血腫、頭蓋底骨折、橋血腫
  • endocrine 糖尿病による脳底動脈血栓症
  • 核上性
  • 松果体腫瘍、脳血栓/脳出血のconjugate plasy、局在性皮質てんかんのconjugate gaze、テント切痕への早期ヘルニアにおける瞳孔の拡張

検査




動眼神経」

  [★]

oculomotor nerve (KH), CN III
nervus oculomotorius
脳神経


概念

走行

"http://192.168.2.14/mediawiki/index.php/%E5%8B%95%E7%9C%BC%E7%A5%9E%E7%B5%8C" より作成


一般感覚性 臓性感覚性 特殊感覚性 体性運動性 臓性運動性 鰓弓運動性 神経細胞(中枢神経外) 神経細胞(中脳) 神経細胞(橋) 神経細胞(延髄) 神経細胞(脊髄) ○-< 節後ニューロン 頭蓋からの出口 分布と機能
                    上眼窩裂 支配筋:上直筋、下直筋、内側直筋、下斜筋
                  毛様体神経節 上眼窩裂 副交感神経:瞳孔収縮筋、毛様体筋

臨床関連

後交通動脈の動脈瘤が原因となりうる ← 大脳動脈輪の動脈瘤で二番目に多い



外方偏位」

  [★]

exodeviation
外斜視外斜位


恒常性外斜視」

  [★]

constant exotropia
外斜視


非麻痺性橋性外斜視」

  [★]

non-paralytic potine extropia
内側縦束症候群外斜視


間欠性外斜視」

  [★]

intermittent exotropia, XT
外斜視


麻痺性橋性外斜視」

  [★]

paralytic pontme exotropia

斜視」

  [★]

squint, heterotropia
strabismus
斜位上斜視共同性斜視非共同性斜視視能矯正

斜視






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡