嚥下圧

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 筋電図と嚥下圧からみた摂食・嚥下の運動学 (2009年/第4回リハビリテーション科専門医会学術集会 学術集会/諏訪 シンポジウム--摂食・嚥下の運動学)
  • 青柳 陽一郎
  • リハビリテーション医学 47(10), 703-707, 2010-10
  • NAID 40017340876

関連リンク

ホーム>診療科紹介>神経内科>診療>嚥下圧検査とは <嚥下圧検査とは> 嚥下 圧検査とは,飲み込みにともなう各器官(軟口蓋,咽頭,食道入口部,食道など)の収縮 を評価するものです. <方法> 鼻から測定用プローベを入れ,レントゲンで位置を確認 ...
そうして嚥下反射がおこり主に4つの動作がごく短期間(約0.5秒)の間に少しずつの 時間差をもって開始します。1つは軟口蓋が咽頭後壁に接して鼻への逆流を防ぐとともに 、食道へ送るための嚥下圧をかけます。2つ目に喉頭が前上方に挙上して喉頭蓋が後方 に ...

関連画像

 嚥下造影検査 や嚥下 圧検査 嚥下圧測定による嚥下機能評価咽頭収縮の直前に軟口蓋が収縮  嚥下体操など間接訓練を行って


★リンクテーブル★
関連記事嚥下」「

嚥下」

  [★]

swallowing, deglution (SP)
deglutitio
飲み込み
嚥下反射


  • 嚥下の第1相は随意的
  • 嚥下の第2,3相は多シナプス反射により起こる。
  • 多シナプス反射
  • 嚥下の中枢は延髄

嚥下の相 (also see SP.719)

  • 1. 口腔相(第1期) 随意的
  • 2. 咽頭相(第2期) 反射
  • 食塊→咽頭壁、軟口蓋刺激→延髄嚥下中枢による反射
  • 咽頭相中、呼吸停止(嚥下性無呼吸)
開口部  閉鎖する構造 
鼻腔   舌      
口腔   軟口蓋    
気道   喉頭蓋    
咽頭   -
  • 3. 食道相(第3期) 反射

食道括約筋 (also see SP.720)

  • 下部食道2/3を占める平滑筋
  • LESは収縮し、胃からの逆流を防ぐ
  • 迷走神経支配(背側運動核、アセチルコリン作動性)
Auerbach神経叢の節後ニューロン(アセチルコリン作動性(興奮性)、NO,VIP作動性(抑制性))

臨床関連

  • 腹圧↑→胃が胸腔内に嵌入→
  • 食道下部のAuerbach神経叢細胞の消失および変性→食道下部の蠕動(-)、LESの反射性弛緩(-)→口側食道の拡張→嚥下障害、無胆汁性嘔吐、逆流性食道炎


圧」

  [★]

pressure
圧力




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡