声帯ヒダ

出典: meddic

vocal fold (Z)
plicavocalis
声門咽頭腔声帯 vocal cord
  • 咽頭腔にある2つのヒダ(前庭ヒダ声帯ヒダ)のうちの一つ。声帯靱帯を粘膜が覆ってできる。左右の声帯ヒダの間は声門裂と呼ばれ、声帯ヒダ声門裂を併せて声門という (KL. 616)
  • 肉眼的には白く見える。左右の声帯ヒダは前方では合しており、後方で披裂軟骨に付着しておりお互い離れている (KL. 617)
  • 重層扁平上皮で覆われる(他の部位は多列線毛上皮)。他の部位は喉頭腺を持つがこの部位は腺を欠く (KL. 616)



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ヒトの腕渡り動作における喉頭動態と筋活動様式
  • 岡 秀郎,岡田 守彦,木村 賛,葉山 杉夫
  • 霊長類研究 = Primate research 12(2), 207-220, 1996-09-01
  • … これらのことから,肩関節への負荷状態により,運動支援としての胸郭の固定が必要となり,胸腔内圧をあげるための喉頭括約作用が要求されるようになったものと考えられ,ヒトの動作と喉頭括約作用との関係について,肩関節への負荷量の状態に起因する運動支援としての前庭ヒダ・声帯ヒダの関与の存在を強く示唆するものであった。 …
  • NAID 10011013065
  • 鉄棒運動における喉頭動態と筋活動様式について : 後方支持回転系(1部 技能)
  • 岡 秀郎,梶谷 信之,後藤 清志,宮下 節,岡田 守彦
  • バイオメカニズム (13), 23-32, 1996-07-25
  • … 異は認められなかった.2)後方支持回転では喉頭は回転中,終始開放されており,肩関節の動きに関与する筋群に顕著な放電の出現は認められなかった.3)しかしながら,後方浮支持回転では,喉頭括約(前庭ヒダ・声帯ヒダ閉鎖)が観察され,同時に肩関節の伸展・屈曲動作に関与する筋群に顕著な放電が出現し,肩関節での負荷補償が認められた.4)回転に伴う鉄棒の歪量の最大値は,後方支持回転よりも後方浮支持回転で大きく,し …
  • NAID 110004695569

関連リンク

[編集] 解剖. 甲状軟骨:; 輪状軟骨:; 披裂軟骨(対):; 喉頭蓋:; 喉頭前庭:; 喉頭室:; 輪状甲状筋:; 仮声帯:; 甲状披裂筋:声帯(声帯ひだ):声門を構成する、左右一対、腱 状の構造物。発声時に呼気流を断続的に遮ることで振動、音声(喉頭原音)を生じる。
右の声帯ヒダと左の前庭(室)ヒダの先端(*:←→間) は重層扁平上皮でその他は多列 線毛上皮です。その上皮の移行部では杯細胞や重層扁平上皮などが見られます。左が 口腔側、右が気管側です。(HE染色). epi. 声帯ヒダと前庭ヒダの上皮(epi)下には ...

関連画像

声帯ヒダと室ヒダの横断面 喉頭の構造-(正面)figure1733色部が声帯ヒダで紺色部が声帯 喉頭断面図


★リンクテーブル★
先読み咽頭腔
リンク元内喉頭筋」「後輪状披裂筋」「輪状甲状筋」「声門」「声門裂
関連記事」「声帯」「ヒダ

咽頭腔」

  [★]

cavity of pharynx (Z)


内喉頭筋」

  [★]

instrinsic muscle
喉頭喉頭筋外喉頭筋
  • 咽頭内にある固有の筋肉
起始 停止 神経支配 主な作用 別名
輪状甲状筋 輪状軟骨の前外側面 甲状軟骨の下縁と下角 上喉頭神経の外枝 声帯ヒダを引っ張り緊張させる 声門緊張筋
後輪状披裂筋 輪状軟骨板の後面 披裂軟骨の筋突起 反回神経 声帯ヒダを外転 声門開大筋
外側輪状披裂筋 輪状軟骨披裂軟骨の筋突起 声帯ヒダを内転 声門閉鎖筋
甲状披裂筋 甲状軟骨の後面 披裂軟骨の筋突起 声帯ヒダを弛緩 声帯弛緩筋?
 声帯筋 甲状軟骨の後面 披裂軟骨の声帯突起
声帯靱帯
声帯ヒダを弛緩
声帯ヒダを内転
声帯弛緩筋?
声帯閉鎖筋
横披裂筋 披裂軟骨 対側の披裂軟骨 声門裂の靱帯間部を閉じる 声門閉鎖筋
斜披裂筋


後輪状披裂筋」

  [★]

posterior cricoarytenoid muscle
内喉頭筋喉頭筋


起始 停止 神経支配 主な作用 別名
後輪状披裂筋 輪状軟骨板の後面 披裂軟骨の筋突起 反回神経 声帯ヒダを外転 声門開大筋


輪状甲状筋」

  [★]

cricothyroid muscle (N)
前筋
musculus cricothyroideus
喉頭喉頭筋


  • N.74

起始

停止

神経

主な作用

  • 声帯ヒダを引っ張り緊張させる


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


声門」

  [★]

glottis (KH,Z)
声帯ヒダ

定義

  • 喉頭において、両側の声門ヒダとその間に挟まれた声帯裂の総称

機能


声門裂」

  [★]

rima glottidis (Z), true glottis (Z)
声帯ヒダ


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


帯」

  [★]

bandzone
cingulumzonazonae
ゾーン帯域帯状疱疹バンドバンド形成地帯

声帯」

  [★]

vocal cord
plica vocalis
声帯ヒダ喉頭



ヒダ」

  [★]

crease
縦溝




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡