固定性分裂

出典: meddic

fixed splitting
心音S2, II音

概念

  • 生理的には、呼気時に単一音、吸気時に分裂音を聴取するが、これが呼吸によらず分裂音のみを聴取する場合を表現して言う。
  • 心房中隔欠損症の診断的価値が高いらしい。(HIM.1385)

固定性分裂が起こるメカニズム

  • 生理的な状態では、吸気で胸腔内が陰圧となり、肺のキャパシタンスを上げて(血管抵抗を低下させて)P2がA2より遅れるようになる。ASDでは慢性的なvolume loadにより肺のキャパシタンスが上がりきった状態になっている。このために肺動脈弁を挟んだ圧較差は小さくなり、生理的な状態に比べP2はA2よりもさらに遅れる。(PHD.35)
心房中隔欠損の欠損孔からのシャント血流により、肺血管に容量負荷がかかりコンプライアンスが上昇。これによりP弁を挟んだ圧較差が低下する、ということか。
  • 肺のキャパシタンスは上がりきっているので、(1)呼気による静脈還流量の増加であっても肺動脈弁を挟んだ圧較差は生理的な状態に比べて大きくなりにくい、また(2)ASDの欠損孔を介して呼気により増加した静脈血は左房とバランスを取ることができる(呼気時にleft-right shuntが減少)ので、P2とA2は呼吸による影響を受けない。(PHD.35)
ぶっちゃけると、呼吸性変動がキャンセルされ、P2がA2より遅れたままで固定される → S1-A2-P2


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 著明な肺動脈拡張をきたした無症候性の部分肺静脈還流異常,心房中隔欠損及び軽度肺動脈弁狭窄の合併例
  • 大井伸治,田中秀一,太田久宣,高下圭一,赤石直之,菊池健次郎
  • 心臓 32(10), 789-794, 2000-10
  • … 雑誌掲載版65歳男.脳外科入院中に不整脈を指摘された.自覚症状はなく受診時には整脈であったが,第2肋間胸骨左縁にLevine II/VIの収縮期雑音とII音の固定性分裂を聴取し,胸部X線像上左第2弓の突出を認めた.心臓超音波検査では心房中隔欠損(ASD)と右心系の拡大を認め,胸部CT検査では左無名静脈から分岐した左異常肺静脈を認め,肺動脈幹は径50mm,左肺動脈は径36mmと拡張した.心臓カテーテル検査では主肺動脈圧は軽度高値の …
  • NAID 120003425869

関連リンク

ASDやVSDなどの心音について説明していきます。 ... 1.Ⅱ音の固定性分裂 コウメイ:Ⅱ音の固定性分裂はASDしかありません。 ということは試験にでやすいです。 2.Ⅰ音の分裂はない?
3 固定性分裂 吸気時と呼気時に聞こえる分裂の間隔が同じ。 ASDがあげられます。 理由はですな。ASDとは左心房から右心房、そして右心室へとシャントが起きる病気じゃ。 1で言ったように、吸気時には右心室で肺の静脈還流量の 分 ...
心雑音について質問です。VSDにおけるⅡ音の分裂は呼吸性に変動するのに対して、ASDでは固定性分裂となるのはなぜですか?どちらの病態も肺動脈弁を流れる血液量が多くなり、呼吸によってⅡ音に違いがでるようには思われ ...

関連画像

頸動脈の聴診 ⅱ 音 の 固 定性 分裂 ⅱ a ⅱ p


★リンクテーブル★
先読み心音」「S2
国試過去問097A021」「097B022」「103A006
リンク元II音
関連記事分裂」「固定」「定性

心音」

  [★]

heart sound
過剰心音心雑音心拍数

心音

過剰心音

拡張期過剰心音 extra diastolic heart sound PHD.36

open snap

  • 三尖弁や肺動脈弁が開く音。三尖弁領域や僧帽弁領域で聴取。高音。僧帽弁狭窄症、三尖弁狭窄症。呼吸で変動しにくい。
  • 僧帽弁狭窄症:左胸骨縁~心尖。A2~P2~OSの順に聞こえる。吸気ではS1,,,A2, P2, OS、呼気ではS1,,,S2,OSと聴取される。病状が進行するほどS2~OSは狭くなる(左心房の圧上昇を反映)。

III音

IV音

  • 左房が固くなった左室に対して強力に収縮するときの音 PHD.37

qudruple rhythm or summation gallop

pericardial knock

  • まれ
  • 高音
  • 収縮性心膜炎
  • 拡張期早期
  • S2の後(S3やOSと混同しやすい。OSより若干遅めで、音が大きい。ventricular gallopよりタイミングは早い)
  • 心室への血流充満が急激に止まる(abrupt cessation)ことにより生じる

収縮期過剰心音 extra systolic heart sound PHD.35

収縮期早期

  • ejection click:大動脈弁や肺動脈弁が開く音。大動脈弁領域・肺動脈弁領域で聴取。高音。大動脈弁狭窄症、肺動脈弁狭窄症、大動脈の拡張、肺動脈の拡張。
  • 大動脈弁狭窄症、肺動脈弁狭窄症:硬くなった弁が急に開くため?
  • 大動脈の拡張、肺動脈の拡張  :大動脈・肺動脈基部が急激に緊張するため?
  • aortic ejection click  :心基部、心尖部聴取。呼吸変動無し
  • pulmonic ejection click:心基部のみで聴取 。吸気で減弱

収縮期中期~末期

心音と過剰心音のまとめ QB.C-360

  音を発する構造 聴診部位 疾患
*I音 房室弁 心尖部 MS
*II音 肺動脈弁、大動脈弁 心基部 HT, PH
*III音 拡張早期に血液が心臓に充満する音   容量負荷(心不全)、生理的
*IV音 拡張後期に心房収縮により心室壁が振動する音   圧負荷(拡張不全)

呼吸性変動

  • 吸気時:心拍数
  • 呼気時:心拍数
  • I音-II音の間隔の変化は小さい。

II音の分裂

まとめ

  心拍数 II音分裂
吸気 A2-P2
呼気 S2

心音減弱

記載方法の例

  • I音(→) II音(→) III音(-) IV音(-)
I音亢進減弱無し(=normal intensity) II音normal splitting



S2」

  [★]


097A021」

  [★]

  • 53歳の男性。易疲労感、腹部膨満感および下肢の浮腫を主訴に来院した。頸静脈の怒張を認める。右肋骨弓下に肝を4cm触知し、肝の圧迫により頸静脈の怒張が顕著となる。胸部エックス線写真側面像と心臓カテーテル検査での右室圧曲線とを以下に示す。
  • この疾患で正しいのはどれか。
  • a. 病因としてウイルス性が多い。
  • b. II音固定性分裂を聴取する。
  • c. 前胸部で心膜ノック音を聴取する。
  • d. 心エコー検査で左室収縮不全を認める。
  • e. 右室拡張期圧は正常である。


[正答]
※国試ナビ4※ 097A020]←[国試_097]→[097A022

097B022」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 097B021]←[国試_097]→[097B023

103A006」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 103A005]←[国試_103]→[103A007

II音」

  [★]

second heart sounds, S2
心音

まとめ

II音亢進 IIA 高血圧 AR 動脈硬化
IIP 肺高血圧 PR MS
II音減弱 IIA 低血圧 AS  
IIP   PS  

II音増大

MSとASとでは、同じstenosisでも心音の大きさに関与の仕方が違うんですね。
拡張期における大動脈圧、肺動脈圧が高い → 弁に衝突する血液の流速が早い → 弁の閉鎖音が大きい
  • 動脈硬化の強いとき
  • 大動脈弁が閉じるとき、拡張期早期 back pressureが高い?
  • 拡張期に大動脈弁を挟んだback pressureが高いから?
  • 右室へのvolume load。PHで顕著

II音減弱

  • 駆出できる血液量がへるから?

分裂音

呼吸性分裂

PHD.33-35
  • 生理的状態では、
  横隔膜の相対的位置 II音
呼気 expiration single sound
吸気 inspiration _ | | splitting sound
  • (1)吸気時には、肺の血管抵抗性が低下 → 拡張期におけるP弁へのback pressureは呼気時と比べ比較的低下する →P弁の開放時間が延長
  • (2)吸気時には、肺静脈が拡張 → 左房・左室への血液還流量が減少 → 左室を充満する血液量減少 → 一回拍出量減少 → 駆出時間の短縮 → A弁の開放時間が短縮

widened splitting

  • right bundle branch block(RBBB), pulmonic stenosis(PS)
IIAが早まる:MR, VSD
IIPが遅れる:RBBB, PS, pulmonary hypertension

固定性分裂 fixed splitting

奇異性分裂 paradoxical splitting

単一II音 single S2


分裂」

  [★]

開裂境界線区画、混乱、細分化断片化破壊破損部分部門分割崩壊分ける乱す割るフラグメンテーション
divisiondisruptionfissionfragmentationdividesplitdisruptsplit


固定」

  [★]

fixationconsolidationclampfixfixed
鉗子強化クランプ硬化固定化固定法修復定型的圧密固視クレンメ



定性」

  [★]

qualitative
質的定性的性質上




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡