国際生活機能分類

出典: meddic

International Classification of Functioning, Disability and Health, ICF


目的と意義

  • 医学モデルと社会モデルを統合した生きることそのもののモデル
  • プラス面によるマイナス面の克服
  • 相互作用の重視
  • 専門家(医療人)と当事者、家族の共通言語
  • 専門家(医療・教育・福祉など)の共通言語
  • 生活行為向上訓練を中心としたリハビリテーションによる潜在的な生活能力の開発
機能回復訓練ではなく生活行為向上訓練

ICFモデル

  • 健康である状態を前提として、問題が生じた状態を見る。
  • 生活機能背景因子を評価。


  • 生活機能心身機能・身体構造(生物レベル)活動(個人レベル)参加(社会レベル)でとらえている。
  • 1. 心身機能・身体構造  →  機能障害 :精神・身体機能の障害(ex. 脳血管障害後遺症による下肢麻痺)
  • 2. 活動  →  活動制限        :活動における能力の制約(ex. 麻痺で歩くことができない)
  • 3. 参加  →  参加制約      :社会的な参加における制約(ex. 歩くことができないのでイベントに参加できない、片麻痺により歩行困難で休職中)


  • 背景因子(環境因子、個人因子)は個人の健康状態に影響を与えている。
  • 環境因子(人々が生活する上での物的・社会的環境)
  • 個人因子(性別、人種、年齢、体力、ライフスタイル、習慣など、個人の生活や生活の特別な背景)
  • 健康状態、生活機能、および背景因子に含まれる諸因子が相互に影響している

参考

  • 1. 「国際生活機能分類-国際障害分類改訂版-」(日本語版)の厚生労働省ホームページ掲載について
[display]http://www.mhlw.go.jp/houdou/2002/08/h0805-1.html
  • 2. 国際生活機能分類/国際障害分類
[display]http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/glossary/ICF.html
  • 3. 英文PDF ICIDH-2 International Classification of Functioning, Disability and Health FINAL DRAFT Full Version
[display]http://www.sustainable-design.ie/arch/ICIDH-2Final.pdf

国試


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/03/06 20:19:57」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 障がい児の痛みの種類と原因 (総特集 障がい児の痛みと不安のケア) -- (知っておきたい知識)
  • リハビリテーションのための修正ICF (国際生活機能分類) モデルの検討
  • 進藤 伸一
  • 秋田大学大学院医学系研究科保健学専攻紀要 22(1), 67-76, 2014-03-31
  • NAID 110009757435
  • 補論(アドバンス編) 「生きることの全体」を捉える「統合モデル」とは何か : ICFを誤用しないために (特集 「生活を支える」を具現化する 在宅だからICF(国際生活機能分類)!)
  • 川島 孝一郎
  • 訪問看護と介護 19(2), 140-145, 2014-02
  • NAID 40019956856
  • 座談会 なぜ「在宅だからICF」か? : ICF活用の実際と可能性 (特集 「生活を支える」を具現化する 在宅だからICF(国際生活機能分類)!)
  • 川島 孝一郎,大川 弥生,武田 保江 [他]
  • 訪問看護と介護 19(2), 130-139, 2014-02
  • NAID 40019956850

関連リンク

2002年8月5日 ... この本には国際生活機能分類:国際障害分類改定版(International Classification of Functioning, Disability and Health, ICF)を収めている1)。ICF分類の目的を一言で いうと,健康状況と健康関連状況を記述するための,統一的で標準的 ...
「ICF(国際生活機能分類)」. )」 )」ってなぁんだ? 「ICF」とは、International Classification of Functioning, Disability and Health(国際生活機. 能分類)の略で、 WHO(世界保健機関)で1980 年に制定された「ICIDH(International Classification ...

関連画像

図1 生活機能モデル(WHO fig2_konishi_29.PNG図2 国際生活機能分類 7.国際生活機能分類相関図】国際生活機能分類 図1 生活機能モデル(ICF 図 生活機能構造モデル国際生活機能分類、2001)の生活


★リンクテーブル★
国試過去問104G048」「106B062」「103B003」「108E020
リンク元バリアフリー」「機能障害」「個人因子」「ICF」「機能的再組織
関連記事機能」「機能分類」「生活」「分類

104G048」

  [★]

  • 53歳の男性。全社員。連日深夜まで働いていたが、1か月前に脳出血をきたし片麻痺を生じた。歩行が困難である。一時は気が滅入りがちであったが、妻の励ましもあり現在は意欲的にリハビリテーションに取り組んでいる。仕事は休職している。
  • この患者の状態と対応する国際生活機能分類 ICFの項目の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104G047]←[国試_104]→[104G049

106B062」

  [★]

  • 48歳の女性。 28歳で筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症し、 35歳で人工呼吸器を装着した。眼瞼・眼球運動機能が残存しているため開閉眼で意思疎通を行うことができ、コンピュータやインターネットを駆使して地域の患者会の会長をしている。
  • 国際生活機能分類(ICF)によるこの患者の評価で正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B061]←[国試_106]→[106C001

103B003」

  [★]

  • 国際生活機能分類 ICFで誤っているのはどれか。
  • a. 障害を健康状態の構成要素とする。
  • b. 障害を「実行状況」と「能力」とでとらえる。
  • c. 障害への環境因子の影響を考慮する。
  • d. 心身の構造の異常を「能力低下」と呼ぶ。
  • e. 人生および社会生活場面での制限を「参加制約」と呼ぶ。
[正答]


※国試ナビ4※ 103B002]←[国試_103]→[103B004

108E020」

  [★]

  • 国際生活機能分類 ( 2001年 )における生活機能はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108E019]←[国試_108]→[108E021

バリアフリー」

  [★]

barrier-free
無障壁国際生活機能分類

概念

  • 広義の対象者としては障害者を含む高齢者等の社会生活弱者、狭義の対象者としては障害者が社会生活に参加する上で生活の支障となる物理的な障害や精神的な障壁を取り除くための施策、若しくは具体的に障害を取り除いた状態

参考

  • 1. wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC


機能障害」

  [★]

dysfunctionimpairmentfunctional impairmentmalfunctionfunctional disorder
機能不全障害機能異常症機能異常機能不全症
国際生活機能分類


個人因子」

  [★]

国際生活機能分類背景因子
  • 性別、人種、年齢、体力、ライフスタイル、習慣など、個人の生活や生活の特別な背景

国試

ICF」

  [★]

機能的再組織」

  [★]

functional reorganization
国際生活機能分類


機能」

  [★]

関数官能基機能性機能的作動手術操作官能性機能上運用操縦




機能分類」

  [★]

functional classification
機能的分類

生活」

  [★]

life
生涯生命人生

分類」

  [★]

taxonomy, classification





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡