坐骨結節

出典: meddic

ischial tuberosity, tuber of ischium
tuber ischiadicum
坐骨寛骨


  • 図:N.340 N.473(筋の付着)
  • 英語のイメージと日本語とが一致しない気がする

付着する筋

  • 起始(腹側から背側上方むかって)
  1. 大内転筋恥骨下枝にもつく
  2. 半腱様筋
  3. 大腿二頭筋長頭
  4. 半膜様筋
  5. 大腿方形筋
  6. 下双子筋 ←内側寄り。小坐骨切痕寄り



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 坐骨結節に生じた滑液包炎の治療経験
  • 渡邉 修司,中嶋 秀明,内田 研造,平井 貴之,杉田 大輔,馬場 久敏
  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌. 中部日本整形外科災害外科学会抄録 54(3), 465-466, 2011-05-01
  • NAID 10029072188
  • 正常妊婦と子宮頸管無力症妊婦の骨盤と骨盤底筋機能の変化の比較
  • 名取 初美,平田 良江,島田 啓子 [他],Hirata Shuji
  • 金沢大学つるま保健学会誌 35(1), 27-35, 2011-00-00
  • … 会陰腱中心の長さと骨盤の稜間径、棘間径、大転子間径の測定、さらには骨盤底筋機能の評価のために、座位での骨盤底筋収縮時の坐骨結節への圧の変化を測定した。 …
  • NAID 40018947601

関連リンク

③④最初はリラックスして壁にお尻(できれば坐骨結節)をつけて、両手を伸ばします。足首をフレックスにしたりポアントにしたりして、数回動かしてください。 身体が硬い方でも、両手を伸ばして、足首をフレックスに ...
屈筋群の臀部への付着部(坐骨結節部)が最も緊張します。座るとイスに当たる部位です。痛みは少し上の臀部に感じます。 2 陰部神経叢 坐骨結節部は陰部神経叢が ...
こんにちは!ランニング障害SOSサイト運営している市民ランナー整形外科医の松田です!今日は風が少し強いですが快晴でランニング日和です。各地で大会が開催されていますね(^^ みなさんはいかがお過ごしですか?今回は<骨盤 ...

関連画像

坐骨 結節 は どちら か  で受ける 仙骨結節を解放図 3 膝 痛 の 多く の 人 が 膝 P11105192お し りの 出っ張った 部分


★リンクテーブル★
先読み寛骨
リンク元下肢の筋」「station方式」「半腱様筋」「陰部神経管」「大内転筋
拡張検索坐骨結節骨端症
関連記事結節」「」「坐骨

寛骨」

  [★]

coxal bone, hip bone
無名骨 innominate bone
os coxae
[[]]



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


下肢の筋」

  [★]

下肢の筋

関節で分類

下肢の筋の起始停止

下肢の筋

肉単P 筋名   起始 停止 支配神経 機能
R-2 大腰筋   T12(椎体)、L1-L5(椎体横突起) 大腿骨(小転子) 腰神経叢 股関節屈曲(わずかに外旋)、脊柱屈曲
R-4 小腰筋   T12、L1(椎体椎間円板) 腸恥隆起 腰神経叢 脊柱屈曲の補助
R-3 腸骨筋   腸骨(腸骨窩) 大腿骨(小転子) 腰神経叢大腿神経 股関節屈曲(わずかに外旋)、脊柱屈曲
R-7 大殿筋   腸骨(後殿筋線)、仙骨尾骨(後面)、仙結節靭帯 大腿筋膜(腸脛靭帯)、大腿骨(殿筋粗面) 下殿神経 股関節伸展(特に屈曲位からの伸展)、外旋
R-8 中殿筋   腸骨(前殿筋線後殿筋線の間) 大腿骨(大転子外側面) 上殿神経 股関節外転内旋
R-9 小殿筋   腸骨(前・後殿筋線下殿筋線の間) 大腿骨(大転子) 上殿神経 股関節外転内旋
R-6 大腿筋膜張筋   腸骨(上前腸骨棘腸骨稜脛骨(外側)(腸脛靭帯を介して) 上殿神経 大腿筋膜の緊張、大腿屈曲外転内旋
R-10 梨状筋   仙骨(前面)、腸骨(大坐骨切痕) 大腿骨(大転子) 坐骨神経層(K) 股関節外旋
R-16 上双子筋   坐骨(坐骨棘小坐骨切痕) 大腿骨(大転子) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-17 下双子筋   坐骨(坐骨結節) 大腿骨(大転子) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-19 大腿方形筋   坐骨(坐骨結節) 大腿骨(転子間稜) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-15 内閉鎖筋   坐骨恥骨(閉鎖孔縁)、閉鎖膜(内面) 大腿骨(大転子転子窩) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-14 外閉鎖筋   恥骨(閉鎖孔下部)、閉鎖膜(外面) 大腿骨(転子窩) 閉鎖神経 股関節外旋内転(弱)
S-1 長内転筋   恥骨結合および恥骨(恥骨稜) 大腿骨(粗線内側唇) 閉鎖神経 股関節内転
S-2 短内転筋   恥骨(恥骨結合恥骨結合の間) 大腿骨(粗線内側唇) 閉鎖神経 股関節内転
S-3 大内転筋   坐骨(坐骨結節)、恥骨(恥骨下枝) 大腿骨(粗線内転筋結節) 閉鎖神経脛骨神経 股関節内転伸展
S-6 恥骨筋   恥骨(恥骨櫛) 大腿骨(恥骨筋線) 閉鎖神経大腿神経 股関節内転屈曲の補助
S-7 薄筋   恥骨(恥骨結合外側縁) 脛骨(上部の内側面) 閉鎖神経 股関節内転膝関節屈曲、下肢の内旋
S-9 大腿直筋   腸骨(下前腸骨棘寛骨臼の上縁) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展股関節屈曲
S-11 中間広筋   大腿骨(上部3/4) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展
S-12 外側広筋   大腿骨(大転子粗線外側唇) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展
S-13 内側広筋   大腿骨(粗線内側唇) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展
S-14 縫工筋   腸骨(上前腸骨棘) 脛骨(上部の内側面) 大腿神経 股関節屈曲外旋外転膝関節屈曲
T-2 大腿二頭筋 短頭 大腿骨(粗線外側唇) 脛骨(腓骨頭) 腓骨神経 股関節伸展外旋膝関節屈曲
T-2 大腿二頭筋 長頭 坐骨(坐骨結節) 脛骨(腓骨頭) 脛骨神経 股関節伸展外旋膝関節屈曲
T-3 半膜様筋   坐骨(坐骨結節) 脛骨(内側顆)、大腿骨(外側顆) 脛骨神経 股関節伸展内旋膝関節屈曲内旋
T-4 半腱様筋   坐骨(坐骨結節) 脛骨(上部の内側面) 脛骨神経 股関節伸展内旋膝関節屈曲内旋
U-2 腓腹筋 外側頭 外側顆 踵骨(踵骨突起) 脛骨神経 足関節底屈膝関節屈曲
U-2 腓腹筋 内側頭 内側顆 踵骨(踵骨突起) 脛骨神経 足関節底屈膝関節屈曲
U-3 ヒラメ筋   脛骨(ヒラメ筋線)、腓骨(頭、骨幹上部) 踵骨(踵骨突起) 脛骨神経 足関節底屈
U-5 足底筋   大腿骨(外側顆の上部) アキレス腱内側縁 脛骨神経 足関節底屈
U-6 膝窩筋   大腿骨(外側顆) 脛骨(上部の後面) 脛骨神経 膝関節屈曲下の下床を形成する
V-7 後脛骨筋   脛骨(後面)、腓骨(後面) 舟状骨、3個の楔状骨立方骨、第2-4中足骨 脛骨神経 足関節内反底屈
V-1 前脛骨筋   脛骨(外側面)、骨間膜 内側楔状骨、第1中足骨(基底部) 深腓骨神経 足関節の背屈内反足底のアーチ維持
V-2 長腓骨筋   腓骨(上部の外側面・腓骨頭)、脛骨(外側顆) 内側楔状骨、第1中足骨(基底部) 浅腓骨神経 足関節外反底屈
V-3 短腓骨筋   腓骨(下部の外側面) 第5中足骨(基底部) 浅腓骨神経 足関節外反底屈
V-4 第三腓骨筋   腓骨下部の前面) 第5中足骨(基底部) 深腓骨神経 足関節外反背屈


station方式」

  [★]

De Leeのstation方式
SP



  • De Leeによる児頭下降度の評価方法
  • 両坐骨棘を結ぶ線をstation0として児頭先進部の位置をcmで表現する。母体の頭側が-、尾側が+になる。
先進部の位置
SP, station
(cm)
解剖 児頭先進部 回旋部位 児頭の状態
-5 骨盤入口部          
-4      
-3      
-2     骨盤入口部 固定
-1    
0 坐骨棘 坐骨棘骨盤闊部 嵌入
1   骨盤峡部  
2   骨盤出口部
3  
4     骨盤峡部  
5 坐骨結節下面   排臨
固定・・・児頭最大周囲径が骨盤入口にはまり可動性を失う。 SP<0
嵌入・・・児頭最大周囲径が骨盤入口を通過した状態     SP>0


半腱様筋」

  [★]

semitendinosus muscle (KH), semitendinosus (K)
musculus semitendinosus
股関節の筋

-半腱様筋脛骨への付着は細く索状で固いので、体表から触れることができる (KL.180)

起始

停止

神経

機能

カテゴリ

大腿の屈筋>:大腿の屈筋



陰部神経管」

  [★]

pudendal canal (KL)
canalis pudendalis
アルコック管Alcock管 Alcock canal, Alcock's canal
  • 図:KH.248 N.382 KA.351(陰部神経管の出口) M.202

解剖

含まれる構造

臨床関連


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


大内転筋」

  [★]

adductor magnus (K), adductor magnus muscle
musculus adductor magnus
股関節の筋下肢筋群

起始

停止

神経

機能

カテゴリ

大腿の内転筋>:大腿の内転筋



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


坐骨結節骨端症」

  [★]

ischial tuberosity apophyseopathy
坐骨結節


結節」

  [★]

nodule, node
発疹


大辞泉

  • 結ばれて節になること、またそのもの

心臓

整形外科

発生学

泌尿器

皮膚・神経内科

循環器

感染症

未分類


節」

  [★]

ganglionganglianodeknot、(分類学)section、(文章)clausenodalganglionic
結節結節型結節状結節性神経節セクション、切片、結び目ノット薄切部門リンパ節割面ノード結節腫ガングリオン


坐骨」

  [★]

ischium, ischial bone
os ischii





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡