回旋異常

出典: meddic

anomaly of the rotation




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 多胎妊娠での分娩方法の選択 (周産期診療指針2010) -- (産科編 ハイリスク妊娠での分娩取り扱い)
  • P2-133 当センターにおける回旋異常症例の検討(Group49 妊娠分娩産褥4,一般演題,第61回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 納田 容子,田野島 美城,三原 卓志,小川 幸,斉藤 圭介,奥田 美加,石川 浩史,高橋 恒男,平原 史樹
  • 日本産科婦人科學會雜誌 61(2), 570, 2009-02-01
  • NAID 110007168362

関連リンク

回旋異常とはどんな病気か. 分娩の経過とともに、胎児は産道をとおりやすいように少し ずつ体の向きを変えながら、骨盤内に進入していきます。これを回旋と呼び、内診 によって評価されます。反屈位(はんくつい)、低在横低位(ていざいおうていい)、前方 前頭位( ...
「回旋異常」について調べるならプレママタウンへ!専門家のアドバイスやママの体験談 も掲載中!

関連画像

必見!回旋異常のメカニズムと 頸椎(首)は、脊柱の上から7 回旋異常妊婦さん必見!回旋異常の予防 首の回旋異常のチェック


★リンクテーブル★
国試過去問095B003」「105B029
リンク元低在横定位
関連記事異常」「回旋

095B003」

  [★]

  • 微弱陣痛について正しいのはどれか。
  • (1) 陣痛の頻度、持続、強さのうち強さの減弱をいう。
  • (2) 子宮の過伸展は続発性微弱陣痛の原因となる。
  • (3) 回旋異常があれば児の状態にかかわらず帝王切開術を行う。
  • (4) 子宮口開大3cmで胎児に異常がなければ経過観察する。
  • (5) 分娩手段を決定するためには陣痛促進が必要である。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 095B002]←[国試_095]→[095B004

105B029」

  [★]

  • 胎位回旋異常の組合せで正しいのはどれか。 2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 105B028]←[国試_105]→[105B030

低在横定位」

  [★]

low transverse arrest, deep transverse position
回旋異常遷延分娩異常分娩


概念

  • 児頭が骨盤を下降するが、第2回旋がおこらず骨盤底に達し、矢状縫合が骨盤横径に一致するもの(NGY.450)

原因

NGY.451
  • 産道の問題:広骨盤、児頭過少
  • 回旋の障害:骨盤底の強靭、微弱陣痛、臍帯巻絡

治療

  • 微弱陣痛を伴う場合は陣痛促進をはかる。
  • 陣痛が整調になっても分娩の進行が見られない場合やnon-reassuring fetal statusが生じた場合には、急遂分娩(吸引分娩鉗子分娩)。(NGY.451)

国試



異常」

  [★]

  • n.


回旋」

  [★]

rotation (K)
軸旋捻転回転回旋





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡