固有活性

出典: meddic

intrinsicactivity

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • インダカテロール(新規超長時間作用性β刺激薬)の薬理学的特性とそれに基づく臨床的有用性
  • 久米 裕昭,忌部 周,塚本 啓造 [他]
  • アレルギー・免疫 18(12), 1858-1868, 2011-12
  • NAID 40019077383
  • COPD治療におけるβ2刺激薬の特性 (特集 吸入療法によるCOPDにおけるADL向上戦略--SABAによるアシストユースの可能性)

関連リンク

β2刺激薬がin vitroで最大弛緩を引き起こす能力は固有活性と呼ばれる。固有活性が高いホルモテロールは、加齢などにより有効受容体数が減少した状況でも十分な気管支拡張作用を発揮できると考えられている。一方、固有活性が高い ...
親和性と固有活性 薬の作用は、受容体に達する薬の量、また薬と細胞表面上の受容体の間の引き合う強さ(親和性)に影響を受けます。薬が受容体に結合した後に作用を生みだす能力(固有活性)は多様です。薬の親和性と固有活性は ...

関連画像

 活性馬かどうかの確認が画像:β2刺激薬の固有活性(表 は言うまでもなく、夫々固有 活性氧,如果体内固有的活性 全国の地域のたからを一堂に 血統大辞典」を使用した


★リンクテーブル★
関連記事固有」「活性」「

固有」

  [★]

inherentintrinsicproperendemicinherently
妥当適切適当内因性内因的内在性本質的本来もっとも適した地方内在的


活性」

  [★]

activity
活性度活動性活量活動


性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡